濃霧の中、パナメーラターボで芦有ドライブウェイを走行してきた。

レビュー・試乗記

急遽、芦有ドライブウェイへ

昨日は凄まじい大雨だった。午前中は長女の幼稚園のハロウィンイベントがあり、豪雨の中をパナメーラで送ってもらい、長女と次女と私の3人で参加。夕方からは、雨も上がり晴れ間が見え始めたので、私の運転で、パナメーラで芦有ドライブウェイに家族で行ってみた。この1週間で初の運転だったので、若干緊張しながらも…。

パナメーラターボ、やはり凄まじい。しばらく乗っていなかったので、余計にそのすごさを痛感したのかもしれない。大げさな表現ではなく、アクセルを「踏もう」と意識しただけで加速する。まるで、自分の脳とクルマが繋がっているような感覚になる。

アクセルには遊びはなく、ブレーキも少し踏むだけで、ぐぐーとききはじめる。「スポーツカーやスーパーカーは、ブレーキが重く、女性には運転しにくい」というイメージがあるが、パナメーラターボに関しては全くそんなことはない。

ジキルとハイドな走りを

パナメーラターボは、街中ではとてもジェントルマンな走りをしてくれる。それが山道になると一転する。ハンドルを切れば、切り足すことなく思いのままに曲がる。急なカーブなのに、どんどんアクセルを踏んで加速したくなるほど、安定して曲がる。

気持ちよく低音で響く加速音と、少しアクセルを緩めると聞こえるボボボボっという排気音。このエンジン音があれば、BGMなどもはや必要ない。

東六甲展望台は濃霧

そんなこんなで気持ちよく運転してると、麓は晴れていたのに、山の上はやはり霧が立ち込めていて、展望台に着くと、誰もいなかった。(そらそうだよな)

納車されて2週間以上たつけれど、ここまでの週末は毎週雨なので、真っ青な空のもとできれいに輝くナイトブルーメタリックのパナメーラにお目にかかってないのだよなー実は。

来週はいい写真が撮れるだろうか。

さて、帰りは、インディビジュアルモードにして走ってみた。インディビジュアルモードとは、ハンドルの右下の方にあるダイヤルを回すと、予め自分が設定した好みの設定に瞬時に変えてくれるもので、夫が、

・足をちょっと固く
・リアの羽を出して
・エンジン音を大きめで

という設定にしている。

スポーツモードにするほどでもないけれど、見た目や音がスポーティーに変わるという感じだろうか。これがまたとてもよくて、あえて赤信号で先頭になるように停まって、そして窓をあけて、青信号になった瞬間に一気に加速してみた。

その時の加速音の心地よさと言ったら、そりゃもう凄まじく。

わー超かっこいいし超気持ちい!もっとこの音を聴いていたい!あぁー屋根あけたいな〜パナメーラ カブリオレがあったらいいのになぁ〜

なんて冗談を言いながら、パナメーラはあっという間に自宅に到着した。この週末はもっとドライブに行きたいなー。

 

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。