追い越し車線を走る時のマナー、どう思う?

ドライビングテクニック・マナー
高速道路でいつも感じること。

私は、なんだかんだほぼ毎日パナメーラに乗って移動しているが、その中でも週1〜2回は高速道路を使うことがある。今日は、「高速道路の追い越し車線を走る車のマナー」について、考えてみた。

日本では主に高速道路や自動車専用道路の車道で

片側に複数車線がある場合の最右端の車線のことである。

走行車線を走っている前車を追い越すための車線である。

追越車線 – Wikipedia

私は、たいてい追い越し車線を走る。(阪神高速は覆面もオービスも多いので、真ん中車線を走ることが多い。あと、めっちゃすいてる時は左車線を走る。)特にすごく急いでいるわけではなくても、ちんたら走るのは好きじゃない。かといって前の車をあおるのは嫌なので、前に車が見えると、速度をゆるめて、ある程度車間距離をあけて走るようにしている。

ただし、後ろからすごい勢いで車が迫ってきた時は、バックミラーで見えた時点で左に車線変更して道を譲っている。パナメーラは、一般的な車よりパワーも加速力もあるし、たとえ後ろから迫ってこられたとしても、よほどのスーパーカーじゃない限りは勝てるのだが、はやい車に追いかけられるのはちょっと嫌なので、極力争いを避けたいし、潔く道を譲る方がいい。(勝ち負けの問題ではないが…)

が、たまに、かなりイライラすることがある。それは、追い越し車線をとろとろ走り続けている車。(この前は80キロでずっと走っていた)追い越し車線って、前の車を追い越すために使う車線なはず。なのに、全然追い越しもせず、なんなら並走しているっていう…。

追い越す気がないなら、追い越し車線は走るなよー

と思っていたら、後ろに車がつらなり始めた。ずーっと追い越し車線を走り続ける。

いやいや、空気読めよ

っていう…。

あと1キロ先にオービスがあるなら分かる。きつい坂やカーブが続くなら分かる。でも、何もない直線で、なんでその速度で走っていられるんだろう。バックミラー見てないのかな。それとも、気づいているけれど、それでも嫌がらせで走り続けているんだろうか。

「もうほんとなんなん!」

と思っていたのだが、驚愕の事実に気づいてしまった。

当然ながら追い越し車線であっても法定速度を超えてはならず、

追越車線 – Wikipedia

え!そうなの!?…いや、そうなんだが。とはいえ、追い越し車線というくらいだから、追い越す気がないなら走らんで欲しいと思う今日のこのごろである。

このブログに共感したら
いいね ! してね

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »