「身の丈にあった生活」なんて言ってて、パナメーラが買えるか。

ポルシェ 新型パナメーラターボのホイール
ポルシェのある生活
分相応、身の丈にあった人生。

先日前職の先輩が、職場の社長から誕生日にこんなメッセージをもらったと投稿されていた。人間は「年齢相応」「地位相応」に成長していかなければなりませんよ。と。確かにそうだ。また以前ある人が、

「自分の娘がアイドルになりたいと言ったら、絶対反対する。もっと現実を見て、身の丈にあった人生を送りなさいと言う」と言っていた。

なるほど。

実際世間では、「身の丈にあった生活をしなさい」「分相応にしなさい」とかいう言葉をよく聞く。確かに、給料が20万円なのに、何十万もする高級ブランドバックを買って、借金してまでタワーマンションに住んでいるような人がいたら、「もっと身の丈にあった生活をするべきだ」と誰しもが思う。でも私個人的にはだが、「身の丈にあった生活をする」「分相応に生きる」というのは、聞こえはいいけれど、それは単にチャレンジしない言い訳のように聞こえる。

やってみて初めて分かるもの。

なぜなら、本当の意味で自分の身の丈を知るには、多くの失敗経験が必要だからだ。(それらの経験が後に生きるなら、それは失敗ではないと思うけど)時には身の丈にあっていないことをしてみたり、無謀なことをしてみたり、それで、ぶつかって、傷ついて、血を出して、痛みを知って、恥をかいて、それでようやく、自分の身の丈を、実力を、知ることができる。

自分はもっと出来ると思ってたのに、まだまだ通用しなかったとか、世界は広いとか、人生で大事なものが何かとか。そこではじめて、人生がスタートするような気がする。…私の場合はそうだったと思う。(私の場合、ちゃんと人生が始まったのは20代後半になってから。それまでは適当に生きてたので正直あんまり記憶が無い。爆)

ただし色々チャレンジした上で、身の丈にあった生活をする選択をするのは、重みが違うし、逆に素晴らしいことだと思う。修行を重ねたお坊さんや、試練を乗り越えてきた経営者の方など、1周回ってそこに戻ってきた方の言動は、深いし、すごい。

ポルシェを自分で買うのだ!

今の私が、夫のお陰でパナメーラターボに乗ることが出来たり、「ポルシェを自分のお金で買うんだ!」と発言していることについて両親からは、

「そんなことばっかり言って。身の丈にあった生活も大事や。世間で35歳の2児の母っていったら、普通はそうじゃないんやからな。」

と言われることがある。確かにそうかもしれない。でも私の身の丈は、世間が決めることではなく、私が決めることであって、それは私が、ポルシェのパナメーラを自分で買う経験や、その他自分が思う目標を達成したり、色んな経験をして初めて分かることなんだと思う。(そこまでせんでも分かれよっていう感じだが…爆)

私が好きな言葉。

人生、やってみないとわからない。やったことしか残らない。

だから結局、「仕事を頑張るぞー!!」という話。チャン、チャン。

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese