いつかはポルシェガレージ。趣味もここまでいくとあっぱれな話。

ポルシェ 新型パナメーラターボ
ポルシェのある生活
鉄道オタクの方との会話で。

昨日、久しぶりにお会いした方に、「実は、ポルシェのパナメーラが好きすぎて、パナメーラのブログを書いています」と話したところ、「実は私、鉄道オタクなんですけど、私もじゃあ鉄道オタクのブログ書こうかな」とおっしゃっていた。

私はまだオタクといえる程パナメーラに詳しくないし、単に好きというだけだが、(以前やってたポルシェ特集のテレビのドイツのポルシェファンを見ると、とても私のレベルでオタクなんて言えない、全然足元にも及ばない)もっともっとパナメーラに詳しくなりたいし、色んなパナメーラに乗りたいなぁと思う。

で、その方が、「先日原鉄道模型博物館に行ったんですが、趣味もあそこまで行くともうあっぱれですよね」とおっしゃっていた。

原信太郎さんとは?

私はその博物館については全く知らなかったので、(普通の人は知らなくて当然だそう)調べて見ると、コクヨの元専務の原信太郎さんという方が作られたものだった。この記事で、原さんのことや博物館について詳しく紹介されている。

空前絶後の趣味人生の集大成!原信太郎と「原鉄道模型博物館」

 原は、鉄道模型だけでなく、一番切符の収集にも情熱を燃やした。一番切符とは、開業した路線が発行する最初の切符のことで、ふつうは開業初日に列の先頭に並ばないと入手できない。それが何十枚と展示されており、もはや執念のきわみ。1964年に開通した東海道新幹線の指定席一番切符もあるが、ひかり1号、1号車、1番座席というこだわりよう。

すげぇな ヽ(・ω・)/

一番切符を求めて、ときには会社を休んで並んで手に入れておられたそう。私財を投じて、貴重な模型を山ほどコレクションされ、それが今では博物館になり、自分の死後もなお、多くの人たちを幸せにしている。

鉄道オタクっていうか、もうそんな域を越えて、ほんと、もうすごいとしか言いようがない。

ポルシェで思い浮かぶ人と言えば。

ポルシェに関して、趣味の域を越えてあっぱれで思い浮かぶのは、D’station Racingの星野敏さん。以前岡山国際サーキットのカレラカップを見に行った時に、(スーパーGTがメインだったが、それには興味なく、前座のポルシェカレラカップだけ見た)初めて星野さんのことを知った。すごいな、ウィキペディアにも載ってる。

経営者としては関東圏を中心に展開するパチンコホール「D’STATION」の運営会社NEXUSCEO、アスリートとしては企業として後援しているカーレースに自らも参戦してレーシングドライバー。

片品村舞茸谷川岳材木などを運搬する運送会社を経営する家に生まれる。家業を継いだのち1995年に遊技業に参入し沼田市にD’STATION1号店(現在の沼田総本店)を出店。その後は次々と業域を拡大し、関東圏を中心に数十店舗、年商2000億円超(2016年6月期実績)の大企業に成長させた。

「D’station Racing」のチームオーナーを兼ねながらスーパー耐久ポルシェ・カレラカップのドライバーを務めている。

多分50歳は越えていて、40歳超えてから、ポルシェカレラカップのレースに、自分が参加するようになったと聞いた気がする。本気でトレーニングや練習を重ねておられて、アマチュアの中では1位で、今はプロのクラスで戦っていたはず。しかも、会社のサイトを見ると、

参戦するからにはスーパーGT300では2017年初年度からトップの成績を獲りに行きます。そして近い将来、D’Station Racingとしてル・マン24時間耐久レース(フランス)やデイトナ24時間レース(アメリカ)に、オール日本人ドライバーで参戦したいと思います

ま!まじで!ル・マン見据えてるん!( ゚∀゚)・∵. ポルシェは撤退するのに!?っていうかお金いくらかかるん!

いつかはポルシェガレージ?

ここまでいくと本当にすごい。夫が以前、「家は絶対建てないけど、車専用のガレージを建てたい」と言っていたので昨日、「原さんっていうコクヨの元専務の人がいて、鉄道好きすぎて、博物館作ったんやって。将来、ポルシェ・ガレージとか建てれるといいよなー」と話すと

「そのためには巨万の富を築かないかんから、もっと稼がなあかんな!」と、まんざらでもなさそうだった(爆)

私もポルシェガレージ建てたいなーっていうかその前に、まずは1台自分でポルシェ買うところからスタートやけどな。夢はでっかく!頑張ろー!

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese