結論、ポルシェパナメーラはスポーツカーだ!

ポルシェ 新型パナメーラターボ 
レビュー・試乗記
パナメーラってすごい。

パナメーラがなぜ好きかと言われても、実はうまく説明ができない。以前のブログでこう書いてはみたが、

駐車場での堂々とした佇まいといい、

王者の貫禄といい、

高速の合流の加速といい、

そのエンジンの音色といい、

ハンドルの人馬一体感といい、

アクセル踏んだ分だけ忠実に加速する感じといい、

地面の接地感といい、

安定感といい、

どっしりした巨体感といい、

それでいて重さをストレスと感じさせない走りといい、

乗るだけでまるで人間の格が上がったように錯覚するくらいの雰囲気といい、

 

すごい、素晴らし過ぎる。

 

小回り効かんだろうが、

普通の駐車場停めれんだろうが、

燃費悪かろうが、

細い道通れんだろうが、

 

そんなことをはるかに凌駕する素晴らしい車だ。

かなり主観が入っているし、憧れ、畏怖(笑)など、色々な感情とともにパナメーラを見ているので、「もしかしたらパナメーラを100倍くらい過大評価しているのかもしれない」と、ふと不安になった。

そんなことを思っていたら、夫からメールで、とある記事のURLが送られ来た。

3車種の比較記事が。

スポーツ・クーペ決定戦:後編 ―― ポルシェ・パナメーラ・ターボ vs BMW M6グランクーペ vs メルセデス-AMG S63クーペ – 初試乗 | AUTOCAR JAPA

なにこれ。文章も注釈も何もなくただURLが送られてきたってことは、「これ読め」ってことだよな。URLを開いてみると、AUTOCAR JAPAN(オートカージャパン)というカーメディアの記事だということがわかった。

AUTOCAR JAPAN(オートカージャパン)は、100年以上の歴史を持つイギリスの自動車雑誌、「オートカー」の日本版として2003年に創刊され、現在はWEB配信のみ行っているらしい。

そして記事のしょっぱなを見て笑った。

「登場したばかりのポルシェ・パナメーラを早速ドイツ勢と戦わせる無慈悲な企画今回はその後編。」

む、無慈悲って…。そうか、こんな伝統のあるメディアがそう評価するのだから、私の感覚もあながち間違ってはいないのだと少し安心した。この記事の企画では、

・ポルシェ パナメーラターボ
・メルセデス・ベンツ AMGS63クーペ
・BMW M6グランクーペ

の3種を比較していた。比較対象としては、うんうんそうだよなと頷ける。それぞれのメーカーから、スポーツクーペの最上級を持ってきた感じだ。色々と比較がなされた後、結果はこう締めくくられていた。

M6の運動性能はより満足度が高く、スーパーサルーンの典型だし、

S63の快適性や豪華さは高級車が目指すべきものだ。

しかし、それでも勝者を決めなくてはならないのであれば、

おかしな話のようだが、パナメーラを選ぶことになるのである。

AUTOCARは、クルマの完成度だけでは飽き足らず、いかにドライバーを楽しませてくれるか? を最重要視したいと思っている。

パナメーラはスポーツカーだ。

パナメーラは、スポーツカーだ。

ねッ!ねッ!そうだよね!!

一気にテンションがあがった。要するに何を求めるかだと思うが、ラグジュアリーを求めるならS63なのだろうし、山道とかスポーティにキュッキュ走りたいならM6なのだろうし、乗り心地とスポーティさの両方を求めるのであればパナメーラなんだろう。

でもやっぱり、走っていて楽しくて、ドライバーと車が馬に乗っているかのように一体になれて、どこまででも走りたくなる車は、パナメーラがダントツではないかと個人的に思う。(って自分S63もM6も運転したことないやんけと言われたらそれまでだ)

でもこうなったら、S63とかM6も乗ってみたくなってきた。(所有じゃなくあくまで試乗)以前S63AMGが赤信号で止まっていて、青になった途端ロケットスタートした時の音がとてつもなくかっこよく、「S63AMG超かっけー!」と色々調べていた時期もあったりした。

3歳児と0歳児をつれてディーラーに行き、試乗させてもらうのは結構大変だが、近々週末に時間を作っていってみるかな。夫に相談してみよう。

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese