車を見れば、男性の女性への癖(へき)が分かる−島田紳助の車理論から学べること

ポルシェ ケイマンGT4
車と恋愛

車と女性の関係

昔から夫がよく「車の趣味と女性のタイプは一致するんや」という話をしていた。初めは「え〜そんなん聞いたことない」と言って本気にしていなかったのだが、色々探ってみるとあながち間違っていない理論のような気がしてきたので、以前ブログにこんな記事を書いてみた。

→【参照記事】車の趣味と好きな女性のタイプは結構一致する話。

すると、じわじわと読まれる記事になっていき、気づけば「車好きな夫を持つ妻の考察カテゴリ」のランキングで1位の人気記事になっていた。そんなこんなで先日、何気なくネットを見ていると、島田紳助が(懐かしいな)、「車と女性の関係」について持論を展開している動画を見つけたので、早速閲覧してみた。

車を見れば、男性の●●が分かる

動画は日本テレビの「人生が変わる1分間の深イイ話」にて、数年前に放映されたものだ。ちなみに、この回にゲストで出ていたチュートリアルや有吉やオードリーがめちゃくちゃ若かったので、それだけ時が流れたことを痛感した。その動画では、紳助の車の話のみが切り取られているので、前後の話は分からないが、島田紳助が、

車を見たら、その男性の、女性への癖(へき)が分かる

という持論を展開するところから始まる。ほぅほぅ( ・_・)。夫が前から言っていることと同じことだな。女性への癖が分かるというよりは「好きな女性のタイプ」や「恋人や奥さんといった女性への接し方、扱い方」という感じなのかな?紳助は続けて、

「一台の車をずーっと長く乗って大切に磨いている人は、一人の女性を大切にしている人や。1台メインの車があって、もう一台スポーツカーが欲しいという人は、奥さん以外にもう一人女がほしい人や」

司会の羽鳥慎一も含め、ゲストの有吉や、オードリー、小倉優子といったゲストも「なるほど〜」と納得の表情。確かに、一台の車に長く乗り続けて大事にしている男性は、奥さんや恋人のことも大事にするようなイメージがある。逆に何台も車を所有している男性は、つきあう女性も頻繁に変わるような…あくまで偏見っていうかイメージはあるかもな。紳助は続けて、

俺なんかそうやけど、車のことなんか何も知らん、とりあえず、見た目かっこいい車が欲しいと思っているやつは、外見だけにこだわる。内面見んと。

ここでカメラは女性にモテモテなチュートリアル徳井のアップ(笑)。今よりだいぶ若く、顔もシュッとしてて、やっぱイケメンなんやな〜徳井って。その徳井も「あ〜なるほど〜」と、真剣に納得している表情を見せる。と、紳助はここで、オードリー春日に話題をふる。

「将来、どんな車乗るの?」

春日:「いや〜こだわりがないパターンなのでわたくし。もうレンタカーとかでいいです」

一同大爆笑。野球のダブルプレーみたいに、綺麗にオチがついた。さすが皆さん、プロだ(って感心するところはそこじゃないw)全てにあてはまるわけではないと思うけれど、大枠、的を射ているように思う。同じように「時計をよく買い換える男性は…」なんて言われたりするけど、「時計や車と女性の関係」には共通項が多いようだ。誰か論文とか書いてないんかなw。ちなみにその動画はこちら。

さらに調べていくと、別番組でもう少し詳しく「車と女性の関係」について解説している動画があった。

→【次ページ】 詳しい解説、そしてうちの夫に島田紳助の車理論を当てはめてみると?

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. とし

    はじめまして。いつも楽しみに閲覧させていただいてます。どんな車雑誌や評論家の話より、このサイトが役立ちます。
    男の「車と女」について紳助の言ってることは100%だと思います。自分も複数台の車とバイクを所有してます。ここだけの話、妻の他によそのガレージに古風な国産車、燃費の悪い外車、大型ダンプに小回りの効く軽自動車があります。
    残念ながら旦那様も…

  2. taro

    こんにちは。
    新参者の私は、投稿された時期に関係なく、どの投稿も新鮮で楽しく読ませていただいてますので、時季外れ(的外れ)の書込ご容赦ください。
    紳助の言う癖については、私も同感です。男性の頭の中で車は時にセクシーで魅力的な存在ですから。
    私なりに、愛車を愛人に置き換えて考察するとこんな感じでしょうか?
    【とある伯爵の場合】
    ①車を5台所有している
    →伯爵は正妻以外に屋敷に5人の側室を養っている。(側室は子供を産まないので安心)伯爵は正妻と5人の側室で心が満たされている。
    ②その日の気分で乗っていく車を変えたりしている
    →伯爵は正妻と側室の3人で過ごす等々、その日の気分で、一緒に過ごす女性を変えてる。今では正妻と側室のみで出かける事多く、正妻にとっても側室は良き友となっている。
    ③「ボクスターも、ゴルフも、パナメーラも、エスエルも、それぞれにそれぞれの良さがありどれが一番とは決められない」と言っている
    →全員好きだから一人の女性には絞れない!? つまり伯爵は皆(Mina)を愛している。

    • MinaMina

      taroさん
      ブログをご覧いただき有難うございます!
      そして深い考察まで有難うございます^^

      確かに、正室にとって、側室は良き友になっている気がします。
      そして、最後の文章に思わず笑ってしまいました(笑)

      素敵な考察、本当に有難うございます!