ポルシェ パナメーラ|4年所有してみた感想

ポルシェ・パナメーラ

妊娠7ヶ月のカーライフ

早いもので私は既に妊娠7ヶ月になり、お腹もかなり大きくなってきたのだが、最近自分の思考回路が妊娠前と比べると大きく変化したことを実感している。人間の体というのは不思議なものだなぁとつくづく思う。

私は以前から比較的、新しいことやチャレンジすることが好きなタイプなのだが、今は、そういった気持ちがあまり起こらなくなった。自分の体内から男性ホルモンが完全に消えて、女性ホルモン一色になった感じで、まさに巣ごもりとでも言おうか…w

1人目、2人目妊娠の時は出産直前までガンガン働いていたので、攻めの姿勢を常に持っていた気がするけれど、今はコロナウィルスの影響で毎日子どもたちは家にいるし、外にも出れず身動きが取りづらい状況なので、余計に気持ちが巣ごもり状態になっているのかもしれない。

なので今は、まるで人が変わってしまったように「運転がうまくなりたい」とか「大好きなクルマで遠くに走りに行きたい」という気が以前と比べると減り、それよりも家でゆっくりしようという気持ちの方が大きくなった。

とにかく動きたい、常に何かしていたいタイプの私がこんな風になるとは…いやはや、本当に母体の変化というのは不思議なものだなぁ。

クルマに求めるもの

同時に、クルマに求めるものも変わった。以前の私は、「クルマの乗り心地があまり良くない」ことについて、そこまで気にならなかった。もちろん乗り心地が良いに越したことはないけれども、どちらかというと足回りは固めが好きだし「これだけ走りがすごいんだから、乗り心地が犠牲になっても仕方ないなぁ」と思うことが多かった。

ところが、自分のお腹が大きくなるにつれて、乗り心地がかなり気になるようになった。路面の状況が良くないところでの、”揺さぶられ”がとても辛いからだ。お腹に直に振動が来るので、その都度お腹に力が入ってしまうため、乗っていてしんどいなぁと感じることが増えた。

また最近は、ポルシェに乗って長距離走りに行くことはなく近所の移動だけなので、余計に低速での乗り心地や快適性が気になり出した。

そんな状況の中、先日パナメーラに久しぶりに乗ったのだが、改めてパナメーラの凄さに感動した。(乗る度に毎回感動してる気がするけどもw)

乗り心地は滑らかで、エアコンもすぐに効いてくれるし、窓ガラスから差し込む日光も暑くないし、室内もゆったりしている。私は普段マニュアル車に乗っているので(BMW320i)、ATでもつい左手をシフトレバーに手を置いてしまう癖があるのだが、パナメーラのシフトレバーは軽く握ると手にフィットして、なんとも落ち着く。(992のシフトレバーは小さいからこれができないのだなぁ)

他のポルシェだと「GT3は走りはいいけど、乗り心地がなぁ」「ボクスターは楽しいけど、暖房がきくのがかなり遅いなぁ」「空冷はとにかく車内が暑いなぁ」など、走りが素晴らしい分、快適性の部分で少しマイナスに感じてしまう部分があるが(とはいえ贅沢な環境に感謝だな…)、パナメーラに関しては一切そういったことがなく、ストレスフリーだ。

車内は広く快適なので、子どもたちも色々と文句を言わずおとなしく乗ってくれる。(これ大事w)そういった部分でもパナメーラは、運転手や同乗者にとって心地がよく素晴らしいクルマだと思う。だから、いつまでもどこまででも乗っていたくなる。

また街乗りは快適な一方で、高速道路を走れば新幹線のぞみのようにスムーズで、山道を走るとその巨体が小さくなったかのようにキビキビと走ってくれる。パワー感や加速力も申し分ない。

さすがは「走りと快適性を両立する」パナメーラだ、すごい。

あとパナメーラはもちろん巨体だけれども、最近は細い道でもカイエンやメルセデスのSUVが走っているのをよく見かけるし、このボディサイズに慣れてしまえば、普通の道や駐車場は特に気にならなくなる。(大阪市内に行くと駐車場とか気を遣うけれど)

もうすぐパナメーラを購入して3年が経つ。今後のわが家のライフスタイルを考えると大きいクルマはいらないということで車検までにパナメーラを買い換える話になったけれども、パナメーラはどのようなシチュエーションでも使えるクルマなので、今は、あと5年でも10年でもずっと乗っていたいクルマだなぁと正直思う。

今まで、4年以上(以前わが家にあったパナメーラエディションと合わせると)、あらゆる角度からパナメーラを見てきたけれども、知れば知るほど、どんな状況にも対応できる魅力的なクルマだと思わされる。

これからのカーライフ

自分たちが置かれている状況によって、クルマに乗って感じることやクルマに求めることはどんどん変わっていく。それにしても、クルマブログを書いているような自分が、まさかこういった心境になるとは、妊娠当初は思ってもみなかった。

一方、クルマオタクの夫は今後も変わることはないと思うが…w

きっとこれから先も、価値観が変化することや、以前は想像だにしていなかったことが起こると思う。こんなことを言いながら、出産後は動きたくてうずうずして、クルマに乗りまくっているかもしれないし(笑)

これからも、その都度変化を素直に受け入れて、その時々の感覚を大切にして、今の環境に感謝して、カーライフを楽しんでいけたらいいなぁと思う。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. nave

    Minaさん、旦那様こんばんは。

    もう7ヵ月なんですね。
    経過は順調そうで何よりです。
    2ヵ月後?のビッグイベントのご無事を心よりお祈りしております‼️ さすがのMinaさんも巣籠もりなんですね。
    お察しの通り全てはホルモンのせいです。Minaさんの性格が、変わったように感じるのもホルモンのせいなので、間違いなく出産後は戻りますよ☺️
    これはぼくの勝手なリクエストなんですが、旦那様はボディーコーティングについてどのようにお考えでしょうか?
    ボディーカバーもオートクチュールなんでひょっとしたらコーティングも何かしらの拘りがあるのかな?と思いました。勿論ボディーコーティングをしないとしてもやはり旦那様なりの考えがあってしないという選択肢を選んでいるはずなのでその理由も知りたいです。あとオイル添加材も入れるのか入れないのかとか………。勝手なお願いをしてすいません。今後万が一ネタ切れ(多分ネタが尽きる事はないと思いますが)の際に思い出して頂けると幸いです。

    • MinaMina

      naveさん
      いつも有難うございます!
      なるほど、やはりホルモンの影響なのですね。
      なんか自分の性格が面白く無くなったなぁ…と我ながら思ってしまうのですが、
      出産後は戻ると聞いてホッとしました(笑)

      なるほどボディコーティング、
      夫は特にこだわりないようにはたから見ていたら思うのですが、ちょっと聞いてみます!

      ボディコーティングは皆さんもきっと気にされていると思うので、
      ブログのいいネタになりそうです(笑)
      有難うございます!
      引き続きよろしくお願いいたします。