159万円もする「ポルシェ トラベルエクスペリエンス」ツアーの内容を、徹底検証してみた。

ポルシェと旅行

*画像出典:ポルシェ・ジャパン公式サイト「ポルシェトラベルエクペリエンス」

ポルシェ トラベルエクスペリエンス

日本のポルシェファン対象に2015年から実施されてきた、ポルシェ縁の地を巡るドイツツアーの2018年の日程や詳細が発表になった。ツアーの名称も「ポルシェトラベルクラブ」から「ポルシェ トラベルエクスペリエンス」になったそう。

ポルシェを現地でレンタルし、特別なルートを走るドライビング体験、ポルシェ博物館や工場を巡るなど、ポルシェファンにとってはとても興味があるツアー内容になっている。

さらに今年は70周年ということで、ポルシェ博物館では通常は見ることができないポルシェが見れたり、貴重な体験ができるそうだ。
「いつか行ってみたいな〜」と前から思っていたのだが、なにせ「費用がめっちゃ高い」ということをよく記憶しているので、あんまり詳細を見たことが無く…今回ちゃんと調べてみることにした。

ツアーの概要は?

では、2018年のポルシェトラベルエクスペリエンスの概要はいかに?

ドイツ ポルシェ本社とブラックフォレストを巡るツアー
・旅行期間
2018年10月5日(金) – 10月11日(木) 7日間
・旅行代金 1,598,000円 大人お一人様/2名1室利用(ダブルまたはツイン)
 (別途燃油サーチャージ、海外空港諸税、日本の空港使用料、一人部屋の場合は追加9万円)
・参加条件 ドライバーとして参加する為には国際免許証の取得が必要
・募集人員 16名
・最少催行人員 12名
・食事 朝食5回 ・ 昼食5回 ・ 夕食5回
・添乗員 同行
・旅行企画・実施 株式会社 JTB
・企画協力 ポルシェ ジャパン株式会社

ひゃ、ひゃくごじゅうきゅうまんはっせんえんーーー!!!( ゚д゚ )彡

車一台買えるやん!!!

2015年の第一回目は、同じような内容で645,000円だったのに。参照記事→日本初登場!ポルシェ トラベル クラブ、南ドイツツアーを実施「60万円でもめっちゃ申込来たから、来年から倍に値上げしちゃおーぜー」的な感じで、費用が跳ね上がったのだろうか…いやさすがにそんなわけは無いか。

なんだか気になるので、このツアー代金が本当に妥当な金額なのかどうか調べてみることにした。(暇かよっ)

まず、旅のルートは?

旅のルートはこんな感じ。ドイツの真ん中、フランクフルトから南側をたどるルートだ。

羽田発→フランクフルト→ハイデルベルク→バーデンバーデン→ヒンターツァルテン→ルートヴィヒスブルク→シュトゥットガルト→飛行機でフランクフルト経由で羽田着。


(ドイツ全体を赤で囲ってみたけど余計わかりにくくなったw)
距離にして約500km。車で移動すると約6時間かかるらしい。東京ー大阪間が500kmちょっとなので、それと同じくらいの距離だ。それを5日間かけて巡るので、ゆっくりとのんびりと、ドイツを味わえる旅になっているんだろう。

全然関係ないけど、実は私たち夫婦の新婚旅行は「ドイツに行ってレンタカーでポルシェ借りて、アウトバーンやロマンチック街道を爆走して、ドイツの車メーカーのミュージアムを制覇しよう!」みたいな工程を夫が作ってその通りに行ったのだが…そのルートと結構似てる(゚∀゚)笑

旅行中、一体何をするの?

①黒い森をポルシェでドライビング
黒い森とは、神話の舞台としてしられる、絵画のように美しい場所。爽やかな秋風の中、広大な自然が続くワインディングロードでポルシェのドライビングを楽しめるそう。ポルシェでのドライビング体験は2日間用意されている。そして、専任ガイドが走行を先導してくれるので、海外での運転経験がない人でも安心して走行できる。

②ホーエンツォレルン城を観光
天空の城と呼ばれるホーエンツォレルン城。私たち夫婦もドイツ旅行の時にこのお城に行ったけど、個人的には有名なノイシュバンシュタイン城よりも良かった。ノイシュバンシュタイン城は、人気観光地なのでしょうがないけど、人が多くて商売っ気がすごかった…ホーエンツォレルン城は人も少なくて、古城をゆっくり味わうことができた。
でも、確か麓から城まで20分〜30分くらい登山しないといけなかったので、女性はヒールで行かない方がいいと思う。

