ポルシェ 911 素のカレラ カブリオレ(992型)が納車され500km走った感想

911 カブリオレ アベンチュリングリーン
992型

夫が、納車後の911カブリオレで走った感想について、記事を書いてくれた。よろしければぜひご覧ください。

911カブリオレ(992)の第一印象

早いものでわが家にポルシェ911が来てから半月ほど経った。あまり長距離らしい長距離は走れていないが、合間を見つけては乗り、ちょうど500kmほど走ったところでの印象をレポートしてみたい。

まず最初に、納車して受け取り、走り出した瞬間の印象から話そうと思う。実はこの時の印象はかなり悪かった。正直に言おう。「あー、これは1年以内に売ろうかな」というのが、第一印象だった。

と、いうのも、かなり足回りがコツコツとしていて、路面の凹凸やうねりをよく拾う。ディーラーから出て、渋滞中の国道を走っている途中で、「何これ?GT3?いや、PASMスポーツシャシーでも付いてる?」と思うほどだった。

992型はフロントが15%、リアが14%ほど先代より固められた足を持つというが、それにしても固い。いや渋い。

すぐにTPM(タイヤプレッシャーモニタリングシステム)を確認し、空気圧を見る。空気圧設定は標準プレッシャーになっており、空気圧偏差をみると、0.1barほど標準値より高いと出ている。まぁ、少し高めにせよ、空気圧は適正値の範囲内だ。

それに今回のクルマは敢えて乗り心地を重視し、19/20インチのカレラ標準ホイールを選択している。にもかかわらず、このコツコツ感は、ちょっと酷い。

気を取り直して、これが空気圧からくるものなのか、それとも新車特有の可動部の渋さからくるものなのかを分析しながら、クルマを走らせた。

スピードを出していくと、乗り心地はそれなりに改善されていく。ある程度、流れている国道レベルのスピード域なら、それほど不満は無い。とはいえ、981ボクスターGTSよりもハッキリと足は固く、コツコツと振動は伝えてくる。

そう言えば、昔、ド新車の先代991.2の素の911カレラカブリオレを試乗させてもらった時も、同じように思ったことを思い出す。その時の印象のメモを読み返すと、『街中では硬めでコツコツするけど、スピード出したらいい感じ』という印象だったので、同じような感じだ。

それに981ボクスターGTSを購入し、最初に高速道路を乗った際も、それまで乗ってたSLK350よりハンドルに伝わる微振動が大きく、念の為、ディーラーにホイールバランスの点検をお願いしたほどだった。結局、それは距離を走るにつれ無くなり、今では超絶にスムーズな乗り心地だ。

やはり、そう考えると、新車特有の最初の渋さからくるものなのかなぁと考えながら、一旦、帰路についた。

その後、妻に一人で乗ってもらったが、「確かに硬い方だけど、全然不快なものではない。」との返答。最近、カイエン ハイブリッドに乗る機会が多いので、自分の乗り心地センサーが狂ってきているのかもしれないと思いつつ、その日のドライブを終えた。

911カブリオレの変化

次に乗った時はタイヤ空気圧の設定をコンフォートプレッシャーにして乗ってみる。すると、かなり乗り心地は改善されてきた。しかし、まだ個人的には固く、いや渋く感じる。

その日はいつものドライブコースで、舞鶴若狭自動車道〜北近畿豊岡自動車道へ、そして名道R427を経由して道の駅 杉原紙の里・多可まで行ってみることにした。

高速道路での印象は、街中とはうって変わって非常に良い。かなりフラットで、接地感も半端なく、道路にレールが付いているかのように正確にラインをトレースする。高速安定性は素晴らしいの一言に尽きる。まさにミニパナメーラだ。

高速での乗り心地はボクスターと比べると確かに固めではあるが、心地よい固さだ。

911 カレラカブリオレ

その日、200kmほど軽く走り、帰路につく途中、街中を走っている時だった。「あれ、そういえば固さが無くなってるぞ?」とふと感じた。足がよく動くようになってきており、可動部の渋さが無くなってきた感じだ。

40km/h〜60km/hあたりのゾーンでも路面の凹凸を上手くいなしていく。すると、だんだんと運転が楽しく感じる。

ここで一つ確実に言えることがある。カレラ4SやカレラSなどのS系と比べると、素の足回りはやや固めである。これは自動車評論家の方々も同じことを仰っているが、今回の素のカレラは歴代と違い、Sよりスポーティーな味付けの足回りを持っていると思う。改めてこれは詳しくレビューするつもりだが、それは丁度、991におけるSとGTSのような違いに近いように感じる。

ワイドトレッド化され、そしてステアリングレシオは11%クイックになった992型はまさにドライバーの意のままに扱えるようになっていることをあらためて感じる。特にステアリングレシオのクイック化は効果が大きく、ハンドルを切る量がかなり減った感じがする。とはいえ、イタリア車のような切り始めからクイックという味付けではない。

やはりそこには伝統のポルシェ秘伝のタレがあり、少し遊び的なところがわずかにあり、そこからクルマが反応しだすまでの”タメ”のような時間がある。これにより、とても自然なフィーリングで運転できるのだ。

PDKの進化も素晴らしい。街中のユルユルとしたストップ・アンド・ゴーの中でも、変速ショックはほとんど無い、いや今回ばかりは皆無と言って良いレベルと思う。今までのPDKのように1速から2速、2速から1速で感じる僅かなシフトショックも上手く消されている。

とても快適で、アクセルさえ踏めばスッと進み、クラッチの繋ぎ方もトルコンATのような滑らかさだ。

まだ、慣らし中なこともあり、パドルシフトでのスポーツ走行はほとんどしておらず、ATモードのスポーツモードで運転することが多い。そこでも、シフト制御の賢さをとても感じる。カーブに差し掛かりブレーキを踏めば、絶妙なタイミングでシフトダウンしブリッピング、ブレーキを緩めに踏んで侵入した場合でもステアリングの舵角も見ているらしく、これまた絶妙なタイミングでシフトダウンしてくれる。

個人的には世界最強のスポーツATだと思っている991型GT3のPDKスポーツも、クルマに目が付いてカーブがあることを分かっているかのように、素晴らしいタイミングでシフトダウンしてくれるが、今回の992のPDKはその制御に近いものがある。それくらい賢く、ドライバーの意図を汲み取ってくれるのだ。

そのため、パドルシフトで手動で操作するよりも、自動の方が快感に感じるくらいだ。

911 カレラ

今、慣らし運転を早く終わらせるため、あえていろんなシチュエーションで乗っているが、馴染んでいくグローブのように、911は乗るたびに体の一部となってきている気がする。

納車日に感じた当初の懸念は、今ではほとんど感じない。空気圧も標準プレッシャーに戻しているが、全然街乗りも大丈夫だ。それくらい渋さが取れてきている。

同じカレラカブリオレを所有されていたブログ読者の方も1500kmくらいからさらに乗り心地がよくなると仰っていたので、今後が楽しみだ。

これから、もっと距離が伸びるにしたがい、エンジンやサスにもあたりがついてくるだろう。その頃にあらためて、乗り心地やエンジンのフィーリング、空冷時代の良さは継承されているのか?、カレラSとの違い、カブリオレであることのレビュー、ノーマルエグゾーストの音質や19/20インチホイールのことなどもレポートしたいと思う。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 3 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. Kaz

    同じく992型素のカレラアベンチュリングリーンに乗っています。以前乗っていたのが987、その前が986だったので初めての911です。
    ボクスターも気軽の乗れるそして軽やかなとても良い車でしたが、911には全てにおいてその違いに感動しています。
    納車されてから1,500キロ程走りました。最初は慣らしでノーマルモードでしたが、最近スポーツモードで切り替えたらこんなに変わるものかと驚くとともにとても運転が楽しくなりました。言われる通りタイミングのよいシフトダウンとその時のブリッピング音(987ではスポーツモードにしてもただギクシャクするだけでした)、そこからの加速感と音、私とってはとても気持ちのいい瞬間です。また音に関しては私はノーマルマフラーでも十分だと思いました。(981GTSやGT3の音を知らないだけかもしれませんが)
    ボディー形状は違いますが、仕様的にはホイールの径違いくらいなのでこれからのどのように感じられていくのかを楽しみに拝読させて頂きます。
    私もたまに芦有を走っています。

    • MinaMina

      Kazさん

      >同じく992型素のカレラアベンチュリングリーンに乗っています。
      おぉーそうなのですね!もし芦有でお会いできたら、ぜひ並べてお写真を撮らせていただきたいです!

      >ボクスターも気軽の乗れるそして軽やかなとても良い車でしたが、911には全てにおいてその違いに感動しています。
      本当におっしゃるとおりですね。
      911というのはすごいクルマなのだということが、今回改めて分かりました。
      私達も、ノーマルマフラーで、スポーツエグゾーストもついていませんが、十分いい音がするなぁと思っています。

      また色々と記事で感想をつづっていくと思いますので、
      引き続きよろしくお願いいたします。

  2. Kaz

    Minaさん
    > おぉーそうなのですね!もし芦有でお会いできたら、ぜひ並べてお写真を撮らせていただきたいです!
    並べてみたいですね。平日でも仕事の合間にふらっと出かけられますのでお声かけ下さい。