弟のフェラーリ GTC4 ルッソTが納車された。ポルシェ乗りの兄が乗るとどう感じるか?

フェラーリ GTC4ルッソT
各車試乗レポート

先日、義理の弟が、納車されたばかりのフェラーリ GTC4 ルッソTに乗ってわが家にやってきた。私はすでに妊娠9ヶ月でお腹も大きく、スポーティなクルマに乗ると最近は酔うので(自分で運転する分には大丈夫だけど…)、今回は夫のみが乗せてもらうことになった。というわけで、試乗の感想を夫が書いてくれたので、よろしければご覧ください。


私の弟がかねてより注文していたフェラーリ GTC4 ルッソTが納車になり、少し運転してみたのでその感想を今日は書いてみたい。

クルマ好きの弟について

ところで、たまにこのブログに出てくるこの『』というのはいったい何者なのか?と疑問を持たれている読者の方も多いと思うので、最初に簡単に紹介しておこう。

弟は私の5歳年下、見た目や性格は私とは全くもって似つかず、他人が見ればまず兄弟と思われることはないくらい似ていない。一方で共通点もあり、私と同様、全くイチから自分で起業して、今では人材関連のビジネスを中心に手広くやっている。そして、根っからのクルマ好きだ。

ただし、クルマの趣味は大きく異る。イタリア車好きで、スーパーカー好き、SUV好きと、私とは全く異なる趣味を持っている。私も現時点で、弟が何を何台持っているのか、よく分かっていないのだが、過去に買ったクルマを把握している限りでは、

フェラーリ488スパイダー、マセラティ ギブリ、マセラティ グラントゥーリズモ(2回買ってたw)、AMG G63、レンジローバー スポーツ、ランボルギーニ ウラカン、レクサス LX570、ポルシェ マカン ターボ・・・

などが愛車遍歴だ。今も購入意欲は留まるところを知らず、フェラーリのV8 トリビュートも近々納車される予定らしい。

こんなクルマの趣味なので、どこまで行ってもお互いのクルマの趣味を完全に理解することは出来ない。そうは言っても、会えばビジネスの話よりもクルマの話になり、たまに夜に電話で1時間くらいクルマの話をしてしまうくらいなので、どこかで理解し合える部分があるようだ。

フェラーリ GTC4ルッソT、試乗

そんな弟が、フェラーリのGTC4 ルッソTが納車されたということで、早速自宅まで乗ってきてくれた。

GTC4 ルッソは、何度か見かけたことはあるが、マジマジと見るのは今回が初めてだ。ルッソTなので、これはV8エンジンを搭載したモデルで3.9リッターのターボエンジンからは最高出力610ps/最大トルク760Nmを絞り出す。

フェラーリ GTC4ルッソTのエンジン

外観はワゴンというか、シューティングブレークというか、何とも個性的なデザインをしている。私と同年代くらいの人なら『BMW Z3 クーペやん!』と言ってしまう人もいるかもしれない。

フェラーリGTC4ルッソTをドライブ

弟に聞くと、フェラーリが大好きなので、家族で乗れて普段使いも可能なフェラーリが欲しかったとのことで、これにしたそうだ。確かに、これなら4人乗れるし、荷物も結構積める。最低地上高も十分にあるし、488などと比べると確かに気を遣うシーンは少なそうだ。

内装は白革を貴重に、こだわって指定したブルーのステッチがポイントだそうだ。コクピット周りの質感はフェラーリの例に漏れずとても高く、高級感は満載だ。(この白革はめちゃくちゃ汚れやすいらしく、常にクリーナーが手放せないとのこと)

フェラーリ GTC4ルッソT 内装

フェラーリ GTC4ルッソTのシート

このクルマは4シーターなので、後ろ座席にも座ってみたが、身長183cmの弟が前席に余裕を持ったポジションで座り、177cmの私が後部座席に座ると、こんな感じだ。コブシ1個入らないくらいか。まぁ、1時間くらいのドライブなら全然こなせそうな後部座席で、想像より快適だった。

エンジンはかなりフェラーリにしては静かな方で、ハンドルのスタートボタンを押した時の始動も「フォーン!」と軽く吠えるだけで、スムーズに始動する。

走り出してみると、ボデイの剛性感が凄い。ポルシェよりも体感上の低速域でのボディのしっかり感は強く感じる。

気になる乗り心地はというと、それなりに固めだ。ボディがとてもしっかりしているので、不快とまでは言わないが、4シータークーペのイメージからは裏切られる。街乗りも全然できる範囲ではあるが、そこはちゃんとフェラーリであり、あくまでスポーツカーの乗り心地と思ってもらったほうが良い。フェラーリで言えば、私の経験ではカリフォルニアの乗り味に近いが、それよりももっと硬質感があるように感じた。

当初、ポルシェで言うところのパナメーラ的な乗り心地かと思っていたが、それよりは2段階くらい固め。通常の911などよりもやや固く感じ、コロコロと路面の凹凸を伝えてくる。ちなみにタイヤはミシュランのパイロットスポーツ4Sだったので、タイヤのせいではなさそうだ。

とはいえ、走行距離が1000kmちょっとの新車なので、もう少し距離を走りサスが馴染んでから再度、乗り心地は評価してみたい。

フェラーリ GTC4ルッソT

次のページ→フェラーリ GTC4ルッソTをワインディングで試した!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. ウーパー

    ホント兄弟って違うもんですね。

    私にも弟がおりますが、バイクマニアです。
    もちろん車も好きなのですが、車よりバイク。
    私も決して嫌いではないので、それなりの情報
    は仕入れているつもりですが、そんな私ではよ
    く分からない外車に乗ってます。
    びっくりする程の高額で、キロ当たりの単価な
    ら多分ポルシェやフェラーリより高いのではな
    いかと(苦笑)
    パワーウエイトレシオもスゴいし、こんなもの
    公道で走らせて良いのかと、GT3どころの話で
    はありません。
    とても怖くてスロットル開けられないです。

    まあ、弟が言うには、バイクを手放した私は飼
    い慣らされているらしいですが…

    • MinaMina

      ウーパーさん
      兄弟でも違うのですね(笑)
      でも、兄弟揃ってバイクやクルマが好きというのも珍しい気がしますので、
      趣味は違えど色々会話が出来て楽しそうだなぁと想像しておりました。

      バイクの世界も奥が深そうです…w