③ポルシェファクトリー見学
ポルシェファンの聖地とも呼ばれ、ポルシェの心臓部として100万台以上のポルシェを世に送り出してきたツッフェンハウゼン本社工場を見学できる。

④ポルシェミュージアム見学
独創的な建築物としても有名なポルシェミュージアムで、往年のポルシェ車を間近にみることができたり、ポルシェの歴史に触れることができる。今年は70周年記念の年なので、特別展示もある。

⑤観光や高級ホテル滞在
専任の添乗員が、現地の文化にふれられる場所を案内してくれたり、素敵なホテルに滞在ができる。

なるほどー。まぁ、魅力的な内容ではあるけど…それにしても1,598,000円って高い(*_*)…ということで、個人で同じように行ってみた場合、どのくらいの費用がかかるのか、1項目ずつ検証してみた。(暇かよっ)

1,598,000出す価値があるのか?検証①ホテル

ビッラ ケネディ フランクフルト

だいたいこの時期35,000円〜40,000円/泊(1部屋大人2名)

ブレナーズ パーク-ホテル&スパ

だいたいこの時期50,000円〜60,000円/泊(1部屋大人2名)

パークホテル アドラー
だいたいこの時期30,000円/泊(1部屋大人2名)

④アルトホフ ホテル アム シュロスガルテン(2泊)

だいたいこの時期40,000円/泊(1部屋大人2名)

っていうかどのホテルも素敵すぎる。さすがヨーロッパだ。日本ではまず無い感じのホテルで、おとぎの国を訪れたみたい。そして全部で5泊するから、ホテル代だけで、1人約20万円かかる計算になる。(1人部屋にすると+9万円は今回考慮せず)

1,598,000出す価値があるのか?検証②食事

ヨーロッパは日本よりも物価が高いので、食事も結構高くつく。ちなみに、以前夫婦でドイツ旅行に行った時、「晩ごはんにラーメンでも食べようか」ということになり、なんてことない普通のラーメン屋さんに入って、2人でラーメンとチャーハン頼んだだけなのに、50€とかしてびっくりした( ゚д゚ )

今回のツアーはさすがにラーメンというわけではないだろうし…(当たり前だ)夕食はホテルや現地の伝統的なレストランにてとなると、もっとかかる。また、朝食に関しては、ホテル代に含まれておらず別途かかることが多いので(しかも1人20€〜40€とか)食事代はばかにならないなぁ。

だいたいで計算しても

①朝食4,000円×5回 ②昼食5000円×5回 ③夕食8,000円×5回=約10万円

くらいはするようだ。

1,598,000出す価値があるのか?検証③飛行機代

往復フライトについて調べてみると、やはりというか、さすがというか…ビジネスクラス。私は学生時代に航空会社のオーバーブッキングでエコノミーに乗れず、奇跡的にエコノミーの料金でビジネスクラスに乗ったことが1回だけあるけど、超快適で飛行機から降りたくなかった(爆)ビジネスクラスだったら、旅行代金が高いのも少し納得だなぁ。

ちなみに航空会社はドイツのルフトハンザ航空。学生時代にルフトハンザ航空使ったことがあって、その時、美味しい板チョコが機内で食べ放題だったので、大阪のおばちゃん並にがっさーと取って友達とめちゃくちゃ食べて大満足したことを覚えている(笑)

ちなみに金額を調べてみると、ルフトハンザ航空のビジネスクラス、この時期1人往復約55万円〜60万円…。

1,598,000出す価値があるのか?検証④レンタカー代

ドイツにいったとき、レンタカーを借りたけど、手違いでボクスターを頼んだはずが、911になった。(しかも追加料金しっかりとられたような…)そのときの値段をはっきりとは覚えていないが、このサイトを見ると、911であれば1日あたり249€かかる。

わーぉ!( ゚д゚ )

今回の行程では2日間借りるから、あわせて8万円かー。

1,598,000出す価値があるのか?検証⑤その他

ポルシェ博物館の入館料は大人1人8€、だから1000円ちょっと?これは意外に安い。

ちなみに、ポルシェ工場は無料で見学できるそうなのだが、個人で行く場合、予約フォームのようなものはなく、直接英語で現地スタッフにメールを送り、やり取りしなければならないそう。しかも、工場が休みの期間は見学できないし、あと返信にも時間がかかったり、何度もやり取りする必要があったりと、かなり面倒なようだ。

英語が得意な人はいいかもしれないけど、英語でのやり取りに慣れていない場合はかなり大変そう…。

詳しくはこのブログに書かれていた。
→ポルシェの工場見学の予約方法 ツッフェンハウゼン工場編1

というわけで、結論。

というわけで、費用をまとめてみると、個人で行く場合

①ホテル代 20万円
②食事代 10万円
③飛行機代 60万円
④レンタカー代 8万円(2日間借りる計算)
⑤観光名所費用 1万円ほど?
合計ざっと…100万円…( ゚д゚ )!!

