「パナメーラが好き」に理由は無い。ただ「好き」なだけ。

ポルシェ・パナメーラ
パナメーラフリークの独り言。

パナメーラがなぜそんなに好きかと言われると、(そんなこと聞かれたこと無いけど)だいたいはこんな感じである。以前、ブログにはこう書いた。

「あぁ、パナメーラ、なんと素晴らしい車なのでしょう…。」
毎日乗っても、日々是感動。
駐車場での堂々とした佇まいといい、
王者の貫禄といい、
高速の合流の加速といい、
そのエンジンの音色といい、
ハンドルの人馬一体感といい、
アクセル踏んだ分だけ忠実に加速する感じといい、
地面の接地感といい、
安定感といい、
どっしりした巨体感といい、
それでいて重さをストレスと感じさせない走りといい、
乗るだけでまるで人間の格が上がったように錯覚するくらいの雰囲気といい、
すごい、素晴らし過ぎる。
小回り効かんだろうが、
普通の駐車場停めれんだろうが、
燃費悪かろうが、
細い道通れんだろうが、
そんなことをはるかに凌駕する素晴らしい車だ。

ただ、世の中には圧倒的に911ファンの方が多い(そらそうだ)。カーグラフィックTVでも、未だに新型パナメーラのレビューは無いし、(もしかしたら色んな事情があるのかもしれないけど)ポルシェという車を知っていても、パナメーラという名前まで知っている人は少ない

なんだかこの記事を読んでも、ちゃんとした理由になっていないような…。

でも、本当に好きなものというのは、理屈じゃないと思う。

・なぜ20代の時に、周囲から大反対されてもチャレンジをしたのか
・なぜ夫と結婚したのか
・なぜ今の仕事のパートナーと一緒にずっと仕事しているのか
・なぜ今の仕事についたのか

9割くらいは言葉と理屈で説明がついても、最後の最後は何でなのか自分でもわからない。

だって面白そうだったから、

だってピンときたから、

だってやりたいから、

だってワクワクするから。

結局、説明がつかないことに突き動かされることは強く、そこには損得勘定は無い。だからパナメーラに関しても、「好きなものは好き」ただそれだけなんだ。だからこれからも、「パナメーラを買う目標に向かって、頑張って仕事をするのだー!」という決意を新たにする今日このごろである。

 

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。