パナメーラが、3度目のパンク!とうとうタイヤをミシュランパイロットスポーツ4に替えた!

ポルシェ・パナメーラ

パナメーラ、またパンク

先日、「パナメーラに2年乗っているがあまり故障しない」という記事を書いたところなのだが、

納車から2年。パナメーラ(971)の故障・不具合まとめ

なんとこの度、パナメーラは3度目のパンクに見舞われてしまった。その日は、芦有へ行った後に買い物に行き、スーパーでクルマを停めたのだが、その瞬間に、警告が。

前回のパンクに引き続き、また今回も右前タイヤが「-0.4」だ。その他のタイヤはなんともないようだから、絶対パンクなんだろうなと思ったが…釘やボルトを踏んだ記憶は無いし、トラックの後ろすれすれに運転したわけでもないのに、なぜまた右前なんだろう…。帰宅後夫に言ってみると、

そうなん!また右前タイヤ?もしかしたら、家の駐車場から出るところに毎回釘とか落ちてるんやろかw

と…でも、そんな大きな釘であれば乗る前に気づくはずだしなぁ。というわけで、後日ポルシェセンターに連絡をし、午前中にパナメーラを持ち込んで、確認してもらうことになった。

以前、パンク修理をお願いした時は、オイル交換もあわせて1時間〜1時間半の待ち時間だったので、今回もそのくらいかと思い、娘をキッズスペースで遊ばせたり、展示車を見たりしながら待っていたところ、

お店の方がやってきて、こんな風におっしゃった。

タイヤの劣化により、以前パンクの修理をしたところから徐々に空気が漏れている状態でした。前回の1年点検の際に、フロントタイヤの溝が随分減っているので、そろそろタイヤを交換した方が良いというお話をしましたが、今回タイヤパンクの修理をしても、また同じようなことになる可能性もあります。できれば、タイヤ交換して頂く方がいいのですが、内張り修理できるかやってみましょうか?

とのこと。夫にメールをしたところ「とりあえずは内張り修理でお願いしよう」ということだったので、代車をお借りして、一旦帰宅することになった。

代車、カイエンS

点検に来たわけではなく、パンクなので、代車は乗れればなんでもいいので…」と言っていると、わが家の担当のHさんが”にやり”と笑って「分かりました、少しお待ち下さい」と。そして、数分後戻ってこられて「代車を用意できたので、ご案内します」と言われついていくと…

カイエンSやないかッ(゚д゚)!!

そんなことなら、1週間くらいパナメーラ預けてずっとカイエン乗るのでもいいけど…!と思いながら、遠慮なくカイエンSをお借りし、帰路についた。

カイエンS、当然ではあるが、とてもなめらかで、運転がしやすい。この巨体でこの軽快感は本当にすごいと改めて思った。それにしても最近は、ドイツ車から国産車まで、おかげさまでいい車にばかり乗せて頂いて、「バチが当たりはせんか」と思ってしまうこともある。

パナメーラ、ついにタイヤ交換

カイエンをお借りした私はご機嫌で帰宅し「せっかくだから、カイエンで昼からどっか走りに行ってみようかなぁ」などと思っていたところ、すぐにディーラーから連絡があり「やはりタイヤの劣化がひどく、内張り修理は無理だった」とのこと。

やはりタイヤ交換をするしか無いのかぁ…

というわけで、一旦この件は夫に対応してもらうことにしたところ、後日パナメーラのタイヤを4本ともミシュランパイロットスポーツ4に交換することになった。

そして、せっかくお借りしたカイエンは、その後すぐに担当のHさんが取りに来てくださり、走りを味わう時間も無いままお別れとなった…。

Hさんも「すみません、こんなはやく取りに来てしまって…」とおっしゃっていたが、もともとお借りする予定では無かったし、それは仕方がない。

そして後日、タイヤ交換を終えたパナメーラが久々にわが家に戻ってきたのだが、夫は

パナメーラのタイヤ、良くなってるわ。スーッと転がる感じで、足元が軽くなった印象やな。でも、前のピレリと比べると、そこまで劇的ではないわ。それだけ前のピレリ P-ZEROも良いタイヤやったんやろなー

と言っていた。私も久しぶりに、パナメーラでどこかに走りに行ってみようかな。そして、夫婦で少し乗ってみた上で、追ってミシュランパイロットスポーツ4の感想について記事にしてみようと思う。

 

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。