ポルシェ パナメーラを自分で買う、その日まで ー All for Panamera,Panamera for All.

ポルシェ 新型パナメーラターボ 
ポルシェのある生活

お金は大事だよ

私は社会人になってから、とある理由で金銭的に切羽詰まった状態に追い込まれたことがある。当時は本当に毎日が大変だった。

翌日、仕事の打ち合わせに行くための交通費すらない日もあった。当時ひとり暮らしをしていた部屋を隅々まで探すと、使わなくなった任天堂DSやソフトが何個かあるのを見つけた。その時はメルカリなど無かったので、夜、ヨドバシカメラまで30分ほど自転車を走らせて、閉店間際に店内に滑り込み、DS本体とソフトすべてを見積もってもらったところ「8000円」になった。

「これで1週間生きていける!」と胸をなでおろしお金を受け取ったものの、あまりにその状況と自分が情けなくて、自転車を漕いで泣きながら、家に帰った。

電話がかかってくる度に「これは家賃の催促だろうか」「返済の催促だろうか」とびくびくする日々で、電話にまともに出ることができなくなり「電話恐怖症」になった。生命保険もすべて解約し、髪の毛を切るお金が無いので、髪の毛は自分で切っていた。

あの時…あんな大金をはたいて旅行にいかなければ…
あの時、あんな無駄遣いをしなければ…

と戻らないお金を想像しては後悔したこともあった。

もちろん、私の比ではないくらいお金の苦労をしている人は、世の中にたくさんいると思う。でも、小さい頃から比較的何不自由なく生きてきた自分にとっては、辛く苦しい経験だった。その経験から、「お金」の大切さを身をもって知った。

All for Panamera,Panamera for All.

若い頃は「お金がなくても愛があればいい」「お金がなくても夢があれば幸せ」だと考えていたけど、お金が無ければ、人は疲弊する。心はすさむ。大切なものや大切な人ですら、大切に思えなくなる。

お金が全てではないけれど、お金が無くても幸せを感じられる人は、超越したお坊さんとか…そういう領域の人だけじゃないだろうか。少なくとも私には無理だ。

そこから数年して、その経験があるから、今がある。私は今、仕事もまだまだこれからの状態であるけれども、そして今パナメーラに乗れるのは、夫のお陰以外、何ものでもないけれども、自分との約束として、やっぱりパナメーラを自分で買えるようになりたい。

その為に、自分でしっかり稼ぐ。自分でパナメーラを買って、そのパナメーラが納車された日を想像しただけで、「私もようやくここまで来れたか」と涙が出るほど感激してしまう。(妄想激しすぎw)

その日のために、今日も仕事を頑張るのだ!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. boyasuke

    はじめまして
    恐ろしいほどのパナメーラ愛(°▽°)
    高校時代にポルシェ928見て一目惚れ
    いつかは乗りたいと思ってましたが生産中止
    パナメーラに928の面影何故か感じました。
    5月中旬にパナメーラ4sオーダーし現在納車待ちです
    更新楽しみにしてます
    頑張ってください

  2. panamera-life

    boyasukeさん、有難うございます!
    おぉー4s納車待ちなのですね!
    高校時代に憧れて夢を叶えられるなんて最高ですね!私も頑張ります!