スポーツカー好きの夫が、妻に購入を反対されてしまう理由

ポルシェ パナメーラエディション 970
車好きな夫を持つ妻の考察

車に全く興味が無かった

私は現在は、ポルシェパナメーラが大好きだ。そして2歳年上の私の兄は、昔から生粋のスバリストで、今でもレガシィのマニュアル車に乗っている。(今はレヴォーグが欲しいらしい)そんな環境で育ったので、私は昔から車が好きだったかというと、決してそうではなかった。むしろ、車には全く興味が無く、免許を取得して約10年間はペーパードライバーだった。

もっと言ってしまえば「車は維持費がかかるだけの無用の長物なので絶対要らない」と思っていた。もっともっと言うと、「高級車を買ったり、車にお金をかけている人は、頭がおかしい」と馬鹿にしていた(すみません)

そんな私が、車に興味を持つきっかけになったのは、夫だ。

車好きの夫との出会い

今から7年前の28歳の頃、夫と出会った。夫は無類の車好きだ。「興味のある車が1分間映っている映画だから」という理由で、わざわざその映画のDVDを購入したり、週末になれば撮りためたカーグラフィックTVを何時間も観ている。なんなら、同じVTRを何回も繰り返し見ている。

空冷エンジンがどうだの、やっぱりターボよりNAがいいだの、エンジン音は騒音じゃなく音色だの、本当に、純粋に、車が好きな人なのだ。

付き合ってまだ間もない頃、夫は古い紺色のBMW318iに乗っていた。「この顔がたまらなく好きだ」とか「もう家か…まだ走り足りない!これならどこまででも走れる!」とよく言っていたので、横で聞いていた私は「この人随分変な人だなぁ」と思っていた。

そんな夫に私は「車なんて動けばなんでもええ。っていうか要らん」などと言っていたので「いや違う!何も車のこと分かっとらん!」と頻繁に反撃を食らっていた。

週末の度に試乗レビューを

その後も週末になると、必ずと言っていいほどドライブに連れ出され(電車移動は一切したことがない)

「ドイツ車は高速での安定性が違うんや」
「ほら、山道でも全然遠心力感じひんやろ!キュッキュ曲がるやろ!」

といった、マニアックなレクチャーをよく受けていた。またときには日本車に乗り、

「日本車は、ドイツ車のようにアウトバーンを走ることを想定していないから、高速道路を走ったに時の安定感が低いんや。街乗りだけならいいかもしれんけど、高速に乗ることを考えると、一般的な日本車は結構危険なんやで。」

と言っていた。

私は週末のたびに「カーグラフィックTVの試乗レビュー」みたいなことに付き合わされていたので、もういっそのことyoutubeでこの様子を配信したらいいんちゃうん、と思ったりしていた。

そんな生活がしばらく続き、そして結婚し、さすがに私も夫に洗脳されて(w)車の違いが少しずつ分かるようになり…今では完全にパナメーラファンになってしまったというわけ。

スポーツカーが欲しい夫vs反対する妻

ネットを見ている時、また周囲から

「妻からスポーツカーは反対されたので、子どももゆったり乗れて荷物も詰めるワンボックスカーにした」「本当はツーシーターに乗りたいけど、今は無理。妻が許してくれないんで」

といった声を聞くことがある。でも、それは妻のせいではなく、夫に原因があることが多いように思う。つまりは、

妻を納得させられるだけの、情熱と、覚悟の弱さと、エビデンスと、プレゼン力が問題なのだ

と思う。

本気でスポーツカーが欲しかったら、何としてでも手に入れるはずだし、何度断られようが、対策をたてなおし、購入できるまで諦めないはずだ。

というわけで、夫が車に興味が無かった私を攻略し、ポルシェ購入にこぎつけた経緯について、改めて記事にしてみたので、興味のある方は、よろしければご覧ください。

→【参照記事】:夫が妻にポルシェ購入を反対される最大の理由とは?
→【参照記事】:夫が車に無関心な妻を攻略し、ポルシェを購入する為にした5つのこと。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。