「ポルシェに乗るなら、燃費を気にしてはいけない」という意見について

新型パナメーラターボ
ポルシェのある生活

”燃費は気にしちゃだめ”

先日、日頃から夫婦でお世話になっている方が「981ボクスターブラックエディション」を購入されたということで、お会いしてお話をお聞きしてきた。(その時の内容は、改めてポルシェオーナーズファイルで紹介したいと思う)

その方とのおつきあいはかれこれ10年になるのだが、今までお会いした中で一番イキイキされていて「いや〜ボクスター最高です!」と目をキラキラさせてお話される姿を見て、改めて「ポルシェの持つ力」はすごいなぁと感じた。

その際おっしゃっていたことで、印象に残ったのがこの内容。

「峠道をガンガン攻めて、街乗りもして、僕のボクスターの燃費はだいたい10km/L〜11km/Lなので悪くはないと思いますが…そもそもポルシェに乗るなら、燃費を気にしちゃだめですね。燃費を気にして乗るなんてもったない。ポルシェは、走りをとことん楽しむ車ですから!」

と…なるほどなぁ。ただこういったお話を聞いたのは1度や2度ではなく、今までお会いしたポルシェオーナーのほとんどが、「ポルシェに乗るのに燃費なんて気にしてはだめだ」とおっしゃっていたように思う。

以前「パナメーラ4Eハイブリッドの納車待ち」という方が、こちらのブログにコメントを書いてくださったのだが、

個人的にはルマンで活躍していた919hybridを見てポルシェに惹かれ、そのテクノロジーを体感したいと思い、パナメーラ4Eハイブリッドに決めました。エコについてはあまり関心がありません。

とのことだった。夫も常々「パナメーラターボに乗るのに、燃費なんて気にしたらあかんわ」と言っている。

とはいえ、空冷から水冷になり、NAからターボになりと、昔のポルシェに比べれば今のポルシェの燃費は格段に良くなっており、わが家のパナメーラターボもあの巨体とパワーでこの燃費は悪くないんだろうなぁとは思うけれども。

ネットでのポルシェオーナーの意見は?

そもそも燃費を重視するならエコカーに乗る方が良いだろうし、ポルシェを買う人は「エコ」や「燃費の良さ」は求めていないものなのか…少し気になってネットで調べてみたところ、ポルシェの燃費に関してこういったコメントを見つけた。

せっかくポルシェに乗っているのに、燃費を気にしてパフォーマンスを抑え気味にして走ることにどれだけ意味があるのか、という気持ちがあるのも正直なところです。
https://automove.jp/?p=58224

私の意見ですが、カイエンの燃費は良くないです。走行性能が高い分仕方ないと思います。燃費に関しては理解のある方で無いと購入は難しいと思います。カイエンは魅力的なクルマなので、所有すれば燃費のことなど気にならないです。
https://www.navikuru.jp/review/porsche/cayenne/2010/fuel/

走りを求めて高価格帯スポーティーカーを選んでるのに、燃費で走りを落とされたらたまらんでしょ。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13137438173

911ターボSを購入しようとするユーザーであれば、あまり燃費のことを気にしないかもしれない。
https://www.autocar.jp/firstdrives/2013/08/27/48553/

なるほどなー。今回は、燃費を気にしない人たちの声ばかり集めてみたが、そもそも「ポルシェの燃費について言及している記事が意外に少ない」印象だったので、そのこと自体、世間が「ポルシェには燃費の良さをそこまで求めていない」ということなのかなぁと思った。

岡崎五朗さんの見解はいかに?

そしてさらに調べていくと、モータージャーナリストの岡崎五朗さんが、こんな風におっしゃっている記事を見つけた。この記事では「岡崎さん自身の車選び」について書かれていたのだが、

僕はクルマを燃費で選んだことはない。燃費なんてどうでもいいと考えているのではなく、好きなクルマ、楽しいクルマ、自分に似合うクルマ、気分を上げてくれるクルマに乗りたい、そのうえで燃費がよければラッキー、ぐらいの気持ちということだ。
*岡崎五朗のクルマでいきたい vol.85 クルマ選びの正義

確かに!!やはりモータージャーナリストの方の表現は的確でプロだなぁと改めて思った。ポルシェオーナーの方の多くが、この感覚を持っておられるのではないか。

私も将来自分でポルシェを買うことが目標だが(最近911タルガが気になる)ポルシェを買うなら、燃費なんて気にしなくていいくらいしっかり稼ぐことが大事だということだな。がんばるぞ。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. shimoyannjp

     今日も覗いてしまいました、shimoyannjpです。minaさんこんにちは。

     燃費のお話ね。以前に964を所有していた時期は、私の年齢が今よりも若かったこと、そして、あまり関係ないかもしれませんが、飲酒運転の罰則が今よりもずっと軽かったので、飲んで運転できるかどうかをある程度自分で判断をし、ちょっと危険だなと思った時でもスピードをセーブして乗る。
     ていうか、当時は酒飲みの男は飲酒運転の常習犯だったと思うし、たまたま検挙されなかっただけだったと思う。

     で、お酒飲んで家に帰るんですが、最初はゆっくりでも気が付けば、よりいつの間にか普段の運転になっている。そして、ちょっと遠回りしてみようなんて時には・・・・その先はここには書けません。

     そうね、白状します燃費はまったく気にしていませんでした。

     今の996は、私が年齢を重ねたこともあり、細い道、一般道、また最近、近所に増えてきたまるで高速のように整備された複数車線の道路・・・いずれも制限速度+10km/hぐらいを目安にしてゆっくり落ち着いて走るようにしています。恥ずかしながら、一年ほど前に自動車専用道路で、30km/hオーバーで検挙されてしまったことも、そういう運転をする理由にひとつかもしれませんが。昨年は普通免許を取得して以来初めてですが検挙されてしまいました。罰金がちょっとした車のローンの一か月分ぐらいあってびっくりしました。ははは。
     もちろんたまには飛ばします。エンジンの健康のためにも、とろとろ回してばかりいるのが良いはずはありませんからね。で、ガソリン給油のたびに走行距離を入った燃料のリッター数で割っています。これは癖みたいなものかもしれません。車の調子を見るためのような気がします。長距離をほとんど乗りませんので、5.8km/l~8.8km/lの間に収まっています。燃費が悪いくて困るというような感覚になったことはありませんね。

     ゆっくり走っていても、PORSCHE は楽しいクルマです。しかもゆっくり走っていても、だからって燃費は良くはないです。う~~ん結局全然気にしていません(^^)。

    • MinaMina

      shimoyannjpさん
      いつも有難うございます^^

      結局、今も昔も、燃費は全然気にされてないという結論(笑)
      昔は多少飲酒していても、飲んで帰ったという話はよく聞きましたが、最近は全くなくなりましたよね。

      エンジンのためにも、多少まわしてガンガン走ってあげたいですし、
      かといってゆっくり走っても楽しいし、
      高速道路巡航も楽しいし、
      結局PORSCHEはどこまでいっても、走りを楽しむために生まれた車なんだろうな〜といつも思います。

      そういったことを、shimoyannjpさんのように空冷・水冷とどちらのポルシェも知っている方も、
      空冷のりの方も、新型のPORSCHEに乗っている方も、
      いつの時代のポルシェに乗っている方も皆さん共通しておっしゃるので、
      ポルシェって改めてすごいなーと思います。

      >ガソリン給油のたびに走行距離を入った燃料のリッター数で割っています。これは癖みたいなものかもしれません。
      夫もいつもしています(笑)たしかにこれは、燃費を気にするというより「今回の自分の走行や車の調子はどうだったのか?」を把握するために計算している感じみたいです^^