ポルシェ カイエンクーペに試乗(前編)|乗り心地使い勝手はどう?

各車試乗レポート

ポルシェ カイエン クーペ

先日、カイエンクーペを試乗させて頂くことができた。6月に入り、子どもたちの小学校や幼稚園が始まり、ようやく午前中は自由な時間がとれるようになったので、その時間で夫と二人で試乗させてもらうことになったのだ。

夫と二人で試乗に行くなんて、何年ぶりだろうか…。いつもは子どもたちがいて「遊びたい」「ジュースが飲みたい」「トイレに行きたい」などと色々言ってくることに対応するのが大変だが、大人2人だけだとこんなにスムーズにことが運ぶのかと感動した(笑)

今回試乗させて頂いたのは、今年日本に上陸したカイエンSクーペ。ボディカラーはクォーツァイト グレーメタリックだ。今年に入り、ディーラーでカイエンクーペの姿を初めてみた時「SUVなのに車高が低く見えてシルエットがかっこいいなぁ」と思ったが、改めてこの日見てみても、スポーティできれいなスタイルだった。

今回試乗したカイエンSクーペは、オプションてんこ盛りな仕様で、

ツートーンレザーインテリア、エアサス、PASM、リアアクスルステアリング、スポーツエグゾースト、21インチカイエンエクスクルーシブデザインホイール、マトリックスLEDヘッドライト、自動防眩ミラー、プライバシーガラス、ヘッドアップディスプレイ、コンフォートアクセス、ソフトクローズドア、アンビエントライト、18way電動アダプティブスポーツシート、シートヒーター(フロントおよびリア)、シートベンチレーション(フロント)、ステアリングホイールヒーター、スモーカーパッケージ、アルカンターラルーフライニング、アルミニウムインテリアパッケージ、BOSEサラウンドシステム…etc

とのこと。気になるオプション代総額は、なんと約530万円…!!!

カイエンSクーペは1485万円なので、オプション含めると2000万円を超えているというわけか…。正直「オプション代にそこまで出すなら、いっそのことGTSやターボを買った方がいいのでは…」と思ってしまった。

というわけで、私は現在妊婦(妊娠8ヶ月)なので、どうしても通常より乗り心地重視になってしまうが、その視点でまずは試乗の感想を書いてみたいと思う。

カイエンクーペ

①乗り心地が上質

現行型カイエンには、今までに何度か乗らせてもらったことがあるが、ポルシェのラインナップの中で、最も乗り心地がラグジュアリーなのが現行カイエンだと思う。とにかくなめらかで、上質だ。

あれ、いつも走ってるこの道路、工事して綺麗になったの?」と思うほどに、何事もなくスーッと進んでいく。今までに、他社のSUVに何台か乗せてもらったことがあるのだが、その中でもずば抜けて乗り心地が良い。(あ、ベントレーのベンテイガはさらに上質だったが、あれは価格が違いすぎて別格な感じがした…)

夫いわく、先代のカイエンよりも、乗り心地は格段に良くなっているそうだ。

ポルシェは、運転席と助手席で乗り心地や快適性が異なるクルマだと思うけれども(運転席のほうが良い)、カイエンに関しては、助手席も快適だった。特に、今私はお腹の大きな妊婦なので、クルマが揺れる度にお腹に力が入るととても辛く、乗り心地に関しては通常よりも敏感になっているのだけれども、こんな私でも、とても乗り心地がよく快適なのだ。

夫も、

さすがやなぁ、カイエンの乗り心地はすごいなぁ。ポルシェの中で一番乗り心地がええわ〜

と言いながら運転していた。

街なかをしばらく走った後は、芦有ドライブウェイへ。芦有ドライブウェイはタイトなカーブが多いので、カイエンだと、他のポルシェよりもカーブを曲がるときにロールを感じやすかった。ただこれに関して夫は、

前にPDCCがついているカイエンに乗った時はさほどロールせんかったから、やっぱりカイエンを買うならPDCCつきがいいなぁ。

と言っていた。

ただ、カイエンにはオフロード走行向けの三角形のグリップハンドルがついているので、それを掴んで体を支えられるのは便利だ。

次に、後部座席にのってみたが、乗り心地は当然いいけれども、前席よりも少しかたい感じがした。夫いわく

SUVは、荷物を後ろにかなり積むことを想定してるから、ちょっとリアは硬めな場合が多いで。

とのこと。後部座席の乗り心地については、パナメーラの方がなめらかかもしれない。

とはいえ、以前数日間乗らせてもらったメルセデス・ベンツGLS450に比べると、後部座席の揺れは格段に少なく、山道を走って酔ってしまうといったことはまったくなかった。

またクーペでも、後部座席の空間は広く、天井も高い。シートに深く腰掛けて、ヘッドレストに頭をつけた状態でも、頭上はこぶし2つ分の空間があった。まぁ、通常のカイエンと比べると低く感じると思うが、最初にクーペに乗って「狭い、低い」と感じることはまず無いと思う。

っていうかこうしてみると髪の毛の色が抜けすぎてやばい。美容院いかないと….。

②運転がしやすい

途中で運転を交代させてもらったが、とにかく、とにかく運転がしやすい。発進時、出だしがとてもなめらかで気持ちよく、スーッと進んでくれる。

アクセルペダルも軽すぎることなく、ちょうど良い踏み心地で、ブレーキペダルにはしっかりと重みがあり、踏めばポルシェらしくググッときいてくれる。ブレーキを踏む度に「気持ちいいなぁ…!」とつい口にしまうほどだった。

また、カイエンSクーペの横幅は、先代のカイエンよりも長く「1983mm」だが、そんな巨体感は全く感じなかった。目線が高いので運転がしやすく、正直パナメーラよりも小さく感じるほどだった。

カイエンは当然、ポルシェならではの高次元の「走る・曲がる・止まる」の性能を備えているので、運転していて絶対的な安心感がある。車に身を委ねておけば、難しいことを考えなくても、楽に、気持ちよく運転ができる。

そしてこのカイエンと比べると、パナメーラはやはりスポーティなクルマなのだと改めて思った。

いや〜これは運転が楽やわ〜そらカイエン売れるはずやわ〜奥様の普段遣いでカイエンとか、超最高やなぁ!

と言いながらしばらく走っていたが、こんなに運転が楽で気持ちが良いカイエンに慣れてしまうと、確実にGT3や空冷ポルシェの運転は下手になってしまうだろうなぁ…(笑)

③家族全員が満たされる

ポルシェのスポーツカーモデルの場合、「ドライバーはとても楽しいけれども、同乗者はあまり快適ではない」というモデルも多いように思う。

ポルシェの走りを存分に楽しめてテンションが上がっていく旦那さんを横目に、助手席の奥さんは乗り心地があまり良くなくテンションが下がっていくような…またノーマルの911に関しても、前席の人たちにとっては快適だけれども、後部座席に子どもたちが座るには少し窮屈だったりする。(そもそも911の後部座席を使う人は少ないかな…)

また、仮に車内が快適でも、トランクの積載量が少なく、育ち盛りのお子さんを持つお母さんには「ポルシェは全然荷物がつめなくて使いづらいクルマ」というイメージになっていることも多い。

一方、家族の乗り心地重視でミニバンやSUVを所有しているお父さんの話を聞くと「室内が広く家族はとても快適だけれど、ドライバーは運転が楽しくなくて長距離は疲れる」「お父さんは単に運転手として家族を目的地へ運ぶだけ」という言う声が多いように思う。

つまり「乗る人全員のニーズを満たすクルマ」を探し、購入するのは、実際はかなり難しいことだ。

そういった中でカイエンは、「乗る人全員のニーズを限りなく満たせるクルマ」だと思う。上質でなめらかな乗り心地で車内も広く家族は快適、また一旦加速するためにアクセルを踏み込むと、そのエンジン音や加速、直進安定性、高速でのレーンチェンジは「さすがはポルシェ!」と嬉しくなるし、ハンドリング、ブレーキ全てにおいて、ポルシェの走りを楽しむことができてドライバーも嬉しい。

