ロサンゼルスのポルシェエクスペリエンスセンターへ行ってきた(後編)

GT2RS
ポルシェと旅行

今日はPECLA記事後編を

昨日、ロサンゼルスのポルシェエクスペリエンスセンター(PECLA)内の様々な施設について記事で紹介したが、

→【参照記事】ロサンゼルスのポルシェエクスペリエンスセンターへ行ってきた(前編)

今日は後編を。PECLAの駐車場には多くの様々なポルシェが停まっているので、それを見ているだけでも楽しい。911、ボクスター、ケイマン、マカン、カイエン(パナメーラはいなかった)含め、おそらく150台くらいは停まっていたんじゃないかなぁ。日本ではあまり見かけないボディカラーのポルシェもたくさんあって綺麗だった。

さて、というわけでは本日の後編の記事は、PECLAのエントランスに展示されていた、クラシックな名車から新型まで10台のポルシェを、1台ずつ紹介いていきたいと思う。

新型、レースカー

展示スペースにはこのようにポルシェが並んでいる。これは後ろから撮った写真だが、ポルシェが3列になって綺麗に展示されていて、それぞれの車の横に車種の説明がされている。

①Porsche 918 Spyder

まず「これはめっちゃかっこいい!」と思ったのが、918spyder。ポルシェの電気自動車「タイカン」が発表される前の「ミッションE」のフォルムに似てる。実際こんなフォルムの車が市販されているのだなぁ。2015年に全世界で918台のみ限定生産され、すぐに完売したらしい。

②GT2RS(ヴァイザッハパッケージ)

そして中央の一番後ろに展示されていたのがこれ。GT2RSのヴァイザッハパッケージ。すごいなぁ…オプションで300万円以上するというヴァイザッハパッケージだ。近づいて見ると、随所にカーボンが使われていることがよくわかった。そら高くなるわけだ。

③Porsche 919 Hybrid sports

レースカーの919ハイブリッド。私は白い車体の「919ハイブリッド・エボ」や「919ハイブリッド・トリビュート」しか見たことがなかったので「919といえばボディカラーが白」で見慣れていたけれど、赤もすごくかっこいい。それにしても「DMG MORI」のこの大きなロゴ…すごい額の広告料払ってるんだろうなぁー(笑)

→【次ページ】 Porsche356、911T等クラシックな名車も多数

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。