なぜ日本では「白・黒・シルバー」の車がよく売れているのか?

No car, No life
インスタ、始めました。

つい最近ようやく、インスタを始めた。その時に夫から「この人のインスタめっちゃいいで」と教えてもらったのが、porsche.sport.germanyさん。

ドイツ在住の方で、様々な車種や色のポルシェの写真を毎日あげておられる。どの写真もとても綺麗で、なんとフォロワーの数は52万9000人!!(2018年5月現在)すごいな…。どうやったらこんなに色んなポルシェの写真を集められるんだろう…1日中ポルシェを探しまくって写真を撮ってるんだろうか…はたまたドイツの街中はポルシェだらけなんだろうか(笑)

ちなみに写真はこんな感じ。

カラフルで綺麗だな〜と眺めながらふと思った。

「なんでドイツのポルシェって、こんなにカラフルなんだろう( ゚д゚ )?」

多いのは、白・黒・シルバーだとはいえ、日本と比べて鮮やかでカラフルなポルシェが多いのだ。

夫に「なんでこんなカラフルなん?こんな色のポルシェ、日本では見たこと無いけど。」と聞いてみると、

「日本は白・黒・シルバーやと中古市場で高値で売れるから、新車で購入するときも白・黒・シルバーを選ぶ人が多いんちゃう?実際赤とかすると、売る時にかなり安くなってまうで」

と言っていた。なるほど。

色のラインナップが違うのか?

気になったので、「もしかしたらカラーバリエーションがドイツ本国のほうが多いのでは?」と思い、サイトを見比べてみた。ノーマルの911で比べてみたのだが、ちなみにこれがドイツ本国のポルシェのサイト。

出典:ポルシェ公式サイト「Porsche 911 modellÜ」

そして日本のがこちら。

出典:ポルシェ・ジャパン公式サイト「911 Carrera Models」

最初に選択されているカラーが、「ドイツは白」「日本は黒」で違うものの、スペシャルカラーのクレヨンが日本に無いだけで、それ以外は色のラインナップは同じだ。価格もほぼ同じだった。ちなみにクレヨンってこれ。

すごい綺麗だな〜っていうか日本でこの色の911が今の段階で選べないのは残念だな(-_-)。

車メーカーの生産事情。

以前ちらっと聞いたことがあるのだが、車の製造にはある程度日数がかかるので、車メーカーは、最初に無難な白黒シルバーを大量生産し、各ディーラーにおろす。それらはディーラーにとっての在庫になるわけなので、営業マンは、白黒シルバーの在庫から優先的に販売する。
お客が赤が欲しいと言うと「赤だと、今から生産するので3か月かかります。白であれば即納車できます」「赤は売る時に値が下がるので、無難な黒のほうがいいですよ」と説明する。だから結果的に白・黒・シルバーを買う人がどんどん増えていく。

日本の風潮が大いに影響している?

でも「私たちが車メーカーやディーラーの戦略にはまっている」ということよりも、もっと大きな原因があるように思う。それは、日本に充満している独特の空気感だ。

日本は「周りと同じであることを良しとする」風潮が強いように思う。浮くことを極端に嫌がるというか…島国で単一民族だから仕方ないかもしれないし、実際周囲と同じだと安心感を得ることができる。

その典型的な例が大学4年生が一斉に行う就活。就活解禁になったら、みんな髪を黒く染めて、黒いスーツを着て、合同説明会に行って、SPIを勉強して、有名企業の内定を獲得しようと必死になる。また親や先生からも「就活を頑張って、大企業や有名企業に就職しなさい」とアドバイスを受けることも多く、就活をしないという選択肢は、はなからない。でも、良く考えてみると

「なんでみんな一斉に就活しないといけないんだろう」(って私も例にもれず何の疑問も持たず15年前くらいに就活したんやけど)

就活せずに、フリーで働き始めてもいいし、行きたい会社があれば、その会社が求人募集していなくても、思い切って連絡してしまってもいいと思う。黒いスーツを来なくても、自分が来たい色のスーツでいいし、髪の毛を茶色にしてるなら、その茶色のままで就活してもいいのではないか…と思う。

常識が正しいとは限らない。

昔は良しとされていた価値観が、最近はことごとく崩壊しているように感じる。以前は「残業する社員はえらい!」と評価されていたのに、今は「だらだら残業するな!早く帰れ!」と言われるようになった。昔は「仕事=会社に出社する」だったのに、在宅ワークや遠隔ワークを導入する会社も増えてきた。世間の常識というものは、こうもころっと180度変わるんだなーと痛感する。

「みんなと同じことが正しい」わけでは決して無く、何の疑問もなくみんなと同じ行動をとる人生は、脆い。それよりも、たとえ自分が周りと違っていようとも「自分がどうしたいか、自分がどうありたいか」を大切にするほうがいいと思う。だって、人生は自分が主役なんだから。

次は真っ赤を買おう!

だから、車のカラーについても同じで、青がいいなら青を選べばいいし、赤がいいなら赤を選べばいい。近所から浮こうが、買取価格が多少安くなろうが、自分がそうしたいならそうすればいい。
…とか偉そうにいいながら、わが家のパナメーラも最初は「サファイヤブルーにしよう!」って言っていたのだが(これ↓)


「いや…っていうかさすがにパナメーラでサファイヤブルーは目立ちすぎるやろ」「あ、あのブルーのパナメーラや!って街中でも浮いてしゃーないで」とか言って、最終的に紺色にした(-_-)爆

でも次自分でパナメーラ買うなら「真っ赤」か「真っ青」を選んでみたいなー!いや、選ぶ!

このブログに共感したら
いいね ! してね

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »