安全運転するなら、3歳児を助手席に乗せよう。

No car, No life
姑のような3歳児が横にいると。

3歳の娘をパナメーラの助手席に乗せていると、色々と横から怒られる。英語が好きな娘は、「グリーンはGOだね、オゥレンジとゥレーッドはSTOPだね!」と信号の度に横で言う。(なんで娘は関西出身関西育ちなのに標準語なんだろう。)

たまに、黄色信号で突っ切ると、「オゥレンジはSTOPだよ!Σヽ(`д´;)ノ」と怒られる。…ごめんなさい。

また、両手でハンドルを握らないと、怒ってくる。信号待ちの時にハンドルから手を話すと「お母さん、ハンドルはこう握るんだよ!こう!危ないよ!」と両手でハンドルを握るジェスチャーつきで言ってくる。

…ごめんなさい。

たまに、助手席の娘のシートベルトをつけるのを忘れて発進しようものなら「お母さん、シーッベルトしてないよ!おまわりさんにコラッ言われるよ!Σヽ(`д´;)ノ 」とわーきゃー言ってくる。

…はい、ごめんなさい。

安全運転にはなるけど。

その他にも、

・飲み物はここのカップホルダーにいれろだの、
(私が飲んでいるものも、わざわざ助手席の前のカップホルダーにいれろという)
・西日が眩しかったらカバーをおろせだの、
・後ろで次女が泣いていたら車を停めて様子を見てこいだの、

色々言ってくる。口うるさい上司かよっていう…(笑)娘は本当にきっちりしている。きっちりしないと気がすまない性格なので、おおざっぱな母親を見るときっとイライラするんだろう。

でもこんな3歳児が横にいると、嫌でも安全運転しないといけないので、まあそれもまた良しだと思う今日このごろである。

 

このブログに共感したら
いいね ! してね

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »