パナメーラとBMW7シリーズの違いは2秒で分かる

パナメーラと◯◯車を比較
BMW7シリーズを買う寸前まで行っていた。

パナメーラが我が家にやってきたのは、2016年の2月末のことだった。車買い替えを検討していた2016年の年明けの時点で、「ポルシェパナメーラ」or「新型のBMW7シリーズ」の二択で悩んでいて、ほぼ7シリーズに決まりそうだったのに、最後に大どんでん返しがあった。

 当時、私の中では断然「新型のBMW7シリーズ」推しだった。

・だって7シリーズは5人乗れるし。
・600メートル先まで照らすレーザーライトなるものがついてるし(通常では使う事なさそうだが)。
・ヘッドライトも繋がってなんかカッコよくなったし。
・ディーラーの人も子どもにお菓子とかジュース山ほどくれたし。 

そして何より、「パナメーラは自分のお金で買う」と決めていたから。

ポルシェパナメーラに魅了されたきっかけ。

私が初めてパナメーラを試乗したのは、2015年の7月のこと。夫に連れられてディーラーに行き、しぶしぶパナメーラeハイブリッドを試乗した私だったが(当時は横幅1900mmを超える車なんてデカすぎて嫌いだった)、一瞬で度肝を抜かれてしまった。

なんじゃこの人馬一体感は〜!!!!

アクセルは踏んだ分だけ加速し、ハンドルは適度に重く、心地よく手にフィットし、自分がイメージした通りに車が進む。
これはもはや車じゃない!これは馬だ!千里をかける赤兎馬だ!…とわけがわからんくらいパナメーラに恋に落ち、

それ以来、「パナメーラを買う」ことが私の目標になり、仕事を頑張るモチベーションになった。だから常々夫には「パナメーラは自分で買うから、頼むから買わないでくれ」と懇願していたので、その度に夫は「は、はぁ、好きにしたらええけど…」と変な顔をしていた。

…という経緯があったので、2016年年明け、「まだ自分でパナメーラは買えないから、家族カーは7シリーズだな」と私のココロは完全に決まっていたところで、夫がふと言った。「念のため、パナメーラも見に行っとこうや。担当のHさんが、買い替えの時は試乗だけでも来てってゆーてたで。それで納得してから7シリーズにしたらええやん。」

 

BMW7シリーズを買う寸前まで行っていた。

それもそうだ。「わかった、しゃーなしやで」としぶしぶ翌週末にポルシェディーラーへ。着くなりHさんが笑顔で待ち構えていて、「色々説明するより、乗ったほうが早いですよね。今から1時間くらい、おふたりで自由に試乗してきてください」とカギを渡された。

「え?いいの?2人で?」と思いながら、夫がエンジンをかけ(めっちゃいい音した)、アクセルを踏んだ瞬間、こう言った。

ぜ、全然ちがう…

あの夫の愕然とした横顔、今でも忘れない。そして私も、同じことを感じていた。「全然、違う。7シリーズなんて、比じゃない…」その間、わずか2秒。

Hさんは「ではお気をつけてー」と笑顔で送り出してくれるところだったが、いっそのこと窓をあけて身を乗り出して「やっぱりパナメーラに決めましたぁぁー!」と叫んでも良いくらいだった。でもさすがにそれは大人げないので、1時間じっくり山道やらかけぬけて、大感激してディーラーに戻った。その後は、7シリーズに一瞬でも浮気した自分を大反省し(Hさんには、すんません!もうこんな私のこと殴ってください!とか言ってしまった)

夫に「頼むからパナメーラを買って下さい!」と懇願し、ようやく我が家にパナメーラがやってきたというわけ。本当にお世辞でもなんでもなく、パナメーラと7シリーズの違いは2秒でわかる。

一度、お試しあれ。

このブログに共感したら
いいね ! してね

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »