パナメーラのボンネットに猫の足跡が…早速猫撃退グッズ設置してみる!

パナメーラの維持、手入れ
ある日、ボンネットに。

昨日の台風はすごかった。特に風がものすごかった。自分が住む地域にも、避難勧告が出たなんて、近年なかったことなのでとても驚いた。関東より北は、明日まで大変だと思うので、被害が出来るだけ少なく、台風が過ぎてくれればいいなと思う。

さて、先日。朝出社した夫からメールが届いた。

「パナメーラターボのボンネットに、猫の足跡がついとる!パナメーラ用のはたきで優しくふきとっといて!」

「えーそんなことあるの!?」と思い、見にいくと、本当についていたのだ、猫の足跡が。しかも、10個以上。(写真とるのわすれた)はたきでとってみたが、はたきが砂やホコリで汚れていたので、ボンネットに逆に汚れをつけてしまい、肝心の猫の足跡はとれないという結果になってしまった。

さらにひどい事態に…。

どうしよう…と思い、布でキュッキュとふいてみると取れたのだが、ボンネットにうすーい傷がザザザ…とついてしまう結果に。ガーン…(ー_ー)

あとで夫から「車の汚れは、絶対乾いた布でふいたらあかん。まずは、水気を含ませた布で汚れを浮かしてからや。」と諭された。すみません…。本当にすみません…。

幸い、コーティングが傷づいただけで、夫がその日中にふいてくれたところ、傷は消えて綺麗になった。よかった…。

話を猫の足跡に戻して、前のパナメーラのときは猫の足跡がつくなんてことは無かったのだが、それは車体が白かったからだそう。(キャララホワイトだった)今回のパナメーラターボは紺色なので、太陽の光をうけてボンネットがあたたかくなると、そこに猫が日向ぼっこをしにくる…ということらしい 。

「下手したら、猫がそこで爪とぎするからな!ほんまそんなことしやがったらただじゃおかん!マシンガンで狙撃や!」

と、普段は滅多に感情をあらわさない夫が、結構な怒りをあらわにし興奮していたが、

そらそうだ。新車で購入して、たった10日ほどで、猫にボンネットで爪とぎされて、ガリガリに傷がいったことになってなったら、たまったもんじゃない。

猫撃退グッズを購入。

ということで、早速夫がネットで調べて、ネコ撃退グッズを購入した。それがこれ。

f:id:panamera-life:20171023193745j:plain

ユタカメイク GDX-M ガーデンバリア (ミニ)。

10000円ほどするものが、Amazonでは5000円ほどになっていた。しかも、レビューが2000件近く書いてある。だが、これが家に届いたときから、雨が続いてしまい、台風がきたので、なかなか設置できず、ようやく近いうちに設置できそうだ。これで、ネコがどのくらい寄り付かなくなるか、ちょっとまた検証して記事に書いてみようと思う。

このブログに共感したら
いいね ! してね

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »