米では販売台数200%増なのに、パナメーラが日本で海外ほど売れないのは何故?

ポルシェ 新型パナメーラターボ
ポルシェ・パナメーラ
ポルシェ史上最も成功した四半期

ポルシェが先日4月13日、2018年第1四半期の業績を発表した。全世界で前年比6%増の約63,500台を販売し、ポルシェ史上最も成功した四半期となったらしい。ヨーロッパでは、前年比8%増に相当する2万600台以上が販売され、ドイツ市場においては7700台以上を販売し、前年比8%増を記録した。中国市場では、昨年の実績を3%上回る1万8600台が販売された。

中でも最も成功したモデルはマカンで、世界中で2万3000台以上が販売された。また「パナメーラ」と「911」の販売台数も好調で、なんと米国市場では、2017年のパナメーラ販売実績が昨対200%増という結果に。

200%増ってすごい…911については、この四半期でで前年比35%増となる9600台以上が販売されている。

*出典:ポルシェ史上最も成功 1月–3月新車販売 6万3478台

日本では、どうなんだろう??

そこで、ふと気になった。ポルシェ全体の販売が好調だったのはわかったけど、

日本での販売実績はどうだったんだろう(-_-)?

ポルシェ史上最も成功した四半期なら、日本もすごい売れたんだろうなぁーと期待しつつ、日本について書かれている箇所を探したが、全くもって見当たらない。かろうじで、地域別の新車販売台数が載っていたのだが、それが以下。

ポルシェAG 2018年1月–3月新車販売台数
・全世界:6万3478台(前年比+6%)
・欧州:2万601台(前年比+8%)
・中国:1万8672台(前年比+3%)
・米国:1万3954台(前年比+10%)
・ドイツ:7724台(前年比+8%)
・アジア・パシフィック、アフリカおよび中東:2万6279台(前年比+3%)

日本は「アジア・パシフィック、アフリカおよび中東」に一括りにされている…

ってか一括りにする地域広くない( ゚д゚ )?

夫が常々「ヨーロッパでは販売されているのに日本にこのモデルは入ってこない」とか「ポルシェ本社は日本市場に力いれてないわぁ」とぼやいているのだが、それをまざまざと見せつけられた気がした。

ポルシェ・ジャパンの業績は?

ただ一括りにされても実際のところよく分からないので、ポルシェ・ジャパンについて調べてみた。(っていうか、そんな調べて私何者やねんっていう…)

ポルシェジャパンは2018年1月で設立20周年を迎えたそう。当初、911(タイプ996)とボクスター(タイプ986)の2車種の取り扱いでスタート。その後、カイエン、パナメーラ、マカンを投入し、2017年度の販売実績は約7,000台(ある記事では2016年は7322台とも書かれていたけど詳細はわからない)この水準は設立当初の1487台の4.5倍におよぶ。

日本市場は「911」やボクスターなど2ドアスポーツカーの販売台数全体に占める割合が全体の4割で、世界トップクラス。また、新車販売割合の中でマカンは3割に達し業績を牽引している。
*出典元:ポルシェ ジャパンが今年で20周年!

設立20年で4.5倍の販売数約7000台って素人の私から見るとすごいなーと思ってしまう。でも…ドイツ本国での2017年度新車販売台数28317台と比べると、まだまだという評価になるんだろうな。

日本でパナメーラが海外ほど売れないのはなぜ?

「日本でも新型パナメーラの販売は好調」と書いてあるけれど、実際の販売台数や全体に占める割合まで言及されていないということは、まだまだなのかという勝手な推測という前提で…なぜアメリカやヨーロッパではパナメーラはたくさん売れているのに、日本では海外ほど売れないのか。

1)日本は「ポルシェ=911ファン」が多い

「ポルシェといえば、911でしょ!」というファンが日本に多いというのはよく聞く。実際に記事でも『日本は「911」やボクスターなど2ドアスポーツカーの販売台数全体に占める割合が全体の4割で、世界トップクラス』と書かれているから、そんなファンからすれば「ポルシェののセダン、パナメーラなんて邪道だー!!」と捉えられてしまうんだろう。

2)「パナメーラはスポーツカー」という認識が浸透していない

パナメーラはよく、BMW7シリーズやメルセデス・ベンツSクラスと比較されるが、私は全く別物だと思っている。パナメーラは、「ラグジュアリーセダンに、スポーティな要素を加えた」ものではなく「そもそもスタートはスポーツカーとして作られている」から。これは、岡崎五朗さんも言っていたし、この記事にも書かれていた。
パナメーラに限らず、マカンやカイエンでもそうだと思うのだが、ポルシェはスポーツカーであり、パナメーラは乗り味はそのままに911を大きくしたような感じ。「家族4人でゆったりと、かつ走りを楽しめるスポーツカーだ」ということが世の中にもっと伝わってほしい。

3)日本ではSUVやミニバンが人気

日本には、荷物がたくさん積めるSUVやミニバンが多い。ドイツに行った時はミニバンとか全然見なかったけどなー。また「ミニバンはSUV=若者、セダン=おっさん」みたいなイメージがどうしてもあるような…(-_-)。ポルシェに関しても、街なかではパナメーラより圧倒的にカイエンやマカンのほうがよく見かける。「パナメーラもめっちゃ荷物積めるんだよ、後部座席も広いし、ゆったりしてるよ(*゚∀゚)と言ってもやはり「4人乗り」という部分で敬遠されがちになるのかな。

4)サイズが大きい

パナメーラはほんとに大きい。日本の道は狭いし、駐車場も狭いし、そして自宅やマンションの駐車場も1900mm以下が多いと聞くし、そうなると実際に日常使いするには大きすぎるという結論になるんだろう。これは仕方ないか。

パナメーラ。一度乗ってみれば価値観さえ変わる。

ここであーだこーだ書いても多分うまく伝わらないと思うのだが、とにかくパナメーラに少しでも興味がある人は、一度パナメーラに試乗してみるのがいいと思う。大げさじゃなく、車に対するイメージや価値観まで大きく変わるから。

とはいえ最近はドイツ本国でも、テスラがパナメーラを圧倒する勢いで販売台数を伸ばしているそうで(だからプラグインハイブリッドとかミッションEの開発に力いれてるのかな)ちょっと今度テスラも試乗してパナメーラとの違いを感じてみたいなーと思う今日このごろである。

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese