WEC富士6時間耐久レース−ポルシェ関係者ラウンジで観戦の一部始終!

ポルシェのある生活
WEC初観戦!

今日はWECの決勝日。でも残念ながら朝から大雨。路面は完全ウェットだ。今回のWECは、(っていうかWEC行くのは初めてやけど)ポルシェ関係者ラウンジに入れるパスが手に入った。

富士スピードウェイ西ゲートに着くと、専用駐車場に案内され、そこに車を停めた。

で、今日は大雨なので、特別に駐車場からラウンジまで、カイエンで送迎してもらえることになった。

ほんの1分ほどでラウンジエリアに到着。

階段をのぼり、二階のポルシェ関係者ラウンジへ。

ポルシェ関係者ラウンジはVIPな空気が漂う。

おぉー、、、なんかすごい雰囲気。( ゚д゚)ラウンジからは、レースの様子だけだなく、ピットインの様子も見ることができる。

着くと早々に、ピットウォークに連れていってもらったが、残念ながら写真はNG。ポルシェ陣営のガレージには、919hybridが二台、どーんと置かれていて、ポルシェチームの方たちが慌ただしく調整をされていた。また、故障やクラッシュが起きた時の予備として、 バンパーみたいなものや、後ろの羽などがストックされていた。

ドライバーの好みで、車体にはドイツの国旗がはったりされていたが、なんといっても軽量化が大切なので、ペイントはしないらしい。ペイントよりも重さの軽い、ステッカーをはるよう徹底しているそう。ドライバーのヘルメットも、今すぐつけられる状態で用意されていたが、汗やらなんやらで激しく濡れるので、下からドライヤーで速乾できるようにしているとのことだった。

その他、タイヤのストックや、レース開始直前までタイヤを高温で温める機械など、たくさん見せてもらえた。機材は同じものが全部で3セットあり、世界のレースごとに飛行機や船で運ぶらしい。重さにして40トン。

いやはや、とんでもなく手間とお金がかかる世界なのだな。そして、こんなに多くの人が関わり、最高のチームが最善の準備をしている以上は、ドライバーはなんとしてでも勝たないといけないんだろうなぁと思った。

優勝したドライバーはかならず、『チームに感謝、チームのみんなのおかげ』と言うが、その理由が、少しわかる気がした。

多くの人の期待、希望、人生、そういったものを全て背負って、ドライバーは命がけで走っているんだなぁ。

と感激しながらラウンジに戻ると、ポルシェドライバーの、ブレンドン・ハートレーが。

頭ちっちゃい!顔ちっちゃい!同じ人間とは思えない!( ̄◇ ̄;)すごいなぁー。やっぱり世界で活躍する人はオーラが違うぜ。

レースは11時にスタート。

さて、あいにくの雨で、11時のスタート時は霧で前が見えないほどだった。ポルシェはポールポジションでスタート。『きっと今回もポルシェが勝つんだろうなぁ』となんとなく思っていたのだが、、。

途中、あまりの霧で、レースが中断されることも。3時間が過ぎたあたりから、クラッシュや、接触があり、真剣にレースに見入る人たち。

またピットインも間近に見ることができたが、タイヤ交換してスタートするまでのチーム連携は神業だった。

ほんとすごい、無駄がない。その後、ドライバーのレース状況の説明などもあり、ようやくレースが面白くなってきたなぁーと思ったら、また濃霧がコースを覆い始めた。そこでまたレースは中断。

みんな手持ち無沙汰で、歩いたり、食べたり、話したり、まったりしていると、だんだん霧が晴れてきて、セーフティカーの先導でレースが再開するとの情報が入り、みんなそわそわしながらコースの方へ移動。

ところがすぐにまた、『レースは結局このまま終了』というアナウンスが。。なんということでしょう。。( ̄∀ ̄)結局、その時点でトップだったトヨタ8号車が優勝した。続いて2位は、トヨタ7号車。トヨタが1,2フィニッシュした。『最後になんとしてでも勝ちたい!』というトヨタの執念が、天気をも味方につけたんだろうか。

『濃霧のせいでレースが終了』なんて、貴重な経験をさせてもらった。

サインをもらってきたぞ。

で、今回の戦利品はこれ!(戦利品って、何も戦ってないけどな)

ポルシェジャパンの七五三木社長のサインと、ポルシェスカラシップドライバーの上村優太選手のサイン。思い切って声かけてよかった!明日は富士山のまわりを走って、帰路に着く予定。

あーはやく子ども達に会いたいぞ!

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese