【速報】ポルシェ タイカン(Taycan)の全貌が明らかに – ワールドプレミアの内容まとめ

ポルシェ・タイカン

タイカン ワールドプレミア

2015年9月、フランクフルトモーターショーで「ポルシェ初の4ドアEVスポーツのコンセプトカー」として『ミッションE』が発表されてから、実に4年。

ポルシェは本日、日本時間の9月4日22時に、ポルシェ初の量産型4ドアEVスポーツカー、タイカン(Taycan)のワールドプレミアをライブストリーミング配信した。私はオンタイムで見たが、英語に疎く全ての情報を拾うことは到底できなかったけれど…ワールドプレミアの様子を簡単にご紹介したいと思う。


(ライブ配信の時間まで、カウントダウンがされていた)

タイカンのワールドプレミアは、3箇所同時中継された。ドイツの太陽光発電所、カナダのナイアガラの滝の側の水力発電所、中国は福建省の風力発電所だ。

タイカンについて

918スパイダー、919ハイブリッドの技術が反映されたタイカンは、EVスポーツカー史上初となる、800Vシステムを搭載している。従来の電気自動車は、400Vシステムが一般的だったが、タイカンはその倍の800Vシステムを備えることで「高レベル、高パフォーマンスを安定して発揮することが可能」となった。以下、上位モデルのタイカンターボSの数字だと思われるが、

・最高時速は260km/h
・0-100km/hは2.8秒、0-200kmは9.8秒
・最高出力は560kw(761psに相当)
・最大トルク1050Nm

だ。重さは2トンを超える。数字だけ見ると、テスラをかなり意識しているように感じられる。

これらの数字を裏付ける記録としては、8月にイタリア・ナルドの専用コースで実施されたテストでは、24時間で3425kmを走破している。平均速度は、最高で215km/h。

また同月、ドイツのニュルブルクリンク(北コース)にてタイムアタックを行った結果、4ドアEVスポーツカーとしては最速となる7分42秒のラップタイムを記録している。

なお充電に関しては、5分の充電(270kw)で100km走ることができるそうだ。

タイカンのデザイン

ではここで、ワールドプレミアでお披露目されたタイカンの姿をご紹介したい。(パソコンの画面をキャプチャで撮ったので、画質が粗くてすみません)

このデザイン、いかがだろうか?近未来的な印象を受けるが、個人的には私は「パナメーラに似ている気がするけど、パナメーラの方がカッコいいなぁ」と感じた(見慣れているせいもあるかな)。

ただこの画像だけでは十分では無いので、ポルシェニュースのサイトを見てみたところ、早速タイカン発表に関する記事と写真があがっていたので、その写真をご紹介したい。

ボディカラーがホワイト以外のタイカンは初めて見たが、こうして見ると、結構カッコいい。また、事前に目撃されていたプロトタイプでは「ミッションEはかっこよかったけど、だいぶデザイン変わったなぁ」と感じたりしたが、実際はミッションEにかなり近いデザインで発売された。

ちなみに内装は、以下のような感じになっている。

メーターも見やすくカッコいいが、センターコンソールのボタンなど、操作性はどうなんだろう。操作を覚えるまでが結構大変そうだなぁ。

タイカン、試乗してみたい

ポルシェ初のEVスポーツカー。ポルシェのことだから、きっと試乗すると、めちゃくちゃ感動するのだろうな。ワールドプレミアでも、

「EVスポーツカーというだけではなく、しっかりとポルシェである(魂がある)」

のようなことを言っていたので(英語をちゃんと聞き取れていない可能性ありw)、ぜひ試乗できるようになったら、その性能を味わってみたいなぁと思う。

ちなみに夫は、

なんかヘッドライトの横の切れ込みが、某国産車みたいやな〜w でも青のボディやと違和感無いから、濃色系の他の色ももう少し見てみたいなぁ。素のモデルが出たら、スペックとか価格とか見て、検討してみたい気はするけど。
あとやっぱり、重さが2.3t近くある。ポルシェやったらもう少し軽くできるかと思ったけど、今のバッテリー技術だと仕方ないんかな。
前に、テスラのモデルSを試乗した時は『速いしいい車やけど、あまり記憶に残らない乗り心地、ハンドリング』やったわ。だからタイカンを試乗してみて、ポルシェがどうシャシーに味付けしてるかとか興味がある。

などと言っていた。

価格等については、ワールドプレミアでは触れられていなかったが、また色々と情報が分かり次第、こちらのブログでもご紹介しようと思う。

*画像出典:World premiere of the Porsche Taycan: Sports car, sustainably redesigned

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 8 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. イシ

    昨日たまたまタイミングよく、ライブ配信を見ることができました。中継先の一つが中国で字幕にもそれが現れて、ポルシェが中国市場を重視してることを改めて感じました。途中音声トラブルがありましたが、それもライブ感がありよかったかなと、

    私もタイカンのヘッドライトはコペンのテールランプみたいだなあと、気になって見ていました。996や986の涙目と同じく短命のデザインになる予感がしています。

    5分充電で100kmの走行は魅力ですが、普通の家庭用200vではないですよね、おそらく。

    ヘッドライトやホイールの白など違和感感じるところもありましたが、実物見るとまた印象は変わるかもしれないので試乗車が日本に導入されるのを楽しみにしています。

    • MinaMina

      イシさん
      ライブ配信ご覧になったのですね!
      確かに、中国語が至るところにあって、中国市場に力をいれているのが伝わってきました。

      途中何回か、音が消えましたよね!しかも、肝心な場面で(笑)
      あのワールドプレミアを見ながら「いつかここに呼ばれるようになりたい」なんて思ったりしました。

      あのデザインや、実際に日本での充電インフラなど、
      日本の自動車メディアはどんな風に書くのかなぁと思ったり、そしてぜひ試乗してみたいですよね^^

  2. くるまにあ

    おはようございます。
    タイカンやっと出ましたね。

    これは、車高が低くないと(地を這う感じがないと)なんだか不細工なようなw
    どちらかというとワゴンタイプの方に期待しています。

    EVに関しては、僕はエンジンが好きですが、とはいえ期待しています。
     最近、ドライビングを楽しむ目的以外の移動に関しては、もうEVで自動運転でもいいとすら思い出しましたw

    • MinaMina

      くるまにあさん

      まさに、やっと出ましたね!

      >これは、車高が低くないと(地を這う感じがないと)なんだか不細工なようなw
      >どちらかというとワゴンタイプの方に期待しています。
      EVスポーツカーとはいえ、なんとなくラグジュアリーセダンみたいな雰囲気を醸し出していますね。

      >最近、ドライビングを楽しむ目的以外の移動に関しては、もうEVで自動運転でもいいとすら思い出しましたw
      なるほど…!完全なる使い分け(笑)それも素敵ですね!
      日常の通勤とかなら、絶対その方が楽ですもんね…(笑)

  3. SN

    Taycan出ましたね!全部は見てないですがかいつまんで発表会動画見ました。
    アメリカサイトではturboが15万ドル、turbo Sが18万5千ドルと発表されてます。日本だとおそらく2000万円弱くらいからでしょうか・・・
    フロントの目を入れ替えたらパナメーラにそっくりになりそうだとおもいました。そして目の切れ込みはレクサスLCとよく似ているな、と。「パナメーラの方がかっこいい」に賛成です。
    購入する予定はないですがとても気になります。ただ航続距離450kmは余程気をつけて踏まないように走らないと達成できないんじゃないかな。バッテリーは踏みつづけるとどんどんなくなっていきます。
    こちらではテスラのモデルS、Xに加えて最近はテスラmodel3をよく見ます。Teslaからの乗り換え需要も多いみたいですね。そのうち街中で見られるの楽しみにしたいと思います。

    • MinaMina

      SNさん
      タイカン、そうか…結構良いお値段するのですね(当たり前かw)
      私はプラグインハイブリッド車も乗ったことがないので、バッテリーがどの程度もつとか、走り方でどの程度変わるとか、
      全然イメージがつかないのですが、夏場、日本の猛暑の中でエアコンをつけても、問題なく距離走れるのかなぁとか、日本の充電インフラで果たして日常使いできるのかなーとか、
      色々気になります。

      はやく街中でタイカンの姿を見てみたいです。街中で見ると、近未来的でかなりカッコよく見えるのだろうなぁー。
      またアメリカで見かけられたら教えて下さい^^

  4. テツ

    ご無沙汰してます。
    とは言え、ブログは継続して、楽しく拝読させて頂いています。

    ポルシェセンターの方から伺ったのですが、
    充電の電圧が800vで、施設のほか、高圧電気取扱者の資格が必要とのことでした。
    かなりハードルも高いですね。
    一般施設では、マンションなどの集合住宅での整備からでしょうか。

    それから、最新の911タイプ992も
    フルモデルチェンジ後はEV車になるとの衝撃的な話も伺いました。
    992が最後のガソリン車⁉︎

    • MinaMina

      テツさん
      ご無沙汰しております!

      >ポルシェセンターの方から伺ったのですが、
      >充電の電圧が800vで、施設のほか、高圧電気取扱者の資格が必要とのことでした。

      おぉ…そうなのですね…それはハードルが高い…
      確かにそれを個人でとなると、かなり大変ですね…

      電気自動車を持つのは、普通の自動車を持つのとはわけが違うのですね。。

      >それから、最新の911タイプ992も
      >フルモデルチェンジ後はEV車になるとの衝撃的な話も伺いました。
      >992が最後のガソリン車⁉︎
      わーそうなんですか…!ヨーロッパは、かなり環境規制が厳しいですもんね…
      そうなると今あるNA6気筒とか、本当に貴重なクルマになっていくのでしょうね…。