大阪本町にパナメーラを駐車するなら「船場センタービル」がおすすめ。

ポルシェ パナメーラエディション 970
レビュー・試乗記
大阪梅田にパナメーラを駐車する場合。

昨日は、子づれOKして頂いた会社へ、仕事の打ち合わせに。パナメーラに次女を乗せ、大阪の本町へと向かった。私は大阪市内にパナメーラで行く時は、梅田であれば、「阪急梅田駅駐車場」に止めることが多い。大型車もとめられるし、屋根(テント?)があり、阪急梅田駅直結で便利。最初の60分は600円、以降30分ごとに300円で最大料金は無いが、私は大抵2時間以内しか停めないので、良しとしている。

その点「梅田スカイビル駐車場」は、屋根有りだし、大型車もとめられるし、最大料金1600円だしいいのだが、梅田からちょっと遠いのが難点。雨の日や、子連れだと面倒なのだ。

本町に停めるのは今回が初めて。

ただ今日の打ち合わせは、本町。駐車場、どうしたものかなぁ…と思って色々調べていると、車幅1900mm以上OK、屋根ありで、「セントレジスホテル大阪」の駐車場が良さそうだとわかった。事前に駐車場の入り口付近をGoogleストリートビューで確認して、ナビを設定していざ出発!ナビの到着予定時刻は、30分前となっている。よしっ。

そして順調に阪神高速に乗ることができたのだが、数分後、この先が大渋滞しているとナビが教えてくれた。「このまま高速を走っていると、打ち合わせに間に合わなくなるかもしれない…」ということで、途中で高速をおり、下道で向かう。ようやく、目的地の「セントレジスホテル大阪」が近づいてきた。下道で向かったけれど、打ち合わせの時間まではあと30分ある。

なんならカフェで一杯飲んでからいこうか。なんて余裕をかましつつ、左折しやすいようにぐるっと回って、セントレジスホテル大阪の駐車場入り口に到着。ナビが案内を終了すると同時に、そこにいた警備の人が近づいてきた。

警備:「どちらにいかれますか?」
私:「どちら…というと…ここの駐車場にとめようと思って…」
警備:「いや、とめた後どちらに行かれますか?」
私:「ちょっと近くまで打ち合わせに…」
警備:「すみません、セントレジスホテルに行く方か、ガーデンシティに行く方しかとめれませんので、他の駐車場を探してください」

え!?聞いてへんがな!
それならウソでも「宿泊します」とか「ご飯食べます」とか言えばよかった。でも小心者なのでそんなこととっさに言えず、以前パナメーラを停めたことがある、心斎橋寄りの駐車場へ向かう。

「ちょっと遠いけど、大丈夫。歩けば間に合う」気持ちを落ち着かせ、なんとか端から端まで車線変更して、駐車場の前まで来てホッとした瞬間…

「満」!!(ドーン)

マママ、マジで!!!!

市内の駐車場は1900mm以下が多い。

何で今日に限って…。すぐそばに別の立駐があり、パナメーラもギリギリ入ると聞いていたが、タイヤやホイールをこするリスクを考えると危険過ぎる。他を探そう。なのに、こんな時に限ってどこも満、満、満…。「あいてる!」と思っても、幅1900mm超えのパナメーラが入らない駐車場ばかり。幅1900の立駐とか、こういう時ほんと無意味だ。そうこうしているうちに、時間がなくなってきた。

…やばい、あと10分しかない。

はやめに家を出たのに。事前に下調べしていたのに。高速の渋滞も回避したのに。なんでこんなことに…日頃の行いが悪いんだろうか…今回打ち合わせに行くのは、比較的おかたい会社。せっかく子連れ打ち合わせを了承してもらったのに、その上遅刻なんて絶対ありえない。

「子どもを言い訳に遅刻だって。結局ワーママって考え甘いよね」

なんて絶対思われたくない。(そんなこと思わない、皆さん良い方々なのだが)半泣きになりながら、必死で「P」の文字を探す。するとそこへ、船場センタービルの「P」の文字が、目に飛び込んできた。

おぉ!この駐車場は大きそうだ!時間的にも、ここしかない。あとは、幅だ。幅がいけるかだ…

藁をもつかむ思いで、いちかばちかで右折すると、「高さ2.3m以下、幅2m以内、長さ6m以内」の表示が。

幅2m以内…

幅2m以内…

よっしゃー!( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

なんだかよくわからない達成感に包まれたまま、地下駐車場へ入っていくと、結構暗くて汚い雰囲気で若干心配に…本当に大丈夫だろうか…と、ふとみると、

パナメーラGTSさんがいるではないか!

ひと安心し、車をとめ、エルゴで次女を抱っこし、ダッシュでビルへ駆け込み、エレベーターにのり、受付の電話をならした。時計を見ると、アポイント5分前。

セ、セーフ…

実は背中は汗ダラダラだったが、つとめて涼し気な顔をして、打ち合わせも無事に終わった。はぁー。巨体パナメーラって、こういう状況になったときは、超リスキーだな。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。