Nobody’s Perfect.というポルシェの広告に込められたメッセージ。

ポルシェパナメーラの内装
ポルシェニュース
Nobody’s Perfect

ポルシェのこんな広告を見つけた。

Nobody’s Perfect.という言葉の下に、「1983ル・マンリザルト」という表記がある。

そう、これは、1983年のル・マンのレースの結果が記載されたものだ。1983年のル・マン24時間レースで、1位〜10位のうち、9位をのぞいた全てをポルシェが独占していることが分かる。普通に見ると「へぇ〜」って感じなのだが、ル・マン24時間レースで勝つというのは、並大抵のことではない。

昨年のル・マン24時間レースでは、解説者も、ドライバーやチーム関係、観客も、誰もがトヨタの勝利を確信していた。ところが残り僅か3分というところで、先頭をいくトヨタ車にマシントラブルがあり、最終的にポルシェが勝利した。

雪辱を果たすべく臨んだ今年のル・マン。社長自ら応援にかけつけ、予選では好調だったトヨタだが、本番ではマシントラブルが起こり、結果的にはポルシェが勝利した。ル・マンについては、このサイトの説明が分かりやすかった。

「ル・マン24時間レース」という名前はどこかで聞いた事があるでしょうか?このレースは24時間耐久でレースをする非常に過酷な伝統あるレースです。 ドライバーは交代で運転しますがレーシングカーはまさに24時間耐久での走行です。 スピード・耐久性・安全性などレーシングカーとしての究極を試されるレースです。 通常のカーレースでは1・2フィニッシュといって1位2位を独占する事すらかなり難しい世界。そこで24時間の長丁場でも10位中9台も入賞する事は奇跡に近い偉業です。 

Casa Carrera Creative Compass – topic vol.04 – カーサカレラ クリエイティブ コンパスより引用

改めて、すごい偉業だ。

24時間、全速力で走り続けることに耐えうる車を作り、勝利するのは、それこそ至難の業なのだ。その上でもう一度この広告を見てみる。

Nobody’s Perfect.(誰も完璧ではない)

「ポルシェはル・マンで完璧な勝利にチャレンジしていたが、完璧な結果が得られませんでした」といった趣旨の広告だそうだが…

1位、2位を独占することすら難しいル・マンで1位〜10位のうち9位以外を独占するなんて、既に完璧と言ってもいいんじゃないか!?

と私のような一般人は思ってしまう。

でも、ポルシェはこの結果に決して満足していない。妥協なく、完全勝利してこそ、ポルシェの考える完璧だからだ。「ほら見て!ル・マンでポルシェが上位を独占してる!やっぱりポルシェはすごいだろ!?」という逆のメッセージも広告には含まれているとは思うが…

それにしても、どこまでいってもストイックに、自分たちが理想とするものを決してぶらさず取組む姿勢は、鳥肌がたつくらいカッコイイ。なんか最近ポルシェが好きすぎてどうにかなりそうだ。

いっそのこと、ポルシェディーラーの営業マンに転職しようか…(爆)

 

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。