ポルシェパナメーラの魅力、メルセデス・ベンツSクラスとの違いは?-納車まであと1週間。

ポルシェパナメーラのカタログ
レビュー・試乗記

パナメーラ、いつ届く?

ディーラーから、パナメーラを乗せた船便が日本に到着したという連絡がまだ来ない。納車は1週間後の10月12日だが、無事に届いてるんだろうか…。まさか、途中で事故に巻き込まれたとか、届いたら色が違っていたとか…気になって仕方ない。

さてポルシェパナメーラは、車格的にメルセデス・ベンツSクラスと比較されることが多い。メルセデス・ベンツSクラスといえば、ラグジュアリーセダンの先駆け的な車。

「インテリジェントドライブ」「究極の快適性」「徹底した効率向上」

をコンセプトに2013年に登場した。先代の累計販売台数は、世界で30万台を突破したそうだ。一方のパナメーラは…と思い、パンフレットをひっぱりだしてみた。(なぜか前の型のパンフレットしかなかった)

パナメーラのパンフレットにて

1ページ目をひらくと、パナメーラのコンセプトが書かれていた。

“Day and Dream”

「あれ、そんなコンセプトだったっけ??」そしてそこにはさらにこう書かれていた。「相反する要素をより高い次元で融合させる、ポルシェ不変のコンセプトに貫かれた一台、パナメーラ。」

そうだ、パナメーラの凄さは、

「実用性」と「走りの楽しさ」
「効率性」と「パワー」
「ダイナミックさ」と「ラグジュアリー」

といった相反する要素を、どちらも満たしているところだと思う。それこそが、パナメーラの大きな魅力なのだ。

メルセデス・ベンツSクラスとポルシェパナメーラターボの違い。

と、こんなブログ記事があった。
「新型Sクラスを借りてみました」ごろん♪のブログ

読んでみると、メルセデス・ベンツ新型Sクラスを運転して感じたことと、ポルシェ・パナメーラターボとの違いがこんな風に書かれていた。

走りを目的としたポルシェと比較するのは間違っているのでしょうが、パナメーラターボだと、右に左にとカーブの続く生駒山スカイラインを走っても、とても快適で楽しいドライビングが楽しめます。

あらためて、パナメーラってすごい。まぁ、なにがいい悪いではなく、自分にあった一台を選ぶことが大事なのだが。

ということで、納車日まであと1週間!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。