ポルシェが「718ケイマンT」「718ボクスターT」を発表!

ポルシェ・ケイマン

718ケイマンT/ボクスターT

ポルシェは本日、新モデルとなる「718 ケイマン T」「718 ボクスター T」を新たに発表した。「T」とは、「Touring(ツーリング)」の略で、最も純粋で、軽量化が図られたモデルだ。今までに「911カレラT」はあったが、718で「T」が発売になるのは今回が初めて。

718 Tの仕様は?

ポルシェニュースルームのサイトから分かる、「718 ケイマン T」「718 ボクスター T」の仕様に関しては、以下の通りだ。

エンジン/性能

搭載されているエンジンは、ともに「2.0L水平対向4気筒ターボ(300ps)」。最大出力発生回転数は7,500回転、最大トルク380 Nm、0-100kmまでの加速は5.1秒(PDK:4.7秒)、最高速度は275km/hだ。

トランスミッション

6速MTの他に、オプションでPDKを選択することも可能。スポーツクロノパッケージは標準装備だ。ステアリングホイールのModeスイッチを使って、Normal、Sport、Sport Plus、Individual drivingモードを選択することができる。

ボディ

車両重量は、1,350kg(PDK:1,380kg)。通常の718モデルよりも、約60kg軽量化されている。PASMスポーツシャシーにより、車高は20mm低くなり、存在感のある20インチアロイホイールが装着されている。また両サイドには「Boxster T」または「Cayman T」のロゴがあしらわれ、マフラーは、黒色にクロムメッキされたツイン・テールパイプとなっている。

ボディカラー

ボディカラーは、黒、インディアンレッド、レーシングイエロー、ホワイト、キャララホワイト、ディープブラック、GTシルバーメタリックカラーから選ぶことができる。また特別色として、Lava OrangeとMiami Blueをオプションで選択することができる。

インテリア

軽量化のため、ドアノブはレーシングポルシェ伝統のストラップ(ベルト)式で、ヘッドレストには718の赤い刺繍がほどこされている。直径360mmの「GTスポーツステアリングホイール」が標準装備。黒色のタコメーターには、「Cayman T」「 Boxster T」のロゴがあしらわれている。また、インストルメントパネルと中央コンソールも、光沢のあるブラックで、高級感のある仕上がりになっている。

走りと快適性の追求

911Tに関しては、日本にはMT車は入ってこなかったけれど、718に関してはMT仕様が標準なので、生粋のポルシェをより味わえるのだろうなぁ。ミッドシップの「T」って、運転した感じや乗り心地はどんな感じなんだろう。非常に気になるところだ。(発売されて誰か買った人がいたら助手席に乗せてもらえないかな〜w)

*記事・画像出典:The new Porsche 718 T – reduced to maximum driving 登場 ポルシェ718ケイマンT/718ボクスターT 2ℓフラット4搭載 走りと快適性追求

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。