家族4人でアメリカへサンフランシスコへ−日本とは違う現地の「車」事情について

新型パナメーラ
ポルシェと旅行

家族でサンフランシスコへ

7月28日から8月3日まで、アメリカのサンフランシスコ(+ロサンゼルス)に旅行に来ている。夫がサンフランシスコで仕事があったので、それが終わると同時に、私と娘2人が合流するスケジュールにしていた。アメリカに行くなんて学生以来なので、かれこれ14〜15年ぶりだ…時が経つのは早い。

事前に両親から「一人で4歳と1歳の子どもを連れてアメリカなんて、本当に行けるの!?」とかなり心配され、結局空港の見送りまで両親がついてきれくれた。最初は「そんな大げさな…大丈夫やろう」と言っていたのだが、いやはやついてきてもらって本当に良かった…

アメリカへの入国に関しては、ここ最近セキュリティがかなり厳しくなっているらしく、ESTAを事前に取得する必要があるし、飛行機のチェックイン時に、ホテル名や住所等すべて入力する必要があるなど(私はエクスペディアで航空券をとったので)、色々と面倒くさいことが多かった。そんな時、うろちょろする子どもたちを両親にみてもらうことができていて良かった…

無事チェックインも終わり、荷物も預け、出国ゲートを通過し、久々に国際線の搭乗口に来てみたら、子どもたちが遊べるスペースがあった!(しかも誰も遊んでなかった)以前はこんなの無かったよな〜いつからあったんだろう。

無事にサンフランシスコに到着!

フライトスケジュールが予定より少し遅れたが、暴風雨の影響も無く無事に離陸し、飛行機に乗って10時間と少し、無事にサンフランシスコに到着。4歳児と1歳児ずれのフライトはかなりハードではあったが(やはりほぼ寝れなかったw)、着くとソフトバンクのアメリカ放題のおかげで(特に事前に申込とかしてないけど)スマホも無事に繋がり、問題なく夫と合流ができた。今回のレンタカーは、GLSかと思っていたらそうではなくて、トヨタ「4runner」。(GLS はロサンゼルスで借りるレンタカーだそう)本名だと、トヨタハイラックスサーフだ。初めて乗ったけど、思っていたより乗り心地は良く、広くて、快適だった。

ホテルに着き、昨日は半日ゆっくりして、本格的な観光は今日から。この旅の間に、アメリカで出会ったポルシェを写真に全て撮るつもりで(何しに行ってんねんw)、また可能であればロサンゼルスのポルシェエクスペリエンスセンターにも行きたいと思っているので、その様子はまた後日ブログで紹介したいと思う。

実は今回の旅は、夫の仕事仲間で、以前サンフランシスコに住んでおられたNさんに案内してもらうことになっており、昨日車でホテルに向かう途中、サンフランシスコの車事情について色々教えてもらうことができた。「えー知らなかったそんなの!」ということもたくさんあり、普通に勉強になったし、あと実際に走っている車を見て気づいたこともあった。例えば…

サンフランシスコの車事情

①高速道路に有料道路や人数制限道路がある

高速道路の中には、一番左端のレーンがエクスプレス・レーンという有料道路になっているところがある。ここは専用の登録機器を備え付けた車しか走ることができず、知らずに走ってしまい、警察に見つかると罰金を払うことになる。また有料レーン以外に、人数制限道路(カープール・レーン:Carpool Lane)というものもある。ここも一番左のレーンにあり、二人以上や三人以上という指示以上の人数が車に乗っていないと走行できない。そうではなく普通に走行していると、同じく罰金対象となる。

②高速道路でとろとろ運転の人がほぼいない

高速道路では、みんな普通に120〜130km/hほどで走っていた。わが家の車は、60マイル(ほぼ100km/h)で走っていたが、それだと後続車にびゅんびゅん抜かれた。以前ドイツのアウトバーンを走った時は、もっと遅い車と速い車の差がはっきりしていた(速い車が後ろから来たらみんなのく)けど、アメリカはみんなはやい。みんなそんなに急いでいるのかなぁ(笑)
ただ車線が4車線ほどあり、車線の幅も広いので、日本の高速道路よりスピードを出しやすく運転しやすいのかもしれない。あとアウトバーンの方が道が悪かった気がする。(でも直線はアウトバーンの方が多かったかな)

③車が綺麗

私のイメージで、アメリカの車というと、ドロドロでめちゃくちゃ汚い想像しかなかったので(海外ドラマのイメージw)、実際に走っている車を見てとても綺麗なので驚いた。Nさんいわく、以前のサンフランシスコでは土埃でドロドロな車も多かったが、最近はローンで車を買い換えることが多く(アメリカはローン社会だとのこと、それも社会問題になっているそうだけど)、綺麗な車に乗る家庭が増えたと言っていた。

④ホンダシビックが多い

私は、一目見て「あ、シビック!」とわかるくらいシビックを知らないのだが、夫が「あ、またシビック!」「あ、ここにもシビック!」「シビック見すぎてシビック欲しなってきた!笑」とシビックを連発していたので、シビックがすごく多いのだな−ということがわかった。日本では2010年〜2016年までは「シビックタイプR」という限定車しか発売されていなかったそうで、そこまで見かけることはないように思う。(でもシビック好きな人はたくさん居る気がする)あと北米市場で作られている日本車の台数は結構多いそうで、普通に日本車がよく走っていた。

⑤ヒュンダイ・BMWが多い

あとよく目についたのが、BMW。メルセデス・ベンツも多かったけどBMWはSUVからセダンまでたくさん走っていた。アウディも多かったかな−。あと日本ではほぼ見かけないヒュンダイがめっちゃ走ってる。エンブレムが「H」なので最初はホンダかと思っていたが、よく見ると違って、「あ、あれ全部ヒュンダイなんやー!」とびっくりした。

とはいえ、サンフランシスコの中心部にはまだいっていないので、走る場所が違えばまた色々と違うのかもしれない。ちなみに、これまででみかけたポルシェは、4台のみ(ボクスター、パナメーラ、新型パナメーラ、マカン)いっぱい写真が撮りたいので一眼レフを持ってきたが、いまのところアイフォンでとっさに撮ったものしか無く…

というわけで、今日から本格的に観光に行ってまいります!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。