新型911スピードスターにGT3エンジン搭載か?今夏にも発表予定。

ポルシェニュース
911スピードスターにGT3のエンジン?

昨日夫が、

「今度の911スピードスター、GT3のエンジンのるかもしれんって!まだわからんけど。

と興奮気味に話していた。(参考記事:ポルシェ911スピードスター 991.2型、GT3の4.0ℓ自然吸気を搭載か)
記事を読むと「今年の夏には発表される見通し」と書かれている。

911スピードスターとは?

それはそうと、私はポルシェについて知らないことだらけで「911スピードスターって何?」という話で。

スピードスターは、ポルシェ伝統の限定モデルで、通常の911よりも低いフロントウインドウや、手動で開閉するソフトトップ、そして「ダブルバブル」デザイン(ボクスタースパイダーみたいな)などが特徴。いつも、現行型最後のタイミングで発売される。

と。ちなみに、初代は1950年の「356スピードスター」で生産台数は4722台。
中古車市場を見ても、今あるのはほぼ「レプリカ」で、本物はめったに手に入らないそう。
出典:ポルシェ公式サイト「ポルシェ 356スピードスター(1956年モデル)のレストア」

1989年の「930スピードスター」は、2065台生産された。

出典:PLanex CARS「ポルシェ 930 スピードスター ターボルック(1989年)

1993年には「964スピードスター」が発売され、生産台数は約970台。

出典:カーセンサー「964 スピードスター」
2代目のモデルと結構似てる気がするけど、でも見る人が見れば全く違うんだろうなー。

そして2010年の「997スピードスター」。これが現在超高額プレミア価格で取引されている。限定356台。生産台数えらい減らしたんやなぁー最初に作られたポルシェ「356」にかけたのか。

出典:車知楽

そして、今年発売予定の新型スピードスターは8年振りの復活ということで、ポルシェファンの間で話題になっている。そして新型の生産台数はというと「初代誕生が1948年」にかけて1948台という噂。これがスパイショット。

出典:carview「ポルシェ911スピードスター 991.2型、GT3の4.0ℓ自然吸気を搭載か」

NAなら買いか?

夫は記事を見ながら「いやーこれはすごいなー今度買うならスパイダーやめてこっちかな」と言っていたので「GT3のエンジンを積むのがそんなにええの?」と聞くと、

そらNAやからな。ほんでボクスタースパイダーよりも絶対価値あるしな。まぁもとがめっちゃ高いけどな。

と。2000万円超えは必至で、購入後はプレミアで1億円くらいに値が上がるのではとのこと((;゚Д゚))))。
「911スピードスターにもマニュアルはあるん?」と聞くと、

そこなんやなー。本国では絶対マニュアル仕様も出るけど、日本には入ってこないかもしれん。マニュアルがなくて、GT3のエンジンじゃなければ要らんわ。

と。まぁ夫は「NA+マニュアル+(オープン)」命だからなぁ。

転売目的バイヤーへのポルシェの対策。

ただ、生産台数が少ないので、転売目的の人に購入されてしまってはたまったもんじゃないわけで。ポルシェはここ最近、投機家や転売屋への対策に目を光らせている。特定のモデルに関しては、製造する前から1台ずつ購入する顧客の名前を付け、悪評のあるバイヤーは、順番待ちリストにすら載せてもらえない
実際ディーラーの営業担当の方も、本当に大事に乗ってくれるオーナーさんに枠があたるようにした上で抽選にしていると言っていた。
そらそうだ。その車を純粋に求める人にちゃんと届いて、大事に乗ってもらえてこそ、車も本望ってもんだ。

とはいえ…911スピードスターとか、ボクスタースパイダーとか、911GT3とか…常に色々な新型発売の情報が出てくるので、正直言って何をどのタイミングで買うべきなのかよくわからなくなってきた(笑)

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。