新型パナメーラターボで箱根ターンパイクへ−ハンドリングやブレーキがすごい!

ツーリング記
ポルシェ参戦が最後となるWEC。

今日から、WECを見に、富士スピードウェイに来ている。正確にいうと、今日は予選なので、明日の決勝レースを見るために前のりした。WECは、FIA世界耐久選手権の略称で、耐久レースの世界選手権の1つだ。このレースに、ポルシェが参戦するのが今回が最後だということで、これは見に行かねばと、前々から予定していた。

というわけで今日は、朝5時に起きて、バタバタと準備をして、先日納車されたパナメーラターボに乗り込み、娘たちを実家に預け、私たち夫婦はそのまま一路東へ。

まずは、箱根ターンパイクへ向かった。

あいにくの雨。

f:id:panamera-life:20171014162403j:plain

箱根ターンパイクは、カーグラフィックTVの収録が行われている道として有名。一度は走って見たいと思っていたが、気になったのは天気だ。現地についてしばらくは、なんとか天気も持ちこたえてくれていたが、、

f:id:panamera-life:20171014161528j:plain

だんだんあやしくなり、、

f:id:panamera-life:20171014161622j:plain

ほどなくして霧が立ち込めて来た。頂上につく頃には、この有様。

f:id:panamera-life:20171014161743j:plain

わー富士山どころか何もみえん。。

f:id:panamera-life:20171014162235j:plain

いつもは、土曜日ともなれば、走り好きな人たちや車でいっぱいな駐車場も、ご覧の通りガラガラだった。

f:id:panamera-life:20171014162549j:plain

夫に、

『なんでよりによって大雨で濃霧なん!なんかみなちゃんがいると、毎回変なことが起こる』

と言われた。確かに。自動販売機でお金を入れてボタンを押してもジュースが出てこなかったり、みんなは問題なくインストールできるソフトも、私がやるとエラーでできないとかよくある。まぁ変なことが起こるのは否定できないんだが。

ここから運転を交代していざ!

と、気を取り直して、ここで運転を夫から私にかわり、霧の中いざ出発!

f:id:panamera-life:20171014171303j:plain

f:id:panamera-life:20171014165122j:plain

はじめて山道をパナメーラターボで運転して、1番に感じたことは、ハンドリングの正確さ。以前のパナメーラエディションも、『1ミリのズレもない』と感じたが、今回のパナメーラターボは、『0.1ミリのズレもない』という感じ。ハンドルを切った分、自分が思い描いたように、きりこむように曲がる。まるで、車と一体になった感じ。

これこそ、人馬一体感だ。

また、山道の連続カーブをぐいぐい曲がっても、遠心力で外側に体を持っていかれることがない。スキーをしているかのように、すいすいと曲がってくれるのだ。(ってスキー滑れへんけど)また長さ5メートル、重さ2トンを超える巨体感など微塵も感じない。まるで、小回りのきくスポーツカーを運転しているようだった。

夫も『ボクスターを運転しているかのようだ』と感激していた。ただこんなにこまわりがきくのは、『リアアクスルステアリングのオプションをつけたから』というのもある。普通だと、ハンドルをきっても前のタイヤしか曲がらないが、後ろのタイヤも曲がることで、よりスムーズに小回りがきくようになっていると思う。だから、こんなに大きな車なのに、駐車もしやすい。

パナメーラターボ、本当にすごい車だ。

すごいのはハンドリングだけではない。

またハンドリングに加えて、ブレーキも素晴らしい。ブレーキペダルを踏むと、なんのあそびもなく、ぐっと地面をとらえて確実に減速してくれる。そこには、怖さや、急ブレーキ感はまるでない。そういや、モータージャーナリストの岡崎五郎さんも『ブレーキが気持ちいい』と言っていた。

そんな話をしていると夫が、

『ポルシェのブレーキはすごいから、もし万が一対向車とぶつかりそうになったりした時は、ハンドルで避けようとせずに、ブレーキを思いっきり踏み込むんや。その後落ち着いてハンドルでよけたらいい。 焦ってハンドルでよけると、大事故になったりするからな』

と言っていた、その時だった。

なんと、3匹の鹿が、急に道路に飛び出て来たのだ!!!!!

f:id:panamera-life:20171014165510j:plain

(写真はイメージです)

わぁー!(;ω;)!!

とっさにブレーキを奥まで踏み込むと、パナメーラはその場でぐっと止まってくれた。そして鹿は、何事もなかったかのように、私たちの前を横切っていった。

いやいや、鹿がでてくるとか、聞いてへんし。

標識はあったけど。まさかのまさかやで。思わず心臓が止まりそうになって、変な汗が一気に出た。ああ、それにしても、新車で鹿をはねるなんてことがなくて、本当によかった。夫は、

『そうそう、今みたいな感じ!でもまだ躊躇してたからもっと思いっきり踏み込んだらええ!それにしても何回もここ来てるけど、鹿がでて来たことなんて一回もないで(-_-)

と言った。返す言葉もない。なんだかこれで一気に体力消耗し、ゲームオーバー。途中で夫と運転を交代した。明日はくれぐれも、変なことが起きませんように。

このブログに共感したら
いいね ! してね

よく読まれている記事

  1. boyasuke

    納車翌日にさっそく箱根遠征とは素晴らしい
    こちらは未だに生産枠決まらず少しずつオプションが増えていってます
    慣らし運転はされないんですか?
    賛否あるようなのでご主人の考えも教えていただけたら参考になります
    あとコネクトシステム?についても使い方なれたら記事載せていただけたら参考になります

  2. panamera-life

    boyasukeさん
    有難うございます!
    東日本は気持ちいい道がたくさんあっていいですね。
    慣らし運転については、今1時間ほど夫にレクチャー受けましたので笑、改めてブログに書きます。
    またコネクトシステムについては、私もしっかり慣れて勉強したら是非記事で書かせていただきます!
    生産枠早く決まるといいですね!

Translate »