配線不要、ワンタッチで設置簡単、おすすめGPSレーダー探知機−セルスター ソケットタイプGPSレシーバー

車関連のオススメグッズ

レーダー探知機について

車に「レーダー探知機」をつけておられる方は多いと思う。わが家も3年ほど前までは「ダッシュボードの上につける液晶タイプ」のものをつけていたのだが(↓↓実際のレーダー探知機はこれではないけど、こんな風なものを、運転席の右前につけていた)


*画像:【パーツレビュー】レーダー探知機 コムテック ZERO602V

ある時夫が「なんかもっと良いレーダー探知機無いかなぁ…」と言い出した。「なんで?今のやとあかんの?」と聞くと「うん、全然あかん(-_-)」ということで、理由を聞いてみるとこんな感じだった。

①ダッシュボード上につけるものだと、ダッシュボード上がスッキリせず見栄えが悪い
②画面にいろいろ表示されたところで、運転中に画面は見ない
③レーダーだと、気づいた時にはもう遅い。これからはGPSのほうが絶対いい
④配線が面倒
⑤自宅近くでは外しておいて、長距離移動の時にだけつけたい

なるほど、確かになぁ…。「運転中に液晶画面にいろいろ表示してもらったところで、特に高速道路だと目線をちらっとでもうつすと危ないし、結局画面を見る余裕はないなぁ」とは、私も確かに思っていた。

セルスター社のGPSレーダー探知機

というわけで、夫がいろいろ探して見つけてきたのがこれ。セルスター(CELLSTAR)社のセルスターソケットタイプGPSレシーバー。Amazonなどで4000円ちょっとで買える。

手軽に使えるソケットタイプのGPSレシーバーで、速度取締機や取締りポイントを「音声」と「光」で教えてくれるというもの。

・設置はワンタッチでシガーライターソケットに挿すだけ。
・配線不要でコンパクト
・家族間やレンタカー等、他の車への載せ替えも自由
・精度の高いGPSデータ16,000件以上収録、随時無料でデータ更新可能

夫が嫌だと言っていた「ダッシュボード上につけるものだと、ダッシュボード上がスッキリせず見栄えが悪い」「画面にいろいろ表示されたところで、運転中に画面は見ない」「レーダーだと、気づいた時にはもう遅い。これからはGPSのほうが絶対いい」「配線が面倒」「自宅近くでは外しておいて、長距離移動の時にだけつけたい」という点を、こうも見事にクリアした商品があるとは…w

このGPSレーダー探知機は、1km先から500mごとに、アナウンスとLEDで知らせてくれる。ちなみにLEDの色ごとに、

【赤】…速度取締機、信号無視監視機
【黄】…取締りポイント、Nシステム、過積載監視機、待ち伏せエリア、制限速度切替わりポイント
【緑】…警察署、交通警察対、交通検問所

で教えてくれるが、色はあんまり見ないかな。(運転中に視線を落とすことになるので見れないw)

実際に車内につけてみると?

実際に、パナメーラのセンターコンソールのシガーソケットにつけてみると、こんな感じになる。

わが家は、前後席センターコンソールに灰皿とシガーライターが設置される「スモーカーパッケージ(1万円)というオプションをつけているので、ここにシガーライターソケットがあるのだが、

ここに設置できると、ダッシュボードもスッキリしたままで、運転中も邪魔にならず、視界を遮られることもない。実際に使ってみると「取締りポイントです」「待ち伏せエリアに注意してください」といった形で、的確にアナウンスしてくれるて分かりやすい。

先日、夫がボクスターでツーリングに行ったとき「取締りポイントだ」というアナウンスがあったので注意して走行していたところ、案の定後ろから覆面パトカーが来たらしい(夫が全く飛ばす気配がないので覆面は引き返していったそう)

「GPSのデータをもとにアナウンスしてくれるから、こちらも注意して走行するからレーダーよりもええと思うわ。あと、自宅近くでは外しておけるから、いちいちうるさくないし、便利や」と夫は言っていた。

安くて十分な性能なので、わが家ではパナメーラにも、ボクスターにも、ゴルフにも、このGPSレシーバーをつけている。これは本当にオススメ。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。