ブログ始めました!−No Panamera,No Life.(ノーパナメーラ、ノーライフ)

パナメーラ

きっかけは夫の何気ない一言だった。

昨日は、梅田でランチ兼仕事の打ち合わせだったので、0歳の次女を乗せてパナメーラで向かうことに。パナメーラは幅が1900mmを超えるため、停められる駐車場がおのずと限られてしまう。立駐はまず無理。昨日は、比較的リーズナブルで空いている、阪急梅田駅駐車場に停めることにした。

打ち合わせを終えて帰路につき、しばらく車を走らせた時、思わずため息がもれた。

「あぁ、パナメーラ、なんと素晴らしい車なのでしょう…。」

毎日乗っても、日々是感動。

駐車場での堂々とした佇まいといい、王者の貫禄といい、高速の合流の加速といい、そのエンジンの音色といい、ハンドルの人馬一体感といい、アクセル踏んだ分だけ忠実に加速する感じといい、地面の接地感といい、安定感といい、どっしりした巨体感といい、それでいて重さをストレスと感じさせない走りといい、乗るだけでまるで人間の格が上がったように錯覚するくらいの雰囲気といい…

すごい、素晴らし過ぎる。

小回り効かんだろうが、普通の駐車場停めれんだろうが、燃費悪かろうが、細い道通れんだろうが、そんなことをはるかに凌駕する素晴らしい車だ。この溢れ出る思いを誰かに伝えたくて、クルマ好きの夫に思わずメールしてしまった。(仕事中にも関わらず)

すると即こんな返信が。

「せやな、確かに分かるわ。そういう車やもんなー。しかし、もう、なんかブログでも書いたら??w」

ま、まぁな…。

そうだ、ブログ、やろう。

以前、newパナメーラの内覧会に夫婦で招待された時、ゲストの自動車ジャーナリスト岡崎五朗さんが、パナメーラの素晴らしさについてお話されていた。その場の参加者は「ふ〜ん」という程度で聞いていたが、私は1人「うん、うん、その通りだ!その通りだ!!」と、あまりに激しく頷いているものだから、夫が「頷き過ぎてキモい。いっそのこと岡崎五朗の弟子になったら?」と言ってきた。

なんかそんなこんなで、事あるごとに、「もうそんなにパナメーラが好きなら、ポルシェジャパンに頼んで、タダでいいからパナメーラエバンジェリストさせてください!とか言ってみたら?」とか、「そんなにパナメーラが好きなら、ドイツのパナメーラ製造工場に見学に行ってきたら?」とか言ってくるので、この度ブログをスタートしてみることにした。

ただ、このブログは単に私のパナメーラ愛を書くだけなので、かなり独りよがりな内容になるだろう…

ちょくちょく、更新していきたいなと思っとります。

このブログに共感したら
いいね ! してね

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »