ポルシェトラックエクスペリエンス「Warm Up Light +」に参加してきた!

ポルシェのある生活

ポルシェ トラック エクスペリエンス

先日の記事で、6月15日(土)・16日(日)に富士スピードウェイで開催された「ポルシェ スポーツカー トゥギャザーデー2019」に行ってきたことを書いたが、15日の午前中に「ポルシェ トラック エクスペリエンス」にも参加してきた。

「ポルシェ トラック エクスペリエンス」とは、ポルシェオーナーのための「セーフティ&スポーツドライビングプログラム」だ。ポルシェというクルマを巧みにコントロールできる運転技術を磨くとともに、ポルシェをより深く理解するトレーニングの場として毎年開催されている。

ポルシェトラックエクスペリエンスには、レベルに応じて数種類のプログラムが用意されているが、私はその中でもスポーツドライビングの基礎を学ぶ一番ベーシックなプログラム、「Warm Up Light+」にパナメーラターボで参加することにした。

何度もプログラムを受講したことがある夫に数年前から、

Minaちゃんも絶対行ったほうが良い!行くべきやって!

とずっと言われ続けてきたが、行くなら子どもたちを誰かに預けて、富士スピードウェイに前日入りすることも含めて2泊3日でのぞまないといけない。興味はあったが、そこまでして参加するほどのモチベーションが無いまま時は流れ…今回はちょうどイベントに合わせて開催されるということで、この機会に受講してみることにした。

今回私が受講した「Warm Up Light+」は、通常の「Warm Up」のプログラムが半日に凝縮された特別なプログラムだ。カリキュラムは「スポーツドライビング基礎講座」「ウェット定常円旋回」「ABSブレーキ」「パレードラン」。

このポルシェトラックエクスペリエンスは、募集開始早々にキャンセル待ちになってしまうほどの人気プログラムだそうで、私も4月25日12時の予約開始直後にネットで申し込みし、無事に受講できる運びとなった。

ちなみに、事前に届いた資料には、

・参加車両の部品が純正であること
・タイヤはポルシェ公認のNコード付きタイヤであること
・タイヤの残り溝があること、傷や異物刺傷が無いこと、ブレーキパッドの残量があること(ポルシェディーラーにて6ヶ月点検レベルのメンテナンスチェックを受けることを推奨)
・当日はドライビンググローブを着用すること

といった注意書きが書かれてあった。つまりはそれだけ、車両をギリギリの状態まで追い込んだカリキュラムを実施するということなのだろうな。

わが家のパナメーラは、参加する1ヶ月ほど前にたまたまタイヤがパンクし、ディーラーで修理してもらった際にオイル補充をし、タイヤの残り溝の確認もしていたので、自分たちで車両のチェック項目を確認した上で参加することにした。

Warm Up Light+開催当日

そして6月15日当日。天気は、あいにくの大雨…っていうかはなから雨だと思ってたよw 雨天決行とは書いてあったけれど、こんな状態で果たして開催できるのか?と思いつつ、早朝に会場へと向かった。

到着後、まずは受付へ。受付で「誓約書」と「メンテナンスチェックシート」を渡すと、当日のゼッケン番号が手渡されたので、決められた座席に座った。夫と娘たちは、同伴者(見学者)ということで、後ろに用意されたテーブルで一緒に待たせて頂くことになった。

そして席につくと、隣の方から声をかけられた。

「もしかして、Minaさんですか?」

はい!」と答えてご挨拶をしたところ、なんとその方は、日頃からやり取りしているtwitterのフォロワーさんだったのだ!

席が隣だなんてなんという偶然!夫も交えて色々お話させて頂いたが、有難いことにこのブログをきっけかにポルシェを購入され、今回はそのマカンSでご参加とのこと。

なんだか嬉しいなぁ〜。

そうこうしているうちに開始時間になり、まずはインストラクターの紹介があった。インストラクターは、世界のレースやル・マンで戦い勝利した経験のあるレースドライバーの方や、PCCJ(ポルシェ・カレラカップ・ジャパン)の元レーサーの方など、とても豪華な顔ぶれだったので驚いた。

その後は田中哲也チーフインストラクターによる「スポーツドライビング基礎講座」がスタート。田中チーフいわく「今日は大雨ですが、大雨でポルシェのフルブレーキを体感できる機会などまずないので、皆さんラッキーですよ!」とのこと。

確かに、言われてみればそうだ。今回ばかりは雨女で良かったのかもしれないw

続けて、ドライビングポジションの説明があったが、正しいドライビングポジションは、私が思っているよりもずいぶん手前だった。ステアリングの9時15分の位置を両手で持ち、ひじやひざが90度になるように調整する。そうでないと、急旋回等したときに、腕が伸びてしまってうまく運転ができなくなるそうだ。

次に、ABSについての説明。田中チーフが「ABSについて説明できる人いますか?」と会場に投げかけられたところ、完璧に回答した参加者の方がおられた。すごい…

ABSとは、アンチロック・ブレーキシステムの略だが、緊急ブレーキ時のタイヤのロックを防ぎ、ステアリングを回すことができるシステムのことを言う。通常タイヤがロックしてしまった場合、その状態でステアリングをきってもタイヤが反応せず、そのまま真っすぐ突進してしまい、大事故に繋がることもある。

ABSがあればタイヤがロックしないので、ステアリングをきっても、曲がる力が多少は発揮され危険を回避できる。ABSという言葉は何回も聞いているけど、全然分かってなかったなぁ…勉強になった。

その後は雨のため屋内で記念撮影をし、車両へ移動。さぁいよいよだ!

定常円旋回

夫と娘もクルマに乗り込み、事前に渡された無線機をドアポケットに置き、車内からゼッケンをはり、並んで、指示を待った。

すると、

はい、今から無線機の確認をします。一台一台聞いていきますね。聞こえますかー?はい、聞こえますかー?

というインストラクターの声が聞こえてきた。「聞こえますかー?はい、聞こえますかー」と言う声がずっと聞こえてくるので、「あれ、これってもしかして返事しないといけないやつ?」と思い、

「はい!聞こえますッ( ̄ー ̄)!」

と大声でいうと、夫が、

いやいや、さっきの説明でこっち側の声は向こうには聞こえへんってゆーてたやんw

と大爆笑していた。そ、そうだったっけ…(-_-)全然聞いてへんかった。

その後、2組にわかれてそれぞれのポイントに移動したが、私たちの組はまずはウェット定常円旋回を行うことになった。通常であれば水をまいて行うが、この日は大雨なのでその必要は無かったわけだw

1日カリキュラムであれば「定常円旋回しながら、PSMがONの状態ではスピンしない、PSMをOFFにするとスピンする」という違いを体感するそうだが、今回の「Warm Up Light+」ではいきなり「PSM OFF」状態で定常円旋回を行うことに。

まずはPSMのスイッチを長押しで解除し、スポーツプラスモードにして、シフトレバーをマニュアルモードにし、1速のままで旋回するという説明を受けた(他の方のブログを見ると2速で旋回する方が多かったようだが、私たちは1速で行った)

旋回をスタートすると、最初はグリップが効いているので問題なく回れるが、アクセルを踏んで速度をあげると次第にアンダーステア気味になり、そこでアクセルを離すとスピンをするというものだ。

説明を聞いただけではイメージが湧かなかったが、幸い私は順番が最後の方だったので、皆さんの走行を見ながら勉強させてもらうことが出来た。皆さんの走りを見ながら、耳からインストラクターの指示やアドバイスが聞けるので、とてもわかり易かった。

そしていよいよ私の番。直前に田中チーフから「パナメーラの場合は、1速ではなく、2速になるかもしれませんが、まずは1速で行きましょう。あとパナメーラターボは四駆なので、スピンはしにくいかもしれません」というアドバイスを受け、まずは1速でチャレンジ。

右回りでも左回りでもいいので好きな方から回りましょうー。はい、では旋回して、ステアリングの角度を調整してー。ステアリングの角度が決まったら、徐々にアクセルを踏んで速度を上げていきましょうー

とインストラクター。言われたとおりにやってみる。

はいー、ではもっとスピードあげてー、もっとあげてー

と言われ、アクセルペダルを踏み込んでいく。

はいーまだグリップきいてますよーまだまだいけますよーはい、まだまだ速度あげてー

と。言われたとおりにやっているが、アクセルペダルは既にベタ踏み状態である。

はいーもっとあげてーもっとアクセル踏んでー

先生!もうベタ踏みです、これ以上踏んでも何も起こりません(゚д゚)!」と車内で言ったところで聞こえるはずもなく、1回目はそのまま終了。

そして窓を開けて「すみません、今1速だったのですが、既にベタ踏みでこれ以上は無理でした…」と言うと、「そうですか、すみません、では次は2速で行きましょう!」ということでギアを2速にし、まずはステアリングの角度を決め、ゆっくりアクセルを踏んで加速していく。

はいーまだグリップきいてますよーもっとスピードあげてー。

既に遠心力がすごく、これ以上スピードをあげるのは怖すぎたが、パナメーラを信じで、勇気を出して速度をあげていく。

いいですよーだんだんグリップがきかなくなって、アンダーステアが出てきましたーいいですよーいいですよー

こうなると、今自分がどう走ってるのか、何が起こっているのか全くわからず、高速メリーゴーランドという名の絶叫マシンに乗っているようだった。すると、インストラクターから、

はい!ではその状態でどこかでアクセルゆるめてー!

と。言われたとおりにアクセルをゆるめると、パナメーラがぐぉぉーんとスピンして、止まった。

……こ、…怖かった…。

おぉーパナメーラでもスピンしましたね!いい感じです!!では元の列に戻って待っていて下さい〜

と言われたが、恐怖と安堵でしばらくは放心状態でクルマを移動させていた(笑)ちなみに、最後にアクセルをゆるめる時にハンドルを戻してしまうと、うまくスピンしないそうだ。

ちなみに、GIF画像であらわすとこんな感じ(夫が作ってくれた)

そして次のターン。皆さん、恐怖に打ち勝ちコツが掴めてきたのか、とてもうまくなっておられて、上達度合いが半端なかった。そしてまた私の番が。1回目で少し要領を掴んだ気がしたので、2速で加速し、アクセルを緩めるとスピンしてくれたのだが…

今のは、パワーが出すぎてスピンした感じで、ちょっと今回のカリキュラムの趣旨とは違うので、もう一度行きましょうか。アクセルを徐々に踏んでいきましょう。急に加速すると、パワーでスピンしてしまいますので。

と。なるほど…そういうことか。言われたとおりにやると、なんとかうまくでき、定常円旋回のカリキュラムは無事終了。

歯を食いしばっていたので、気づけば顎がめちゃくちゃ疲れていた。が、逆に、ここまでしないとスピンしないパナメーラターボの性能の凄さを実感した。大雨の日に、2速のまま、アクセルベタ踏みでずっと周り続けることなんてまず無いからなぁ…いやはや、本当に良い体験ができた。

次ページ→パナメーラターボ、フル加速からのフルブレーキを体感!サーキット走行も!

急制動

その次は、場所を移動し、ABSブレーキの実習。時速80kmからフルブレーキをかけ、その先にあるポールを左右によけるカリキュラムだ。事前に「とにかくブレーキを強く踏み切ること、途中で抜かないこと」というアドバイスを受けた。

この実習でも、無線機からのアドバイスと、発進前に窓越しに、田中チーフから直接一人ひとりアドバイスをもらえるのが良かった。

最初はまずは50km/hで練習。スピードはずいぶんゆっくりだったが、私はそれでもびびって、ブレーキポイントのかなり手前でブレーキを踏んでしまった。2度ほど50km/hで練習した後、田中チーフから、

ブレーキポイントに入ってからブレーキを踏むことを意識しましょう。あと、最初にブレーキを踏む時、踏力でもっとぐっと踏み込むように。

とアドバイスを受け、いよいよ80km/hめがけて発進。スポーツプラスモードのパナメーラターボで80km/hまで加速し、そこからフルブレーキ!

今度は、なんとかうまく出来た。

今回の参加者の皆さんはとても上手で、インストラクターの方も

「皆さんの運転技術が素晴らしいのか、はたまたポルシェの性能が素晴らしいのかわかりませんが(笑)…80km/hだと皆さん余裕ですね。では、次は83km/hあたりまで速度をあげて、ブレーキポイントも気持ち奥にしてみましょうか。

と。フルブレーキよりも、83km/hにするっていうのが難しい(-_-)と思いつつ…

今度は今まで以上にパナメーラのアクセルをぐいっと踏み込んでみると、過去に味わったことの無い加速感で、体がシートに押し付けられ、4LV8ターボエンジンの凄まじい咆哮とともにシフトアップの瞬間に車両がちょっと浮いたような感じすらした。

こ、怖い…(゚д゚)!

今何キロか分からんけどとりあえずブレーキ!」と思ってブレーキを踏み込んだが、恐怖のあまりだいぶ手前でブレーキを踏んでしまっていた。インストラクターからは、

速度を上げるのはよかったけど、それに気を取られてブレーキが手前になってしまいましたね。次はブレーキをもっと奥で踏んでみましょう!

と。

この時点ですでに手汗が半端なく、歯を食いしばっているため顎が疲れて、魂もだいぶすり減っていたが、その後もアドバイスを意識してブレーキポイントの奥でフルブレーキをかけると、ほんとにギッリギリで、なんとかポールを回避できた。

いいですよー!ナイスチャレンジ!ギリギリでしたねー!!

と。知らなかったのだけど、急ブレーキをかけると自動でハザードランプが点灯するのだそうだ。

ちなみに、後でメーターを確認すると、この実習で「1G」かかっていたのだが、夫は「大雨の中で、これだけのGがかかるのは凄いと思う。特にブレーキは、晴れの日のボクスターGTSと同じくらいやし、加速Gは全然パナメーラが上や。と言っていた。

私としては「もう十分フルブレーキの感覚を味わったのではやく終わりたい(-_-)」というくらい怖かったのだが、そこから10回ほど走行を繰り返しただろうか。その都度、

今の良かったですよ!でもまだもっといけますね!速度は今のままでいいので、次はもっと奥でブレーキを踏み込んでみましょう!「怖い!」という感覚を感じるくらいでいってみましょう!

ナイスチャレンジ!では次はステアリングきるタイミングをもう少しはやめて、ポールをちゃんとよけてみましょう!

と、どんどん出てくる課題をなんとかこなしつつ、さすがに精神的にももうかなり疲れてきたところで、

「はい!泣いても笑っても、あと2回です!」

というアナウンスが。良かった…あと2回で終われる。

ただ本当に泣いても笑ってもこれが最後なので、残りの2回は、思い切って速度をあげて、奥でフルブレーキ、そしてステアリングのタイミングを気持ち速く、と心がけたが、結局ポールを巻き込んだりぶつけたりしまくったw

カリキュラムが終了する頃には、精神的にも体力的にもへとへとになっていたが、アドレナリンが出ていたのか気持ちはかなり興奮していて、クルマに戻ってきた夫に、

めっちゃ鳥肌立ったわ!ほんまにすごいわ!!すごかったわ!

と、すごかったを連発しまくって状況を説明していると、最後のカリキュラムであるパレードランの時間になった。が、その時点で雨が相当ひどくなっており、サーキットではPCCJ予選の中止が決まったというアナウンスが流れていた。

まじでか…パレードランは大丈夫なのだろうか…と30分ほど待っていると「レースは中止になったが、速度を落としたパレードランは開催可能」ということになり、いよいよサーキットへ足を踏み入れる。

普段から、カーゲームのレースで死ぬほど富士スピードウェイを走っている夫が助手席にいたので、

「本来ならばここでフルブレーキ、そしてあのオレンジのところを目指して走るんや!」「このコーナーはあの芝生にそって、そしてできるだけ直線的に向こうのコーナーまで行って…」

とか言ってくるので、若干隊列から離れたコーナリングをしてしまったけれど…(笑)、でも昨年初めて富士スピードウェイを走ったときに比べると、ずいぶん落ち着いて走ることが出来た。これもポルシェトラックエクスペリエンスの成果だろうかw

サーキットを3周し、大満足して後部座席を見ると、子どもたちはなぜか爆睡していたので(w)、あわててエルゴの準備をして次女を抱っこし、修了式の行われる会場へと向かった。

ポルシェはすごい!

修了式の会場でアンケートを書きながら、この日出会ったtwitterのフォロワーさんと「疲れたけど楽しかったですね〜」などとお話していると、インストラクターの方が全員に向けて「今日は楽しかったですか!?」と質問。

するとほぼ全員が「楽しかった!」と手を挙げる結果となった。

でもお世辞でも何でも無く、本当に楽しかったし、怖かったけれど、それを上回る楽しさがあった。大の大人がこんなに興奮して楽しめるなんて、日常生活ではなかなか無いのではなかろうか。

修了式では「今回は、3名の方に敢闘賞が送られます」というアナウンスがあり、ボーッと聞いていたところ、なんと「モービル1賞」の時に自分の名前が呼ばれて、かなり驚いた。田中チーフインストラクターからは、

「パナメーラでスピン、ナイスチャレンジでした!あと、お子さんを抱っこしてここに立った人は初めてですね(笑)」

と。ナイスチャレンジ!と言って頂けて嬉しかったけど、実際は死ぬほど怖かったけどなw

そしてこの回にはなんと御年83歳の方が参加されており、表彰されていたが「83歳でもポルシェを乗りこなし、ポルシェトラックエクスペリエンスに参加して腕を磨かれる」なんて素敵すぎるし、私もそんな風に歳を重ねたいなと思った。

今回、ポルシェトラックエクスペリエンスの「Warm Up Light+」を受講してみて、とても楽しく、かつ良い勉強になった。また、素人相手にここまでギリギリの実習カリキュラムが組まれているということは、「それだけポルシェの性能が高く、どのような状況においても高い安全性を発揮できる車だ」という自信がポルシェ側にあるということなのだろう。

また、今までの私は「ポルシェの持つ力を全く知らずに普段走っていた」のだということも分かった。大雨の中フル加速し、そこからフルブレーキをかけてもしっかり止まり、しかもその後ハンドルをきってポールを避けられるなんて、いやはやポルシェは本当にすごい。

ポルシェのクルマとしての限界値は、自分が思っている何倍も、まだまだ先にあると感じた。

また一方で、クルマを運転していてこんなに「怖い!」感じたことも初めてだった。定常円旋回の時は「事故して死ぬ前ってこんな感覚なんだろうか…」という気持ちにさえなったし、フルブレーキ時のGのかかり具合も、今思い出してもまだ鳥肌がたつくらいだ。

だからこそ、普段からよりいっそう安全運転を意識しようと改めて思った。

そして、この日の夕方。富士スピードウェイからホテルへの帰り道、自分で言うのもなんだけど、運転が少しうまくなったような気がした(笑)。ドライビングポジションも今までとは全く違っていたし、山中湖の山越えの道もとても運転がしやすく、ようやくパナメーラと一体になれたような感覚を味わうことができた。

このポルシェトラックエクスペリエンスの「Warm Up」に参加した後、最終的にはPCCJ(ポルシェ・カレラカップ・ジャパン)のレース出場にまで上り詰める人もいるそうだ。私に関してはそれは絶対ありえないけれど(サーキットでフルブレーキとか怖すぎて無理だ)、でも次のステップのプログラムにも、機会があればぜひ参加してみたい

読者の皆さんや、ポルシェオーナーの皆さんも、ぜひポルシェトラックエクスペリエンスを受講されてみて下さい。ポルシェライフが今より数倍充実すること間違いなしです!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. PorscheDreamer

    Minaさんこんにちは。
    Track experienceうらやましい限りです。

    念のため質問させていただきます。
    「定常円旋回しながら、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)がONの状態ではスピンしない、PASMをOFFにするとスピンする」という違いを体感するそうだが、今回の「Warm Up Light+」ではいきなり「PASM OFF」状態で定常円旋回を行うことに。」
    とあるのですが,これは本当にPASMなのでしょうか。PASMはsportかnormalでOFFというのはないような。
    後半はPSM(Porsche Stability Management)になっていますので,こちらなのでは・・・

    • MinaMina

      PorscheDreamerさん
      >Track experienceうらやましい限りです。
      九州からだとかなり遠いですが…もし機会があれば、ぜひ行かれてみて下さい。本当にすごかったです…

      >PASMはsportかnormalでOFFというのはないような。
      >後半はPSM(Porsche Stability Management)になっていますので,こちらなのでは・・・
      大変失礼いたしました!
      ご指摘のとおり「PSM」の誤りでした!修正させて頂きました。
      引き続きよろしくお願いいたします。