【ポルシェオーナーズファイル #5】718ボクスター(MT) 購入・オプション・走行レビュー

ポルシェオーナーズファイル

皆さんこんにちは。「ポルシェがわが家にやってきた」管理人のMinaです。「様々なポルシェオーナーの生の声を共有してほしい!」という読者の皆さんのご要望からうまれた企画「ポルシェオーナーズファイル」。第五弾は、「イシB」さんから頂いた「718ボクスター(MT)」の購入・オプション・走行レビューをお送りします。

〘オーナー情報〙
・今回紹介する愛車:718 Boxster(982) MT
・ペンネーム:イシBさん
・過去の愛車遍歴:都内に住んでいた頃は車なし。その後地元に戻ってからは、
中古のカローラ(車に全く興味がない頃)→中古のレクサスIS250(ちょっと車に興味が出た頃)→初めての新車BoxsterGTS(981) PDK→中古の718Boxster(982) MT、Boxster Spyder (981) +FIAT500c(1.2 MT 並行輸入)現在の愛車も含めて全て右ハンドルです。
・読者へ一言:ポルシェはオプション商法と揶揄されることがありますが、オプションがなくてもすばらしい車を作ってくれます。

1)購入に至る経緯

ー沖縄で借りたレンタカーがきっかけで

もともと車に全く興味がなかったのですが、旅行先の沖縄で冷やかしで借りたレンタカーのBoxsterを運転したことをきっかけに車にハマりました。教習所以来全くMTの経験はなかったものの、せっかくのスポーツカーなのでMTにするかPDKにするか散々迷ったあげく、結局弱気になりBoxsterGTS(981) のPDKを選択。
ここでMTを選んでいれば、3台もBoxster を乗り継がずにお金が節約できたと後悔する反面、逆に色んなBoxsterを経験することができたと自分に言い聞かせています(笑)

ーPDKは素晴らしい反面、つまらなさも…

BoxsterGTS(981)は全く不満がない車でした。PDKに関して言えば「のんびり走りたいときはノーマルモード、」「キビキビ走りたいときはスポーツやスポーツプラス」といった走行モードを選ぶことで、その時の自分の感情に応じた走りをすることができます。またどのモードでもアクセルを踏む勢いをPDKが感じ取って適切なギアにシフトダウンしてくれるので、思った通りの加速をすることができます。

しかし通勤用に購入したFIAT500cでMTを経験して以来、ボクスターのPDKがよくできすぎて、少しつまらなく感じてしまうようになりました。

ずっとMTを経験していたドライバーであれば、PDKの制御に新鮮さを感じると思うのですが、私の場合は逆に、教習所以来久々のMTに新鮮さを感じたため「BoxsterもMTに乗り換えたい」という気持ちが日に日に強くなっていきました。

いつしか”Boxster”,” MT”で中古車の検索を繰り返すようになり(笑)、某有名輸入車中古販売店の試乗インプレッション動画で718Boxster MTを発見し、乗り換えることを決めました。

2)オプション/仕様

ーほぼスッピンの718

私が購入した718は、オプションはスポーツクロノ以外何も付いていないほぼスッピン仕様でした。ですので、その前に所有していた「オプション満載の981GTSとの比較」という観点で感想を書いてみたいと思います。

「それにしても、前オーナーはどうしてこんなに潔くオプションのない設定で買うことができたのか…どんな人なのだろうか…」と、そんなことを想像するのも中古車購入の楽しみの一つだと思いますね。

①シート

〘981〙オプション満載の本革アダプティブスポーツシートプラス(シートヒーター、シートベンチレーション、18way電動調節のついたアダプティブスポーツシートプラス)
〘718〙標準のアルカンターラシート

■シートヒータがなくなった
冬のオープン走行でも全然困りませんでした。エアコンの向きを足下に強目に流すように調整することで、十分な暖かさを確保することができました。

■シートベンチレーションが無くなった
981ボクスターのシートは濃色の本革でした。そのため夏場のドライブ途中、炎天下に駐車すると短時間でシートの表面温度がかなり熱くなります。そこでベンチレーションをオンにすると数分でシートが冷えて快適になりました。
個人的にはシートヒーターよりもベンチレーションの方が有難かったです。そのベンチレーションが無くなった感想ですが…実は718は秋に納車して、夏を経験することなく春に手放してしまったため分かりません。

■本革からアルカンターラになった
本革は滑りやすいですが、アルカンターラは適度な摩擦を洋服との間に生じてくれるため走行中にシートの中でお尻が滑って困るようなことはありませんでした。本革の場合は滑り対策としてサイドサポートの深いスポーツシートプラスが有効だと思いますが、アルカンターラは標準シートの深さで十分な気がします。