そして、家族5人で、旅行はもちろん、スキーだって、海だって、どこでも行けてしまうし、荷物もたくさん詰める。今回初めて知ったが、オフロード用の設定も細かく設定されているので(砂利、泥、砂、岩)、路面の状況に応じてボタンを押すと、前後の駆動配分や車高が変わるようになっている。

助手席に乗っている分には、そこまで大きな違いは感じなかったが、運転していた夫は変化がとてもよく分かったそうだ。こんな機能があるなら、あえて足元の悪い道を走ってみたくなるなぁ…w

また、カイエンは、アウトドアに使えるSUVにも関わらず、旅館やお高いめのホテルにも堂々と行ける高級感もかね備えている。

そんな中、しいて使いづらい点を挙げるならば、車幅(ボディサイズ)だろうか。現行モデルの車幅が1980mmを超えたことで、自宅マンションの駐車場にギリギリ入らなくなり、先代から現行モデルに乗り換えしないという方も多いようだ。

運転している分にはボディサイズはあまり問題ないけれど、やはり日本だと駐車場問題がネックだよなぁ…。

あとは、パナメーラだと運転しながらでもタッチパネルで様々な設定を変更することができるが、今回試乗させてもらったカイエンでは運転中は操作できない部分もあった。

ただそれ以外は本当に万能車で、カイエンは本当に魅力的な存在だと感じた。試乗を終えた後夫は、

やっぱりカイエン欲しくなるなぁ…まぁ買うなら、320iの買い替えというのが現実的やけど、でもそれやとわが家のクルマのラインナップがポルシェまみれになるし、それもなぁ…。

などとぶつぶつ言っていたw

では、また後日、追って夫の試乗の感想をお届けできればと思う。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. くるまにあ

    オプション金額を聞くと、めちゃくちゃこだわった エクスクルシーブとかヘリテージとかどんなオーダー車かと思いきや・・
    メルセデスあたりなら標準装備的なものばっかりで笑いましたw。ほんとGTSがベストバイですねw 
     

    • MinaMina

      くるまにあさん
      確かに…w ほんとにそうですね。メルセデスだったら標準装備(笑)
      そう考えるとやっぱりGTSモデルってすでにオプションが結構ついていてお得ですね!
      ポルシェはお商売がほんとに上手だなぁ〜笑

  2. 風の坂道

    カイエンクーペ! 良いですね〜

    僕がオーダーした時はクーペは噂でしたし、車体色の選択肢が限られていました(悲)

    カイエンの数少ないデメリットはご指摘のように車幅ですね〜 やはりどこに行くのも駐車場の下調べは必須うですね。
    特にGoogle mapのストリートビューで、スペースの余裕を事前チェックです。
    停められるか否かではなく、乗り降りの余裕とお互いにドアパンチしないかが重要です!

    でも、ご家族が増えると言うことなので、ゆったりゆっくり箸休めのようなカイエンにぜひ1票です!

    • MinaMina

      風の坂道さん
      そうですよね、以前はカイエンクーペは噂にすぎなかったのに、発表されて日本にやってくるのははやかったきがします。

      >停められるか否かではなく、乗り降りの余裕とお互いにドアパンチしないかが重要です!
      確かにそうですね、そこは本当に重要なポイントですよね。

      >でも、ご家族が増えると言うことなので、ゆったりゆっくり箸休めのようなカイエンにぜひ1票です!
      夫はかなりカイエンに傾いています。そして私もそんな夫の背中を結構押しています(笑)
      やっぱりいいですね、こんなに乗り心地よくて気持ちがいいクルマだったのだなぁと改めて感激しました。

      どこかに良いカイエンの中古がないかな〜と夫は探してるみたいです^^