BMWで芦有ドライブウェイの夜景を見てきた!

BMW

目指せ、MT女子

BMW320iの納車から1週間が経った。納車以降ほぼ毎日乗っているので、運転にもずいぶん慣れてきた。エンストはしなくなったし、坂道発進でずり落ちることも無くなった。オートホールドがかからないゆるい坂でも、焦らず発進できるようになった。

これまでに、神戸のハーバーランドにも行ったし、阪神高速にも乗ったし、近所のコンビニにも、停めにくい駐車場のあるスーパーにも行けた。

かといって、まだMTの運転がうまいとまでは言えず「とりあえず、運転はできるようになりました」というレベル。だからおそらく、今調子に乗ってGT3やボクスターを運転しようとしても、きっとまたうまくいかずに心に深い傷を追う結果になることは目に見えているので…w

ドラクエで例えるならば、もっとたくさんの敵を倒してレベル上げしてから、ボスに挑むことにしたい。

芦有を夜景を見に行こう

そんなある日の夜。娘たちを早めにお風呂に入れたので、まだ少し時間があったため、せっかくなので芦有へ夜景を見に行ってみることにした。この前行った時は、山の神に阻まれて夜景を見ることが出来なかったが、なんだか最近の私は雨女を卒業しかけている気がするので「今日なら見に行っても大丈夫そうだ」という気がしたのだ。

911に乗って、芦有ドライブウェイの夜景を見に行ってきた。

っていうか最近、お天気に恵まれる機会が増えた。よくよく考えてみると、BMW320iを自分で買ってから、ツーリングも、納車の日も、ちゃんと晴れるようになった気がする。「自分でMT車を手に入れる」ことで、ツーリングの山の神が認めてくれたんだろうか…そんなわけないかw

夜景を見に行くのに湯冷めしてはいけないので、娘たちに上着を着せ、夫にも念の為「今から芦有に夜景を見に行ってくる」とメールをして、320iへ乗り込んだ。

自宅から芦有へ向かう道中は、坂道発進の絶好の練習ルートだ。オートホールドがきかない微妙な坂が多いので、クラッチをあててずり落ちないようにスタートする良い練習になった。

さすがにこの時間になるとクルマも少なく、順調に芦有ドライブウェイの料金所へ到着。

ふと、料金所を超えたあたりに立てられている温度計を見ると「14度」。そこまで寒くなさそうだな〜と安心しながら、ゆったりとクルマを走らせる。

せっかく芦有ドライブウェイに来たし、しかもMT車なので、回転をあげてぶいぶい言わせながら走れたら面白いのだろうけど、あいにくまだ私はそこまでのスキルは持ち合わせていないので、「2速→3速→4速→3速→2速」を繰り返しながら慎重に走った。

しかも、芦有はキャッツアイが結構多い。以前、フェラーリ488スパイダーで初めて芦有に来られた知り合いの方が、うっかりキャッツアイを踏んでタイヤを損傷してしまった経緯があったので、キャッツアイを踏まないように気をつけて走ったが…気をつければ気をつけるほどキャッツアイに近づいてしまうものなんだな(笑)

この320iは素のグレードで、スポーティなモデルではないので、正直「芦有で走らせてなんぼ」みたいな感じでは無いと思う。乗り心地も柔らかいし、家族でゆったり乗るのが合っている。とはいえ、芦有でカーブを曲がっても「おーっとっとー!」という大きなロールがあるわけでもなく、安心して違和感なく走ることができた。

東六甲展望台と愛車

東六甲展望台に到着すると、既に数台のクルマが停まっていた。肝心の夜景はというと…まぁまぁ綺麗な方だったので良かった。

とここで、スマホのメールをチェックしてみたところ、夫からこんな返信が。

えー、今、僕も芦有で写真撮ってたんや!!今、家に着いた。もうちょっと早くメール見とったらおったのになー

と。

ま、まじで!!そういや今日もGT3ツーリングで出勤していたから、帰りに芦有に寄っていたのだな。っていうかどんだけ似たもの夫婦なんだろう(-_-)笑

しばらく夜景を見たり、展望台をうろうろしたりしていたが、少し寒くなってきたので、10分ほどで展望台を後にすることに。帰り道も、「2速→3速→4速→3速→2速」と慎重に運転したが、私はシフトダウンがめちゃくちゃ下手だと改めて感じた。

スピードを緩めに緩めて慎重にシフトダウンすれば大丈夫だが、ちょっとサクサク運転してみようと思うと、とたんにシフトショックが出る。こういう時、ヒール・アンド・トゥとか出来たらカッコいいんだろうなぁ〜。華麗にヒール・アンド・トゥが出来る日を目指して、日々練習あるのみだな。

帰宅後、夫がその日に撮ってきたというGT3ツーリングの写真を見せてもらった。

めちゃくちゃ綺麗やなぁ…さすが、α7Ⅲは違う。iPhoneだと、夜景とクルマをうまく撮るのはなかなか難しい。今度は夫と一緒に320iで芦有へ行って、ぜひ愛車の写真を撮ってもらいたい。その時には、もっとスムーズに芦有を走れますように!

Mina

「ポルシェがわが家にやってきた」管理人、37歳、2児の母。つい数年前まで、車に全く興味が無かったにも関わらず、夫がポルシェを買ってきたことをきっかけにポルシ...

プロフィール

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. Cara

    おはようございます\(^o^)/

    マニュアル楽しんでおられて何よりです。
    基本、シフトアップよりシフトダウンのほうが気を使いますよね(^^)

    まずはヒールトゥは必要ないと思います。
    シフトアップにしろダウンにしろ
    一速を除けば2~4速がもっともギアレシオの変化するところですから
    ここで回転合わせができればよいのです。
    シフトアップは問題ないと思います。

    減速時は十分に速度を落としてシフトダウン
    クラッチミートの直前でわずかにゆっくりと
    リリースしてください
    ガツッとはならないと思います。
    多少クラッチが滑っていることになりますが
    公道では問題にならないと思います。

    これができれば次にブレーキの後
    アクセルで回転を合わせてから(軽くふかしてから)
    クラッチーミートをできるように(^^)

    ヒールトゥは公道ではなくても全く困りません(^^)
    サーキットでも
    なくてもなんとかなりますが、
    逆に面倒くさいのでヒールトゥを使う程度です。

    お互いがんばりましょう(^^)

    • MinaMina

      Caraさん
      有難うございます!
      MT車の楽しさにはまりつつある今日このごろです。

      そしてなんと分かりやすい解説!!有難うございます!!!

      丁寧に操作すれば、ガクッとはならないですし、
      別に峠道をせめた走りをしたいわけじゃないので、
      落ち着いて走行できるように練習してみます。

      >これができれば次にブレーキの後
      >アクセルで回転を合わせてから(軽くふかしてから)
      >クラッチーミートをできるように(^^)
      わーこれがはやくできるようになりたいです!これできるとカッコいいですよね。
      コツコツしっかり練習をがんばります!

      >お互いがんばりましょう(^^)
      Caraさんとはレベルが違いすぎて恐縮です…!
      引き続きよろしくお願いいたします!