「なぜ、一流になる男は軽自動車を買わないのか」の書評。

No car, No life
こんな本を読んだことがある。

なぜ、一流になる男は軽自動車を買わないのか ー里中李生ー」という本を以前読んだことがある。この本に関しては賛否両論色々あるようだが(というか著者に対して)、私自身も「なるほどなぁ」と思った部分もあれば、違和感を感じた部分もあった。アマゾンのページの内容紹介の欄には、このような記載がある。

安直な安物会思考が、危険を呼ぶ
大衆思考に振り回されるな

比較的簡単に手に入る軽自動車に価値があるのか。
誰にでも買えるものに価値などない。
等価の価値はあるのだが、それは「誰でも持っていて安心」という付和雷同した意識である。

一流の人は、そんな思考を持たない。
また、一流は、世間に対する羞恥心、常識を備える。
命を奪う、奪われる可能性が高いものには「安いから」といった理由だけでは飛びつかない。

あなたは一流になるために
「無知」から卒業しないといけない。
特に世の中のブームになっているモノに対しては、
大いに疑うべきだ。

「大衆志向に振り回されない。特に世の中のブームになっているモノに対しては、大いに疑うべきだ」という点においては、理解できる。私も行列には並ばないたちだし、何でもブームにのっかるのではなく、自分の軸でちゃんと選択するべきだと思っている。(1時間並んでまで食べる食べ物の価値より、1時間という時間の価値の方が私にとっては重い。ブームだから…じゃなくて、そのサービスや商品は、ちゃんと価格にみあった価値があるか費用対効果の方が大事)

ただ、違和感を感じた部分もある。

違和感を感じたのは大きく3箇所。

①誰にでも買えるものに価値など無い
確かに、マイナーなもののほうが高値だし価値が高いかもしれない。でも一方で、誰にでも変えて便利だから普及したものもある。スマホだってそう。(実は高いけど、月々にしたら安いか)スマホはみんな持っているが、あの一台で電話もでき、ネットもでき、仕事もでき、メールもでき、全世界とつながることができる。

すごく価値のあるものだ。便利だから世の中に普及しているものもたくさんある。一概に価値が無いとは言えない。

②とにかく、見栄を張ってでも高い車を買え
うーん、たしかにそうかもしれない。見栄を張って高級車を買い、それに見合う自分になれるよう仕事を頑張る、そして成長するというのはあると思う。でも逆に、本当に欲しい車であれば、手にするのは軽自動車でも良いと思う。S660なんかは普通にかっこいいし、周りがどう言おうが「この軽自動車はめっちゃいい車なんだ!」と信念を持っている男性はかっこいい。
見えを張って高級車に乗れっていうよりは、『本当は憧れの高級車に乗りたいという思いがあるのに、諦めてしまうのは良くない。男なら、夢をでっかく持ち、頑張って手に入れろ!たとえそ周囲からは「そんな高い車君には買えない」と言われても、諦めずに実現させるんだ!』的な感じなら共感できるが、「見栄を張ってでも高い車を買え」とは、クルマ好きの発言ではないし、逆に車が可哀想。きっとこの著者は、車のことをそんなに好きじゃないし知らないんだろう。

③高級車じゃないと、女性をナンパできない
…いや、いつの時代やねんっていう。確かに、高級車に乗っていると、「すごい!」と思う人は多い。今はメルセデス・ベンツやBMWも、ラインナップが増えて、新車でも200万円台から買えたり、手が届きやすいものも増えたとはいえ、「高級車」というイメージはいまだにあると思う。

でも、女性をばかにしないでほしい。

高級車だからってほいほいついていくほど、私たちもバカじゃない。(そんな人もいるかもしれんが)今は共働き世帯も増え、女性でも稼ぐ人が増えてきた。自分が欲しいものは自分で買うという、自立した女性も多い。

そんな女性たちは、「男性の価値は持ち物だけで判断できない」ことを知っている。

高級なものを持っているのは、それを手にできるくらい、仕事ができて稼げるということだ。つまりは、人間性があり、人から慕われ、仲間を大事にし、自分の価値を高めるべく努力し、常に柔軟に変化し、素直で勉強熱心だということだ。だからどんどん仕事が舞い込み、結果的に稼げている。

高級車はその結果にしか過ぎず、大事なことはその前提にあると分かってる。

「俺って高級車乗ってんじゃん、すごいじゃん。」という見栄っ張りな男性に対して、「わーすごいですねー!(人´∀`).☆.。.:*・゚」とは言うが内心は「こいつ、とんでもない成金野郎だな。」と思ってることもある。

キャッチーだっただけに残念。

「なぜ、一流になる男は軽自動車を買わないのか」というタイトルは面白いし、キャッチーだから、どうせなら、もっと車に愛情を持っていて、色んな車を知った上で客観的に判断できて、その上で憧れる車にのることで世界が広がる的ことを書ける人が、書いてほしかったな。

まぁでもそれだと、出版社の意図ではないだろうから、売れる本を出すために著者は書きたい内容が書けないこともあると思うが。なんにせよ、世の中にあるものを参考にはしつつも、自分の判断軸をしっかり持つことが大事だと思う今日このごろである。

 

このブログに共感したら
いいね ! してね

よく読まれている記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »