「パワーがあるからいい車」というわけではないのだな。

ポルシェのエンジン
ポルシェのある生活

空回り感

以前乗っていた家族クルマは、普通の大きさのハッチバックだったのだが、結構パワーのある車だった。坂道も問題なく登ったし、加速もそれなりにちゃんとしていたが、若干空回り感があった。

私は車の構造についてはあまり詳しくないが、そんな私でも「パワーが有りすぎるがゆえに、高速安定性があまり良くないなぁ」と感じていた。高速安定性が良いと評価されている車ではあったが)まるで、5歳の子どもが、凄まじいロケットエンジンを背負って100メートルダッシュしたら足がから回ってしまったみたいな…そんな感じ?

スーパーカーやスポーツカーなら、車体を軽くして凄まじいエンジンを積んでも、バランスがとれる設計になっているのかもしれないが、普通の車だと難しいのかなぁと思った。

VWゴルフ

その後、フォルクスワーゲンのゴルフがわが家にやってきた。以前の車より馬力も少なく、重さも軽くなったので、「本当に大丈夫か…」と思っていたが、驚いたのが、以前乗っていたハッチバックと同じくらいのパワーがあるように感じ、そして乗り心地も良かったのだ。

高速道路でもピタッと安定し、坂道もすいすい走る。無駄がなく、今持っている能力を効率よく使って、安定性、乗り心地、加速、坂道での発進など、十分に力を発揮している感じだった。

もちろん、その他にも色々な理由があるし、年式も違えばメーカーも違うので、そんな単純な話ではないとは思うが、車はパワーがあるからいいというわけではない。とその時思った。

車体とパワーのバランスってすごく大事なのだなと感じる今日このごろである。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。