■18way電動調整から2way電動調整になった
981の時は、18箇所の電動調整がついていましたが、実際はほとんど使わない調整スイッチが多かったです。腰痛防止のためには適切なバックシートの角度とシートポジションの前後が調整できれば十分なのではないかと思います。

②足回り

〘981〙PASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)あり
〘718〙PASMなし

■PASMが無くなった感想
981BoxsterはPASMをつけましたが、私が鈍感なのか、981のPASMのon-offを切り替えてもあまり違いを感じることができませんでした。718にはPASMがついていない上に20インチにホイールがインチアップされていたため「乗り心地が堅いのではないか」という心配があったのですが、試乗した際の乗り心地は思ったよりもよく、また所有している期間を通じて嫌な突き上げを感じるようなことはありませんでした。私は今後新車を買う場合911、ボクスターの場合はおそらくPASMは選ばないと思います。

③ヘッドライト

〘981〙PDLS(ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム)プラスあり
〘718〙PDLSなし

■PDLSプラスが無くなった感想
981にはPDSLプラスをつけました。ハンドルの切れ角に応じてヘッドライトの向きが変わったり、前方の車を察知して自動的にハイビームロービームを切り替える機能は便利でしたが、718になり、それがなくてさほど困ることはありませんでした。夜は必要以上に飛ばさないことが最も有効な安全策ですし、標準のヘッドライトで十分でした。

3)納車までの経緯

中古車なので、初見学~試乗から納車まで1ヶ月弱でした。

2017年9月上旬 注文
2017年10月初め 納車

4)所有してみて感じる718ボクスターの性能

①エンジン

4気筒ターボ化、2リッターまでダウンサイジングされ賛否両論のエンジンですが、最初はネガティブな印象はありませんでした。以前の6気筒NAに比べて低音で粒が粗い音ですが、むしろ男らしいヤンチャなキャラクターだなと好意的に思っていました。

排気量が小さくなったとはいえ、ターボの恩恵もあり十分なパワーと加速感を味わうことができ、乗り換え直後は「981GTSより速いんじゃね?」とさえ思いました。ターボラグに関しては「アクセルを踏んでからちょっとしたタメを感じるかな?」という程度でした。それも2000回転以下からの踏み込みの場合で、2000回転以上をキープした状態でアクセルを踏んでいるときは自分にはターボラグは分かりませんでした。

また981で緊張感と恐怖心によりアクセルを緩めていた速度に達しても、718はそれほど緊張することなくアクセルを踏み続けることができたような気がします。それだけ車体が安定しているという事でしょうか。

②トランスミッション:PDKからMTへ

「PDKからMTへ」というのが、乗り換えの最大の目的でした。「ポルシェのクラッチは重い」と噂で聞いていましたが、それほど気にはなりませんでした。シフトレバーをバックギアに入れるのにかなり力を要しましたが、そのうち慣れました。
発進時のエンストに多少気を使う必要があり、実際に納車後1週間程度はかなりの頻度でエンストしましたが、エンストしてもクラッチを踏めば自動的にエンジンが再始動するのでそんなに焦ることはありませんでした。

それよりも車をダイレクトに操作する感覚が楽しくて仕方がありませんでした。

シフトショックは回転合わせが下手な自分のせいだと思えば腹も立ちませんし、スポーツモードで有効になるオートブリッピングを使えば勝手に回転を合わせてくれるのでショックもなくPDKに近いスムーズな変則が可能です。

「峠道への往路はノーマルモードでシフトショックもある意味楽しみながら走行」し、「帰り道で疲れたときは、疲れた体にシフトショックはこたえるので敢えてスポーツモードに入れつつのんびり走る(本来はのんびり走りたいのですが)」ということをよくしていました。

③ハンドリング

素人の私にも981GTSに比べて明らかな進歩を感じる事が出来ました。馴染みの峠道を初めて718で走った時に、「今までより更にオンザレールに狙ったラインで走る事ができた」ことを今でも覚えています。981GTSと718はどちらもオプションのPTV(ポルシェ・トルク・ベクトリング)無しでしたので、純粋にシャシーの進化なのだと思います。

④燃費

3.4リッターNAの981GTSと比べて2.0リッターターボにダウンサイジングされたにも関わらず、あまり差はない印象ででした。せいぜいリーター1kmの差があるかないか…くらいでしょうか。
また981GTSの7速PDKは、高速道路と峠で燃費がかなり変化しましたが、718の6速MTでは高速道路と峠道での燃費差が少なかったです。もともと燃費はあまり気にしてないので正確な数字ではありませんが、高速道路と峠道を合わせて11km/Lぐらいだったかなと思います。

⑤乗り心地、のり味

オプションのところで書いた通りで、PASMなし、標準シート、20インチにアップされたタイヤという条件にもかかわらず、乗り心地は良かったです。少なくとも硬すぎて長距離は乗れないということはなく、週末に一日約500km乗っても平気でした。

⑥お気に入りポイント

■黄色いボディとカレラクラシックホイール
黄色は新車であればまず選ばない色ですが、所有してみると意外と上品な色でかっこよく、また所有してみたいと思う色です。また高速道路の追越車線を走っていると、白より目立つおかげで気づいてもらえやすいのか(笑)、以前よりも車線を譲ってもらいやすかった印象があります。
とはいえ、飛び石を食らうのが嫌なので決して車間距離を詰めるようなことはしておりません。

■カレラクラシックデザインホイール
もう一つ気に入っていたのは、ホイールのカレラクラシックというデザインです。まっすぐなスポークはシンプルで、絶妙なバランスで周辺から中心に向かって細くなっているあたりが好きでした。次新車で買うなら、またホイールはカレラクラシックにしたいと思います。

⑦リセール

718ボクスターMTを手放した時に「買取価格はMTよりPDKの方が高い」と言われてびっくりしました。希少性の観点ではMTの方が高く評価されると思ったのですが、そこはあくまで新車購入時にMTよりもPDKにオプション価格が設定されているためだと説明されました。もしかしたらまだ新車で購入できる718MTだからそうなのであって、すでに購入ができない981以前や991.1以前のMTでは違った評価になるのかも知れませんが、車種によってはMTが必ずしもリセールが良いわけではないみたいです。それでもMTを今後も選ぶつもりですけどね(笑)

5)今後ポルシェを購入するなら絶対つけたい(またはつけた)オプション

911やボクスターなどのスポーツカーならば出来るだけオプションを付けずにスッピンに近い車体を楽しもうと思っています。つけるならスポーツクロノとバックカメラぐらいでしょうか。

6)気になる部分

ここまでべた褒めした781ボクスターですが、結局7ヶ月ほどで乗り換えることになりました。

①低速トルクがない事による、発進時や渋滞に巻き込まれた時のストレス

718ボクスターは2000回転以上をキープして走っている間は2リッターとは思えない俊敏性で意のままに車を操る事が出来ました。しかしながら発進時にエンストを気にしなければいけないストレスはずっと続きました。自分がMTの操作が下手な為かもしれませんが、「718ベースグレードのMTはエンストしやすい」というレビューを見たことがあったので、私にスキルのせいだけではないと思います(願望含む笑)

②4気筒ターボのエンジン音とマフラー音への物足りなさ

718のエンジン音とマフラー音は、当初は好意的に捉えていました。4気筒ターボの低音で粒が粗い音、低音であること自体は良いのですが「アクセルを踏んで回転数が上がっても音色の変化が乏しいこと」に対して徐々に物足りなさを感じるようになりました。

そこで、スポーツエギゾーストを後付けしたところ「マフラー音が少し野太くなったような気がした」ぐらいで、あまり変化を感じることができませんでした。

アクセルオフした時に聞こえるバリバリ(パラパラ?)した乾いた破裂音も、981GTSに比べてしまうとかなり控えめで、718のスポーツエギゾーストの効果はかなり期待はずれでした。その辺りから次の乗り換えを強く意識するようになりました。

4気筒ターボの音を全否定するつもりはありません。ただ、私は最初の981GTSで感動した6気筒NAの音をどこかで追い求めていたようです。そのことを981を手放してしばらくして気が付いたわけです。車に限らず失って初めてわかることってありますよね…

7)総評

オプションがほとんどない718ボクスターの完成度の高さを経験して「ポルシェの車造りがいかに真面目で信頼できるものなのか」ということを身をもって実感できました。

排気量が程よく小さい方がエンジンを回せるメリットはありますが、流石に2リッターになると低速域がMTだとちょっときつい。そこを補うのがMTのスキルなのか、PDKなのか、精神力なのか…は人それぞれだと思います。音は好みの問題なので置いておくとして、718Boxsterは2000回転以上では100点の車です。

〘管理人Minaの所感〙
イシBさんから情報提供頂き、718ボクスターが欲しくなりました(笑)わが家のボクスターも、イシBさんが当初買われた981ボクスターGTS(MTですが)でオプションが結構ついていますが、ポルシェは素の状態に近くてもドライバーを満足させる作りになっているのですね。718のモーター誌のレビューはたくさんあれど、やはり実際に所有した方の見解はとても参考になります。イシBさん、有難うございました!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。