3時間のうち、2時間半も「車」の話をする夫婦。

車好き夫と妻の日常会話

夫婦2人の会話

昨日は偶然に、そして久しぶりに(半年ぶりくらい)、夫と2人でゆっくり食事をすることができた。夫も私もお酒を飲まないので、居酒屋や洒落たお店は好みではなく、バイキングに行った。そこでは、先週末、夫が一人でツーリングに出かけていった話から、夫が都度チェックしている、Wataさんのブログの話から、夫が「ポルシェは先生」というブログを見つけて、すっごい納得したという話まで、色んな話をした。

ちなみに、「ポルシェは先生」というブログについては、車の構造を分かっている人しか理解できない内容で私にとっては難しかったが、このような部分に夫は共感したらしい。

「このような仕組みを使うことで、ペダルの踏力を想定どおりに可変させることができる。ドライバーはこの仕組みのお陰で、エンジン回転を機械的にだけでなく、感覚的にも右足の筋肉、延いては全身全霊において心地よく自在にコントロールすることができる。四半世紀も前に、そのことの重要性に気付いて、解決策を得て、それを製品に盛り込み、おまけにココが凄いんですなどとアピールすることもなかった。それがポルシェのポルシェたる所以で、流石だと思わざるを得ないところ」

なるほど…確かにそれはそんな気がするなぁ。「ここが凄いんですなどとアピールすることもなかった」というポルシェらしさが、最高にかっこいいと思った。

あとの会話としては「やっぱり日本には、新車をポルシェの工場にピックアップするサービスは無い」という話やら、なんやかんやで3時間ほど話したのだが、そのうち2時間半は、車の話だった(どんな夫婦やねん)

あとは、子育ての話と、持ち家不要論が少しかな。

いつもなら、夫婦で3分も話せば必ず娘が割り込んできて「お父さんとお母さん、お話だめ〜」と言ってくるのだが、それがなかったので思う存分自由に話せた。

夫婦の関係性が全ての土台

お互い、父になり、母になり、子どもがうまれ、子どもが2人になり、役割が増えて、夫婦の関係性も変化してきたと思う。会話も減ったし、2人でどこかに行ったり何かをすることも、ほぼなくなった。

それでも、家族は夫婦の関係性が土台となり、そこから作られていくと思うので、お互いに努力して、夫婦仲良く、いつまでも楽しく、過ごしていけたらいいなぁと思う。

 

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。