ポルシェ 911 GT3で、芦有ドライブウェイへ! – マクラーレン600LT、ロールスロイスドーン、GT3…

GT3

日曜朝の芦有ドライブウェイへ

6月のとある週末に義母が泊まりに来ることになったので、日曜日の午前中に子どもたちを見てもらって、夫婦2人で久々に芦有ドライブウェイに行くことにした。前回行った時は、8時15分に到着しても既にクルマを停めるところが無いほどいっぱいだったので、今回は8時目標で向かうことに。

乗っていくクルマは、もちろんGT3ツーリングだ。

ちなみに、この時初めてGT3を見た義母が、ナンバープレートを見て「9月11日って誰の誕生日なん?誰もおらへんで」と真剣に言っていたので笑ってしまった。私も数年前だったらそう思っただろうなぁ…(笑)

夫は日頃からGT3に乗っているが、私がGT3に乗るのは5月末の納車日以来だ。久しぶりに助手席に乗ってみて「あれ、GT3の乗り心地ってこんなにゴツゴツしてたっけ?」と感じてしまった。普段の、BMW320iやパナメーラの滑らかな乗り味が体に染み付いているからだろうか。

私がもし普段から空冷に乗っていたとしたら、このGT3の乗り心地がとてもなめらかに感じるのだろうなぁ。

この日も道は空いており、順調に芦有の東六甲展望台に到着。ついてみると、この日はまだ駐車場にかなりの空きがあった。同じ日曜の朝と言っても、やはり週によって違うんだなぁ。

実は前日にTwitterで「明日芦有へ行きます!」とつぶやいたところ、4〜5人の方から「私も行きます!」と連絡を頂いた。ただ全員初対面なので顔が分からないかなぁと思い、若干恥ずかしさを抱えつつも「ポルシェがわが家にやってきたTシャツ」を来てのぞんだ。

GT3を停め、外に出て他のクルマを見ようとしたところ、「もしかして、Minaさんですか?」と早速声をかけられた。聞けばいつもブログを読んで下さっていて、先日コメントも入れて頂いた方だった。また、ブログ開設時までさかのぼり、全ての記事を読んでくださっているそうで「やっと去年の8月まで来ました(笑)」と。

有難や…。本当に有難うございます。

その方に、この日のお車を何気なくお聞きしたところ、なななんと、マクラーレンとのことッ(゚д゚)!しかも、この日一緒に芦有に来られていた弟さんもマクラーレンだというから驚き。いやはや、世の中にはとんでもないご兄弟がおられるものである…。

ちなみに、お兄さんが720S、弟さんが600LTだったのだが、なんと2台とも試乗させて頂くことができたので(しかも夫と2人で乗って)、別途記事でご紹介したいと思う。

 

私も、720Sを運転させて頂いたのだが、興奮して涙が出て、つけまつげが取れてしまった。ちなみに夫はも興奮しすぎて「マクラーレン、買う!!!(今じゃないけど)」と言っていた(笑)

そうこうしているうちに、続々とクルマが展望台に到着し始めた。中には、ブログ読者の方や、twitterのフォロワーさん、今度ポルシェオーナーズファイルに登場して下さるケイマンGT4のオーナーの方、以前ポルシェオーナーズファイルに寄稿して下さったボクスターエディションのオーナーの方、ブログがきっかけで964を購入された方、また大阪から親子で来られたTwitterのフォロワーさんのお姿も。(なんとお父様がパナメーラ、ご自身はアバルトで。なんと素敵な!)

初めて芦有の展望台に来られた方もおられたが、こんなにたくさんのスーパーカーやスポーツカーが集まっていることに驚いておられた。その後は、ケイマンで来られていた学生さん?と、アバルトのオーナーさんと夫も交えてお話したりして、とても楽しい時間を過ごすことが出来た。

そしてなんと、アバルト(MT)もこの日試乗させて頂いたので、こちらも後日ブログでご紹介したい。

ロールスロイス ドーン

そしてこの日、ひときわ異彩を放っていたのが、こちらのロールスロイス ドーンだ。芦有によく来られる重鎮の方のクルマで、所有されている数あるクルマの中の1台だそう。

オーナーさん自らが細部までオーダーされた、こだわりの1台だ。クルマが醸し出すオーラや質感、そしてオーナーさんが放つ只者ではない雰囲気…全てがすごすぎて圧倒され、終始口があんぐり空いたままだった。

ちなみに、このタイヤのホイールセンターキャップのエンブレムは、タイヤが回転しても一緒に回転せず、常に正立の状態になるように設計されているそうだ。すごい…。

また、オーナーの方がエンジンをかけてくださったのだが、そのエンジン音を聞いて一同びっくり。なんだか羽毛布団みたいな、天使がふわっと舞い降りたような、何の不純物も混ざっていない穏やかで美しいエンジン音だったのだ。(形容しづらい…w)

さすがはイギリス車、まさに、洗練された英国紳士のようだ。

最初はみんな、興味深くも、少し遠巻きに眺めていたのだが、

「ロールスロイスのエンブレムは、盗難防止のために、手で触って取ろうとするとさっと引っ込む仕組みになっている」というオーナーさんの一言から、「本当にそうなのか試してみよう」ということで、気づけばみんな大はしゃぎ。ただ何回も遊びすぎて、一時エンブレムが出てこなくなり「やばい、壊れたか!?」という空気が流れたが、しばらくするとちゃんとなおっていた。

良かった…

皆さん、お仕事では立場のある方々ばかりだと思うけれど、まるで少年のようなはしゃぎっぷりで微笑ましかった(笑)

芦有は楽しい!

今までは、芦有に行くのが何となく怖くて「私みたいな中途半端なクルマ好きが行ってもいいんだろうか…」と遠慮していたけれど、今回は今までで一番楽しく、たくさん笑った。

皆さん気さくで良い方々ばかりで、クルマを通じて、年齢、立場問わず仲良くなれるのが素晴らしいと感じた。またお話していても「そうそう、分かる分かる!」と共感できる部分がたくさんあり、かつ勉強になることも多々あった。

これからは、子どもを義母に預け、月に1度は芦有の日曜朝の集いに顔を出してみようと思う。twitterで事前にお知らせしますので、来られる皆さん、ぜひお声がけ頂けたら嬉しいです。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。