ポルシェがわが家にやってきた

ポルシェパナメーラファンです。現在夫が購入したパナメーラターボに乗っていますが、将来自分のお金でパナメーラを購入することを目指し日々記事をつづっています。

パナメーラターボ納車から2ヶ月経ち、今、思うこと。

昨日、夫がアメリカ出張から帰ってくるということで、

幼稚園のお迎えの後、

パナメーラターボさんで関空に迎えに行った。

 

帰りは夫が運転したが、

関空の駐車場を出るなりこういった。

 

「やっぱポルシェはすごいわ。

接地感が違う。

いやほんますごいわ。」

 

このセリフを、

まるで壊れたレコードかのように、

何回も連発していた。

 

アメリカではGLSをレンタカーで借りて移動していたそうで、

GLSももちろん良い車なんだが、

接地感や、走りの楽しさや、

助手席や後部座席での感覚など含め、

ポルシェが上回っているそう。

(GLSはSUVなので、本来はカイエンやマカンと比べるのが正しいかもだけど)

 

そんなこんなで、

10月12日のパナメーラ納車から、

もうすぐ2ヶ月が経つ。

 

まだ2ヶ月かぁー。

もう我が家の一員になって半年以上経つ気がする。

 

2ヶ月で今思うことは、大きく2点だ。

 

1点目は、

「毎日乗っても、毎日感動する」

ということ。

 

いや、正確には毎日乗ってないんだが…

 

でも、何度乗っても、

毎回感動する。

 

この乗り味。

この滑らかさ。

このエンジン音。

この加速。

 

そんなのすべてもう体験済みで知ってるはずなのに、

乗るたびに感動するし、

飽きない。

 

乗れば乗るほど、もっと乗りたくなる。

 

普通、高級なお肉って、

食べるのはちょっとでいいと思う。

 

毎日食べると胸焼けするが、

(ってそんな高級肉食べたこと無いからわからんけど)

パナメーラターボは一切胸焼けしない。

 

本当にすごい。

 

2点目は、

「パナメーラターボが威力を発揮する機会が全く無い」

ということ。

 

日常生活では、皆無だ。

まさかここまでとは。

 

パナメーラターボは、高速道路でアクセルを5ミリほど軽くふんだだけで、

160キロくらい余裕で出てしまう。

(160キロなんて書いてもたらあかんかな、まぁいいか)

 

だから高速道路で、

左から追い抜こうとちょっとふんだだけで、

簡単にぶち抜けてしまう。

 

ここまでパワーを使わずに、

すごい走りが出来る車だったとは…

(いい意味での誤算)

 

また、普段よく使う阪神高速は、

覆面やオービスが多いので(今日も1台捕まっていた)

100キロ以上は絶対出せない。

 

まぁ普通の高速道路でもそんな出したらあかんけどな。

 

また、ワインディングロードは楽しいけれど、

残念ながら私はドライビングテクニックがないので、

適度に直線が無いとパナメーラターボを解き放つことはできず…

 

芦有ドライブウェイでも、

結局時速50キロでとろとろ山道曲がることしか出来ない(爆)

 

伊吹山とか、

伊勢あたりも良かったけど、なにせ遠いしな。

 

あと、サーキットを走る機会もそうない。

 

実際鈴鹿サーキットを走るイベントはあるし、

ポルシェドライビングスクールに行くと、

富士スピードウェイを走れたりするけど、

それも年に1回行けるかどうかという話。

 

 

そう考えると、先日の箱根ターンパイクや、

富士山の周りの道は、

長い直線と、適度なカーブの組み合わせで、

すごい気持ちよかったな。

 

というわけで、

日常生活で、

パナメーラターボの力を発揮する場面が無いのは、

買う前から分かっていたはずだが、

まさかここまでパワーがある車だとは思っていなかった。

 

これでは買った意味が無いから、

やっぱりもっと道を調べて、

走りに行かないとだめだなー。

 

関東や九州はいい道多そうだけどなー。

 

関西でどなたか良い道をご存じの方、

教えてください。

 

f:id:panamera-life:20171206171113j:plain