パナメーラが我が家にやってきた当時、よくうなされた悪夢。

ポルシェ GT3RS
ポルシェ・パナメーラ
こんな事体験した人いるだろうか?

何年前からか忘れたが、スマホの待受けをパナメーラにした。「将来絶対手に入れるのだ!」と決めて、常に見て意識しようと考えた結果、毎日何十回も見るスマホの待ち受け画面が最適だと思ったからだった。

そこからしばらくたち、今から約1年半前。自分が想定していたよりもずいぶん早く、パナメーラが我が家にやってきた。(とはいえ、自分のお金でパナメーラを買う目標は今も継続中)念願のパナメーラに乗れるのは嬉しいことなのに、当時は夜、嫌な夢を見ることがしばしばあった。

駐車場にパナメーラをとめて、戻ってきたら、あるはずの場所にパナメーラが無い!何で!ここに確実に停めたのに!どうしよう…とディーラー担当のHさんに連絡したり、警察に電話したりして、探しまくっても見つからない夢。

またある時は、パナメーラで走っていたら、対向車線から車がすごい勢いでこちらめがけて走ってきて、追突されて、フロントガラスが大破した夢。

目が覚めるたびに、はぁ、、夢か、、良かったぁ、、、と胸をなでおろしていた。

だって、恋い焦がれた車だから。

何年前からか忘れたが、スマホの待受けをパナメーラにした。<strong
こういう夢のことを夫に話しても、「何なんそれ(笑)」と笑われて終わりだったが、それくらい、「いつかはパナメーラ!」とずっと憧れていた車に、自分が乗るということは、すぐには受け入れられないくらい信じがたいことだったのだと思う。まるで、憧れの芸能人とつきあったみたいな感じだろうか。(つきあったことないけど)

とはいえ、そんな夢も最近は全く見なくなった。自分の中で、パナメーラに乗ることが、現実として受け入れられるようになってきたからか。でも、これ、自分のお金でパナメーラを買って納車された日には、もっとひどい悪夢にうなされる気がすると、今からびくびくしている今日このごろである。

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese