パナメーラ購入の際、絶対つけておくべきオプション−日常使い編−

ポルシェ・パナメーラ
以前のパナメーラと新型パナメーラの見た目の違い

我が家に初めてパナメーラがやってきたのは、2016年2月のこと。白のパナメーラエディションだった。

そして、2017年10月にこのパナさんとお別れしてやってきたのが、パナメーラターボ。

こうして比べてみると、デザインがさらに洗練されたことが分かる。でも前のパナメーラも、温かみがあって好きだなー(というかパナメーラだったら何でも好きなのかもしれないw)

話はそれたが、かれこれ2年間パナメーラに乗ってきて、「これは絶対つけておくべきだ!」と思ったオプションについて、今日は書いてみる。ただし「日常使い」と「走りを楽しむ」という視点では、随分見解が異なるので、今日書くのは「日常使い」という視点での見解。

わが家のパナメーラターボの仕様について。

ちなみに、現在の我が家のパナメーラターボの仕様は、以前ブログにも書いたが、こちら。(金額や私の感想含めて書いてる)

ちなみに、項目だけシンプルに書いてみると、

■エクステリアカラー:ナイトブルーメタリック
■インテリアカラー:ブラック
■エクステリア:LEDマトリックスヘッドライト、プライバシーガラス、ソフトクローズドア
■トランスミッション/シャシー:PDK、リア アクセル ステアリング、スポーツクロノパッケージ、スポーツエグゾーストシステム
■ホイール:21インチ 911ターボデザインホイール
■ホイールアクセサリー:ポルシェクレストホイールセンターキャップ
■インテリア:標準シート、シートベンチレーション、レーンチェンジアシスト、アダプティブクルーズコントロール、ストレージパッケージ、カップホルダーカバー、スモーカーズパッケージ
■カーボンインテリア:カーボンインテリアパッケージ

という感じ。

絶対つけておくべきオプションは!?

オプションなので、「つけなくても良いけどつけると更に良い」というものが大半だと思うが、この中で私が絶対つけておくべきと思ったのは、

ただ1つ!!!

それは…

「リアアクセルステアリング」だ!

リアアクセルステアリングとは…

まずはリアアクスルステアリングと呼ばれる後輪操舵システム。ポルシェの後輪操舵システムといえば、ポルシェ928に採用されたヴァイザッハアクスルを思い出されるかたも多いだろう。
ヴァイザッハアクスルはコーナリング時に外輪側をトーインに向けることでコーナリングを安定させる仕組みだったが、今度のリアアクスルシステムは電動で伸び縮みするトーコントロールロッドによって、内輪外輪のトーをインにもアウトにも瞬時に振れるシステムだ。
これにより、低速でのタイトコーナーでは、前輪と逆相に後輪を操舵することで、応答性を上げ曲がりやすくできる。また高速でのコーナリングやレーンチェンジでは、前輪と同相に操舵することでスタビリティを向上させている。

車、旧車の情報共有サービスならカーチューブ[CarTube]。車、旧車をもっと楽しむ

車の中身についてそこまで知識がない私は、イマイチわかったようなわからんようなという感じだが、「低速でのタイトコーナーでは、前輪と逆相に後輪を操舵することで、応答性を上げ曲がりやすくできる。」 という部分が分かりやすいのかなー。まさにそんな感じ。

で、なんでリアアクセルステアリングが必要かというとそれは、パナメーラは巨体なのに、日本の駐車場や道は狭いから。

リアアクセルステアリングがついていないとどうなるか。

以前のパナメーラエディションには、リアアクセルステアリングはついていなかったので、駐車がすごく大変だった。毎回切り返しして、やっとこさという感じ。たまにUターンとか、ヘアピンカーブみたいに曲がらないといけない道も、だいぶ外側から切り込んでも、「うわぉーやっぱこれでも足りなかったかー!」と、少しバックしてやり直さないといけないことも多かった。

でも今回のパナメーラは、リアアクセルステアリングがあるので、そんな心配はない。「このUターンいけるか?」とドキドキしながら思いっきりハンドルを回すと、最初は大回りに感じるが、途中からとてつもなく鋭く曲がってくれる。

この前は、バックミラーを見ると、後続車のプリウスのほうが、曲がれなくてあたふたしていた。駐車も、たいてい一発でいれられる。お世辞にも運転がうまいと言えない私でも、だ。

確か、パークアシスト機能(360度モニターみたいな)が、全てのパナメーラに標準装備だったはずなので、そのやりやすさもあるけど、でもやっぱりリアアクセルステアリングの影響はでかい。

ある日の駐車風景。

通常この角度で入れ始めてしまったら、絶対途中で切り返ししないといけない。でもリアアクセルステアリングの場合は、このままいっても…

…って写真撮るのに夢中で、完全に切り遅れてしまって(言い訳)、すごいずれたけど…

いやめちゃずれてますやん…っていう(爆)

それでも一発で入った。

こんな風に。

今回は、前後左右があいてるところに停めたので、どう停めようが問題ないけれど、普通は前後左右埋まっていて、しかも前のスペースが狭いことが多い。そうなると、この巨体を駐車するのは、本当に大変。そしてぶつけてしまったらそれこそ大変。

逆にオプションの中で、アダプティブクルーズコントロールとか、レーンチェンジアシストとかは、私は正直あんまり使わないかなー。せっかくパナメーラで走るなら、自分で運転したいのと、普段からめちゃくちゃ長距離移動はしないので、(長距離といっても片道2時間以内)私の場合はいらないかも。

今度は、走りを楽しむという視点で書いてみたいが、なんせスポーツプラスとかちゃんと使ってないので、今度芦有ドライブウェイを走ってから、記事を書こうと思う。

よく読まれている記事

  1. panamera-life

    adachiさん
    有難うございますー!もったいないお言葉ですー!
    LEDマトリックスヘッドライトについても、今日夜に高速道路を走る機会があるので、またレポート書きますね!

  2. 人生をどうやって支えるか

    Minaさん、こんにちは。
    楽しみに読ませて戴いています。
    後輪操舵は必須機能だと思います。以前乗っていたレクサスにもこの機能があり、効果がわかりにくいのが残念でしたが(これがよくわかるのはある意味問題(^_^;))、小回りは効くし「曲がる」が安定しますよね。最近アメリカのポルシェディーラーに行ってきましたが、私の希望するパナメーラターボの同じスペックの見積もりを取ったら約一千万円ほど安く買える(30百万vs20百万円)ことがわかり少しショックを受けているところです。日本仕様への変更って大変なんですね。

  3. panamera-life

    えーそんなに日本とアメリカでは価格が違うんですね!
    びっくりですね、、、
    日本車仕様にはついていないとか、日本にはこのサービスは無いとか、そういうのも多いと聞きますもんね、、、。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese