愛車の写真は自分で撮るな。

ポルシェ 新型パナメーラターボ 
ポルシェのある生活
晴れた日の日曜日の芦有展望台にて。

先週末、芦有ドライブウェイの展望台に行ったときのこと。一眼レフを持った大学生たちが、展望台に来ている車の写真をパシャパシャ撮っている光景を見かけた。先週末は天気がすごく良かったからか、マセラティ、ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェなど、スポーツカーやスーパーカーがたくさん来ていて、彼女たちは「今日はアタリだ!」と興奮気味に撮影していた。

「へぇ〜車が好きなんだな〜」と思ってみていたのだが、どうやら私達夫婦がお世話になっているHさんと知り合いだということがわかり、子ども達を展望台で遊ばせているときに少しだけ会話を交わした。

するとその後twitterで、

「エゴサしたら、出てきました!!!さっき芦有にいたものです(✿╹◡╹)」

と、彼女たちの中の一人からメッセージが!「あ、あの大学生だぁー!」と思っていると続けて、

パナメーラかっこよかったしお子様めちゃくちゃ可愛かったです( ◠‿◠ )!!!お写真撮らせていただきました!!!!よろしくお願いします

とのこと。「おぉ!パナメーラの写真も撮ってくれていたんだ!そりゃぜひ欲しい!」と思いメッセージすると、その後写真をたくさん送ってくださった。

実を言うとあんまり期待してなかったんだが…(ごめん)送られてきた写真を見てびっくり!

めちゃくちゃよく撮れてる!!( ゚д゚ )!!

送られてきたパナメーラの写真の数々。

写真の加工もオシャレだし「私だったらまずこんな角度で撮らないだろうな」という斬新な構図がすごく綺麗。夫のボクスターの写真も送って下さったので夫にも見せたところ、「なかなかうまく撮れてるやん!ボクスターの良さをうまく引き出してる!僕にも頂戴!」と喜んでいた。

愛車は他人に撮ってもらうに限る。

愛車の写真を自分で撮っても、いまいちかっこよく撮れないことはよくある。っていうか私はうまく撮れないことばかりだ(爆)。もちろん私の構図のセンスや写真のスキルの部分はかなり大きいのだが…毎日愛車を見ていると、だんだん見慣れてしまって、本当の良さがわからなくなっている部分もある。だからこそ、客観的な視点で見てもらったほうが、その車の魅力を存分に引き出した写真が撮れるように思う。

愛車の写真を撮りたいなら、芦有(関西の人なら)にいって、あいたん改@ConeManLP826 さんに写真を撮ってもらうのがオススメ(笑)

あいたん改さん、有難うございました!

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese