元レーサーも認めるポルシェの凄さ−走る・曲がる・止まるをポルシェは今後も貫けるのか?

No car, No life
取材に行ってきた!

先日、外車の販売、整備、修理を行う京都の会社に取材に行ってきた。ポルシェ、BMW、フェラーリ、メルセデスベンツ、アウディなどの外車を多数取り扱っており、年式もクラシックカーから最新のものまで様々。
今回は、創業者の息子さんのMさんにインタビューをしてきた。(インタビュー内容は追って記事にする予定)

ご自身が一番欲しい車は?

Mさんは、スーパー耐久の元レーサーでもあるのだが、そんなMさんに質問をしてみた。「様々な車を見て、乗ってきた中で、ご自身が今一番欲しい車は?」

するとMさんは迷わず「ポルシェ911です」と答えた。

「他のメーカーではなく、なぜポルシェなのか?」と聞くとMさんはこんな風に語ってくれた。

ポルシェは、「走る・止まる・曲がる」のバランスがとてもよくできた車。他のメーカーの車は、「走る」はよくても、止まる、曲がるがイマイチと思うものや、全体的に良くできているとはいえ、思いのままに運転できる感覚に至らないものも多い。でもポルシェは違う。想いのままに運転ができ、こんなに走りを楽しめる車は他にない。

と。「なぜポルシェの中でも911なのか?」と聞くと「やはりポルシェのスポーツカーとしてのDNAが一番色濃く出ているのが、911だから」ということだった。

ミッションEの発売迫る。

ポルシェが開発した電気自動車「ミッションE」の全貌がようやく明らかになってきたというニュースが最近話題になっているが…

電気自動車になっても、ポルシェはポルシェらしさを貫くことができるんだろうか?

空冷から水冷になった時、「空冷じゃなきゃポルシェじゃない」と言う生粋のポルシェファンも多くいたと聞くし、NAからターボにほぼ移行している今も、「ターボじゃなく断然NAが良い!」という人も多い。私の夫もそうだ。

そして今後は、エンジンがモーターに変わって電気自動車になるんだもんなー。Mさんにもそのあたりを聞いてみたのだが、

電気自動車に移行するのは、車好きとしては少し寂しいですよね。電気自動車の加速はすごいけど、あの気持ちの良いエンジンを味わえなくなってしまうのは…プラグインハイブリッドも、やはりブレーキの感覚に少し違和感がありますね。

と。

七五三木はかく語る。

「なるほどな〜」と思いつつネットを見ていたところ、こんな記事を見つけた。

マイナビニュース「スポーツカー電動化時代が到来、ポルシェは“らしさ”を貫けるか」

やっぱりポルシェファンや自動車ファンにとって、このあたりはとても気になる点だろう。記事には、ミッションEの試作車に同乗した、ポルシェ・ジャパンの七五三木社長のコメントが載っていた。

七五三木社長によると、ミッションEは「まぎれもなくポルシェ」だそう

「コンピュータで操縦特性を変えられたり、エンジン車以上に駆動輪の制御が緻密な感じがしたりしましたが、ポルシェの開発者たちは、(電動化は)自動運転のようにクルマが走りを制御するのではなく、あくまで運転者を助けるための技術だと言います。運転者はハンドルから手を離すことなく、走る、曲がる、止まるの動きを、EVでもエンジン車と同じように感じられなければならないと考え、開発しているようです。制御装置の凄さではなく、人馬一体感が根幹となるスポーツカーでなければならないとの定義が、ポルシェAG(ドイツ本社)の中にはあります
*出典:マイナビニュース「スポーツカー電動化時代が到来、ポルシェは“らしさ”を貫けるか」

おぉ…そうなのかぁ!(゚∀゚)

こんなコメントを見たら、ますますミッションEに試乗してみたくなった。まぁ日本にやってくるのはまだまだ先やろうけど…

ぜひ日本に上陸したらディーラーに行って、ポルシェイズムを貫いた電気自動車をぜひ体感してみたいものだ!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

jaJapanese
en_USEnglish jaJapanese