パナメーラターボ納車から2ヶ月経ち、今、思うこと。

ポルシェ 新型パナメーラターボ 
レビュー・試乗記
アメリカ出張から帰国した夫がしみじみと。

昨日、夫がアメリカ出張から帰国するということで、幼稚園のお迎えの後、パナメーラで関空に迎えに行った。帰りは夫が運転することになったのだが、関空の駐車場を出るなり夫がこういった。

「やっぱりポルシェはすごいわ。接地感が違う。いやほんますごいわ。」

このセリフを、まるで壊れたレコードかのように、何回も連呼していた。

アメリカではGLSをレンタカーで借りて移動していたそうで、GLSももちろん良い車なんだが、接地感や、走りの楽しさや、助手席や後部座席での感覚など含め、ポルシェが上回っているそう。(GLSはSUVなので、本来はカイエンと比べるのが正しいかもしれないが)

パナメーラターボ納車後2ヶ月で感じること①

そんなこんなで、10月12日のパナメーラ納車から、もうすぐ2ヶ月が経つ。まだ2ヶ月かぁーもうわが家の一員になって半年以上経つ気がするなぁ。この2ヶ月で思うことは、大きく2点だ。

1点目は「乗る度に感動する」ということ。何度乗っても、乗る度に、毎回感動する。この乗り味。この滑らかさこのエンジン音。この加速。そんなのすべてもう体験済みで知ってるはずなのに、乗るたびに感動するし、飽きない。

乗れば乗るほど、もっと乗りたくなる。

普通、高級なお肉というものは、食べる量は少しで、たまにでいいと思う。毎日食べると胸焼けしそうだが(ってそんな高級肉食べたこと無いからわからんけど)パナメーラターボは一切胸焼けしない。本当にすごい。

パナメーラターボ納車後2ヶ月で感じること②

2点目は、「パナメーラターボが威力を発揮する機会が無い」ということ。日常生活では、皆無といっていいほどだ。まさかここまでとは…。

パナメーラターボは、高速道路でアクセルを5ミリほど軽くふんだだけで、1○0km/hくらい(ご想像におまかせします)余裕で出てしまう。だから高速道路で、速度の遅い車を左の走行車線から追い抜く場合でも、少しアクセルをふんだだけで、簡単に追い抜けててしまう。

また、普段よく使う阪神高速は、覆面やオービスが多いので(今日も1台捕まっていたな)100km/h以上は出せない。まぁ普通の高速道路でもそれ以上出したらだめなだけど。

また、ワインディングロードでの走行に関しても、パナメーラでも楽しいけれど、残念ながら私は十分なドライビングテクニックを持ち合わせていないので、パナメーラターボを完全に解き放つことはできず…(爆)

伊吹山や伊勢あたりの道にいくと気持ちよく飛ばせるんだろうけど…また先日の箱根ターンパイクや、富士山の周りの道は、長い直線や適度なカーブの組み合わせで、とても気持ちがよかったな(大雨やったけど)でも、なにせ遠いしなぁ。

また、サーキットに走りにいく機会もそうない。鈴鹿サーキットの走行イベントや、ポルシェドライビングスクールでの富士スピードウェイ走行もあるけれど、それも年に1回行けるかどうか。

というわけで、日常生活で、パナメーラターボの力を発揮する場面が無いのは、買う前から分かっていたはずだが、まさかここまでパワーがある車だとは思っていなかった。

これでは買った意味が無いから、もっと道を調べて、走りに行かないとだめだなぁ。関東や九州はいい道が多そうだけど、関西でもまだまだいい道がありそうだから、調べて走りに行くのもありかもしれない。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. sutearing-bouya

    Minaさん、こんばんは。
    芦有ドライブウェイをよく走っているみたいですが、峠を走るのは好きなんですね。
    もうすぐタイヤが新品に生まれ変わるので、慣らしが終わると来年は芦有を走りますよ^^
    20代によく走っていたんですが、関西で有名な所と言えば、和歌山の高野山ですよ。
    龍神スカイラインに行ってみてはどうですか?
    パナメーラなら楽しいと思います。
    最近は奈良の葛城山のあたりを休日に走っています。
    来年はタイヤとブレーキパッドが新品になっているので、本格的にドライビングスキルが上がるように峠を走って練習します^^

  2. panamera-life

    すてありんぐぼうやさん
    有難うございます!
    なるほど!龍神スカイラインは良さそうですー!
    冬はもう閉鎖ですかね、、
    春になったらぜひ行ってみます^_^