ポルシェ ボクスターで行く2000km年末ツーリング【Day2】

ボクスターGTS
ツーリング記

先日の、ポルシェ ボクスターで行く2000km年末ツーリング【Day1】の記事に続き、夫が【Day2】を書いてくれた。よろしければぜひご覧ください。

ボクスターツーリング

AM7:00、ホテルの朝食をかきこみ、出発の準備をする。今日は広島〜山口周辺を旅することにしたが、ほぼノープランだ。しまなみ海道は何度も行ったし、たまには別の所も行ってみようと思い、周防大島(屋代島)にまずは向かってみることにした。

大島大橋

周防大橋

とりあえず海岸沿いを走ってみるものの、交通量もそれなりにあり、あまり楽しい道ではない。そこで、山中に大島オレンジロードという道を発見したので、まずは、そこを走ってみることにした。

この時期は落ち葉が多くて、やや走りにくかったものの、タイトなワインディングが続く道だ。交通量は地元の軽トラくらいで、ほぼゼロ。誰も走っていない貸し切り状態だ。

海岸沿いを屋根をあけてクルージングするのも良いが、やはりボクスターは曲がってナンボのクルマだ。リズミカルに舞うようにコーナーを堪能し、落ち葉を巻き上げながら師走の屋代島を駆け抜けていく。

大島オレンジロード

瀬戸内海とボクスター

あいにくの曇天で景色はあまり期待できなかったが、それでも瀬戸内海の海はどことなく懐かしい。

ボクスターで山口県秋吉台へ

少し休憩を挟んだ後で、次のルートを考える。やはり山口に来たら秋吉台や角島大橋は行っておきたいと思い、まずは秋吉台までボクスターを進めた。

小郡ICで高速を降りて、一気に秋吉台を目指す。
カルストロードも絶品だが、そこへ続くR435も素晴らしい。道幅は広めで、ここも名道の一つだと思う。
ボクスターは一気に標高を上げ、カルスト地形が見えてくる。素晴らしい道と景色だ。

なんとなく阿蘇周辺のミルクロードにも似ており、それをもう少しコンパクトにしたような道だ。

カルストロードとボクスター

途中、路側帯にクルマを停めて、写真を取っていると、バイクでツーリングに来られていた地元の方が親切に撮影スポットを教えてくれた。ツーリングはこういう出会も楽しい。

以前、来た時はもっと観光客が多く混雑している印象だったが、コロナ禍ということもあり、秋吉台の展望台はガラガラで、観光客もまばらだ。どんよりと曇った天候だったが、こういう天候とカルスト台地の雰囲気もよく合う。

秋吉台

休憩を挟んで、次は日本海側へと北上。そして角島大橋を目指す。角島大橋は以前、E36のBMW318isで来た時以来だ。ここもドライブにはオススメの道で、景色を楽しむには抜群の道だと思う。この日は天気こそイマイチだが、暖かい海風が気持ちいい。

角島大橋

角島大橋

オープンカーで走る角島大橋は最高だ。風、光、そして海の香りなど全てが五感に語りかけてくれる。まさに非日常を味あわせてくれる。オープンカーで良かったと思う瞬間だ。

角島に上陸すると道の駅やレストランなどもあるが、あまり時間も無いので、先を急ぐ。今日中に九州に上陸しないといけない。

R191を南下中に、信号待ちで停まっていると、右のエアインテークから異音がする。何かが擦れているような音がかすかにするのだ。
おそらく、周防大島の落ち葉だらけのワインディングを走った時に落ち葉を吸い込んだのだろうと思い、道中で見つけたホームセンターにかけ寄る。

駐車場でエアインテークを覗き込むと、案の定、落ち葉がファンに擦れて音を立ててるのだ。これはボクスター・ケイマンのあるあるで、落ち葉の多い所を走ると必ずといっていいくらい落ち葉を吸い込むのだ。もう少し何か保護ネットのようなものを張って、異物が入らないように設計してほしいものだが、何とかならないものだろうか。

ちなみに718ボクスター・ケイマンではここにポイ捨てしたタバコの葉が入り中にある落ち葉等に引火する可能性があるということで、2018年にサービスキャンペーンがあり、改良された保護グリルが付いたそうだ。

ホームセンターで針金ハンガーを購入。ハンガーを解体して落ち葉を引っ掛け、なんとか取り出して再出発だ。

先程まで何とか持っていた天候も、雨がポツポツと降り出した。関門海峡を渡り、九州自動車道を走っていると、雨も本降りになってきて、路面にもかなり水が溜まってきている。GT3のカップタイヤなら、恐る恐る走らないといけないが、ボクスターに履いているミシュランのパイロット スポーツ4Sはウェットでも本当に安心して走れる。

やはりツーリングに行くなら、カップタイヤじゃない方がいいなと思う。

雨の夜のボクスター

とりあえず、この日は柳川市に宿泊。明日は阿蘇周辺まで足を伸ばして、九州を縦断する計画を立てて眠りについた。

Hiro

Minaの夫です。 ファッションやステータスシンボルでクルマは乗りません。運転して楽しく、工業製品として優れ、作り手の意思が感じられるようなクルマを好んで乗...

プロフィール

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 8 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. wata

    昇天街道の翌日は、瀬戸内の島から秋吉台、そして角島へ!
    いや~、イイですねぇ。
    ちなみに私の981も、サイド・インテーク内によく落ち葉を吸い込んでカサカサ言ってます。
    982の4気筒モデルとは構造が異なるため発火の心配はありませんが、やっぱり気になりますね・・・。
    とは言え、網を貼ったりして吸気効率が下がるのもイヤなので、その都度、針金で摘出しています。

    ・・・と、ご主人にお伝えください(笑)。

    • MinaMina

      wataさん
      有難うございます!
      めちゃくちゃ気持ちがよかったようです!

      >ちなみに私の981も、サイド・インテーク内によく落ち葉を吸い込んでカサカサ言ってます。
      夫は、wataさんの動画を見て参考にさせてもらって、針金で摘出したそうで
      「さすが師匠や!!」と言っておりました(笑)

      wataさんがいつも謙遜してくださいますが、
      夫にとってwataさんはいつまでも師匠みたいなので、これからも背中を追いかけさせてください!笑

  2. 718スパイダー納車待ちマン

    はじめまして。いつも楽しく見ています。
    987ケイマン→997カレラ4S→現在718素ボクスターに乗りつぎ、来月頭に718スパイダー納車予定です。こちらのブログを参考に初めてPCCBを選択しました!今から楽しみです(^^)
    質問ですが、今回の記事でgt3のカップタイヤだと雨だと恐る恐るとありますが、やはりそこはかなり気を使うところなのでしょうか?
    私のスパイダーも悩んだ末にカップタイヤにしたので気になります。旦那様の実体験等教えて頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

    • MinaMina

      718スパイダー納車待ちマンさん
      いつもブログをご覧いただき有難うございます!
      おぉー718スパイダー納車待ちでいらっしゃるのですね!!
      おめでとうございます!!!

      夫にカップタイヤについて聞いてみたところ、
      「夏は路面に水が溜まってなければ、まぁ何とか走れる。濡れてるくらいなら大丈夫。
      でも、冬はドライ路面でも一般道だと全然食い付かないし、冬の雨は最悪で、普通に走っててもキツいカーブではespが動作することもある。
      基本、ハイパフォーマンスタイヤは7℃以下では使用しないように言われてるけど、カップタイヤは特に低温グリップが弱い。
      だから、低温の雨は特に気を付けた方がいい。」
      とのことでした!

  3. Mar

    こんばんは。初めてコメントさせていただきます。
    私は秋吉台のふもとで育ち、学校の遠足などでよく訪れていましたので、懐かしい風景の写真を見て感慨に浸っていました。
    現在はNDロードスターでドライブを楽しんでいるのですが、いつかはボクスターを・・・と思いながらブログをいつも読んでおります。
    ツーリング記の続きも楽しみにしています!

    • MinaMina

      Marさん
      コメントをいただき有難うございます!
      そしていつもブログをご覧いただき本当に有難うございます!

      秋吉台のあたりが地元でいらっしゃるのですね!
      あんなに雄大な景色がいつでも見られるところで育たれたなんて、とてもうらやましいです。

      NDロードスター、私も一度運転させていただきましたが、
      とても良い車で、しっかり作られていて、今でも夫と「あのロードスターは良かったよなー!」と話をすることもあります。

      ツーリング記、しばらく続くと思いますが、
      ぜひお付き合いいただけたら嬉しいです!
      引き続きよろしくお願いいたします。

  4. ポール

    こんにちは。

    いつも楽しく読ませてもらっています。

    独りでツーリング、いいですよね。
    ホテルに独りで泊まり、好きな時間に好きなように食事を摂り、
    誰にも気を使うことなく、自由気ままに行動できるのがいいですよね。
    (もちろん、夫婦旅行・家族旅行、グループ旅行も楽しいです)

    私も幌を開けて走るのが大好きです。
    山の中のワインディング、海沿いのワインディング(城崎から香住にかけての道等)、
    最高に楽しいですよね。

    雨の日にこのようなブログを読むのは
    疑似体験として面白いです。

    これからも楽しみにしています。

    • MinaMina

      ポールさん
      いつもブログをご覧いただき有難うございます!
      夫は一人でツーリングに行くことが、明日への仕事への活力になっているようで、
      おっしゃるように、家族旅行もいいけれど、やっぱり一人で自由にきままに思うように動けるというのはいいですよね!

      ここのところ雨が続きますが、
      また晴れて気候もよくなって色々と状況も落ち着いたら、
      私も少し遠くへツーリングに行ってみたいなぁと、夫の記事を読んで思いました(笑)