個人で同じように行こうと思った場合でも、結構かかるのね。

しかも個人で行く場合は、工場も、レンタカーも、ホテルも、何もかも、英語で全て自分で予約しないといけないし、工場見学についても、きっと解説は英語だろうから、わかったようなわからんような感じで終わるんだろう。観光名所でもチケット買うのに並ぶだろうし、面倒なことが多そう。

それを、添乗員さんや、専属のスタッフさんが全てやってくれるのは、かなり有難い。(学生の頃は面倒なことも含めて自分たちで作る旅が楽しかったけど、年重ねるとそういうのがもうめんどくさくなるw)

あと、なんといっても、ポルシェ好きな人たちと一緒にツアーを巡る経験は、きっと一生の思い出になるはず。日本にいたら出会えなかった人ばかりだろうし、その人達の人生観や、生き方や、ポルシェ愛に触れることで、きっとまた帰国後「また仕事を頑張るぞ!」というモチベーションになるだろうし、そこから先一生の付き合いになる友も見つかるかもしれない。

なんかそんなこと考えていたら、むしろ150万円って安いんじゃないか…という気すらしてきた。(実際払うのは無理やけどな)

だって150万円する高級時計とか、高級バックがあるくらいだから、それに払うなら、このツアーに払ったほうが断然価値があるように思う。めちゃくちゃ高い買い物なのに、なんだか安くさえ感じさせるポルシェの凄さが、このツアーでも発揮されているようだ。

夫に聞いてみると「ニュルブルクリンク走れるんやったら行きたいけどなー(゚∀゚)」と言っていたので、来年あたりその工程が含まれた内容になっていたら、本気で行ってしまいそうだ(私は子ども達いるから留守番だろう)

というわけで、ポルシェトラベルエクスペリエンスツアー2018、詳細はこちら

どなたか行かれた方は、ぜひ感想教えてください(笑)

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. 人生を

    こんばんは。
    度たびですいません。

    トラベルエクスペリエンス、ちょっと高いですね。
    やっぱり、一人で勝手に行きますかねー。団体で走ってて眠気が来たらどうするんだろう。
    そもそも大人数好きじゃないですし。

    9月の生産枠が取れたそうです。11月末から12月あたりの納車になりそうです。
    それまでどのように我慢するのか教えてほしい。

    70周年フェアに(仕様確定に)行ったら、パナメーラのペパーウェイト
    貰いました。コースターももらったけど。

    ひとつお願いがあります。時々ドラクエに引っ掛けた話を書かれていますが、
    ヤメテ戴きたいな、と思っています。ピッタリ過ぎて超ウケテしまいます。
    >「戦わないやつに会心の一撃は出せない」(爆!!!!)
    とか・・・。

    引続き、楽しみに読ませて戴きます。

    • Mina

      いつも有難うございます!
      確かに…ポルシェで走行できるとはいえ、冷静に考えてみると、ロマンチック街道をかっ飛ばすことはできなさそうですよね…(*_*)
      どんな人が参加するのか気になります〜

      >9月の生産枠が取れたそうです。11月末から12月あたりの納車になりそうです。
      それまでどのように我慢するのか教えてほしい。

      おぉ!おめでとうございます!そうか…ポルシェって7月から9月初旬で工場もお休みするとかですよね、、、
      でも年内に納車は楽しみですね^^!
      それまでは、、ディーラーで試乗しまくるとかでしょうか…(笑)

      >ひとつお願いがあります。時々ドラクエに引っ掛けた話を書かれていますが、
      >ヤメテ戴きたいな、と思っています。ピッタリ過ぎて超ウケテしまいます。
      有難うございます(笑)ドラクエ世代なので、ついなんでもドラクエで考えてしっくりくる癖がついてます。
      引き続きよろしくお願いいたします!