「車をよく買い換える男性は浮気性」は真実?-車好き夫と結婚した妻の考察。

メルセデス・ベンツミュージアム
車と恋愛
ちまたの噂は本当か?

「車をよく買い換える男性は、女性好きで浮気性だ」「時計をコロコロ変える人は、女好きで浮気性だ」とか、なんかそういうネットの噂や記事を見にすることがある。でも「車をよく買い換える=浮気性で女好き」なのであれば、一体私の夫はどうなるんだろうと…(-_-)。

昨日も「メルセデス・ベンツS63AMGクーペを買ったで(*゚∀゚)!」とメールで報告があったところで(笑)、現在までに夫が所有してきた車は私の知る限りでは、

①2シーターライン:国産車が何台かあって…アウディTT→BMW318i(2シーターじゃないけど)→メルセデス・ベンツSLK350→ボクスターGTS
②5人乗りライン:アウディA3 2.0T→ゴルフ7オールスター
③家族で乗れるスポーツカーライン:パナメーラエディション→パナメーラターボ
④短期間所有ライン:マクラーレン650(だったかな?)→メルセデス・ベンツS63AMGクーペ
⑤クラシックカーライン:メルセデス・ベンツSL

という感じで、いやいや、車買い替えるどころか5台持ちって…冒頭の理論が正しければ、「奥さん以外に外に女性が4人いて、その日の気分にあわせて女性を変えてる」ということになる。

…って、最低やないかッ( ゚д゚ )!!!

でも見ている分にはそんな素振りは無いので、車好きの夫が女好きの浮気性だとは思えない。(って、気づいてないだけだったらどうしよう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)

ということで、「車をよく買い替える=浮気性で女好きというのは一体どういうことなのか」車好き夫と結婚した私なりに考察してみた。ただ、データをとったりヒアリングしたわけじゃないので、推測の域であること…あしからず。

車好き4つのタイプの図。

一言に車好きと言っても、いくつかにタイプが分かれているように思う。その図が以下。

(かなり私の偏見が入っているので、軽い気持ちで見てもらいたい。)

ということで「車ファッションー車オタク」の縦軸、「合理的(実利)ー情緒的(感情)」の横軸でわけて、タイプを4つにわけてみたところ、こうなった。

①【車オタク+合理的】=オリジナル系・・・妥協せず自分が本当に欲しい車に乗りたい。購入前に欲しい車に関する情報を調べまくります。確実にディーラー営業マンよりその車に詳しいです。エンジニアを信じてるので改造はしません。

②【車オタク+情緒的】=カスタム系・・・車を自分好みに改造して乗りたい。スーパーオートバックス常連です。気づけば購入価格分くらいカスタムにお金使ってました。車検の時はノーマルに戻します。

③【車はファッション+合理的】=最新モデル好き系・・・常に最新モデルに乗りたい。値落ちする前に売って新しいのに買い替えます。少ない差額で最新モデルに乗れるからお得な気がします。会社の決算時期に乗り換えることが多いです。

④【車はファッション+情緒的】=俺を見てくれ系・・・女性にモテたいです。車買ったらとりあえず見せびらかしに行きます。「助手席、乗ってみる?」ってどや顔で言います。車が変わる度に彼女も変わります。

一体どのタイプが女好きの浮気性なのだ?

この中でみると、夫は確実に①のオリジナル系だと思う。私の兄はスバリストで、なんかもうほんと改造しまくってるから②だと思う。で、①・②・③はいいとして、

問題は④、「俺を見てくれ系」だ!

「ほら、俺、めっちゃかっこいい外車乗ってるぜ!すげぇって言ってくれよ!( ̄ー ̄)b」的な…本人は無意識だったとしても、「女性にもてたい欲」が強い。だから、女性がいるところに車で繰り出すことも多く、そうなると他の3つのタイプより女性と出会う確率が格段に高くなる。

営業でも、成果の数は「量×質=成果」だと言われているように、見込み客の母数が多ければ多いほど成約数は上がるし、成約に至る商談力をあげれば、成約率はあがり、成果も増える。

つまりこれを④にあてはめると(あてはめていいものか)

女性と出会う数が多い(量)×高級外車持ちというアドバンテージ(質)=つきあう女性がコロコロ変わる(成果)

ということではなかろうか。とはいえ、④の人ってめっちゃ仕事できるんだろうなぁ。それだけ車を買い換えられるということは、それなりに稼いでいるはずだし、仕事ができる男性は女性から見てめっちゃ魅力的なんだよな。きっと気配りもすごいできるんだろうな、いやはや。

ということで、結論。

というわけえ「車好き=女好きで浮気性」と一概には言えないと思う。だから女性も「外車好きって女好きなんだよ」「結婚するならよしたほうがいいよ」というネット記事を鵜呑みにするのではなく、自分の目で見て、肌で感じて、その人となりをちゃんと判断するのがいいと思うのだ。
私は車好きの夫と結婚し、確かに「この人狂ってるw」って思うことも多いが(爆)、一方で新たな世界を教えてもらって人生が豊かになったから、結婚してよかったなと今は思っている。(家計の中でエンゲル係数ならぬ車係数が高いのは否めない)

ということで…さっ、仕事しよ(-_-)(爆)

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese