ポルシェパナメーラのPDK ー パドルシフトで運転してみたら?

レンジローバーイヴォークの内装
レビュー・試乗記

パドル操作で走行

昨日は、知人宅にお呼ばれだったので、パナメーラに乗って家族4人で向かった。せっかくなので、夫にはPDKをパドルシフトで運転してもらって、私はその様子を観察することにした。(高速道路では常に8速になるのでATで運転したが)

先日、私がパナメーラをパドルシフトで運転してみて感じたことは、シフトチェンジ後の反応に時間差があるということだった。「あれ、今2速にしたはずなのになってない(-_-)」と思って、もう一度パドルをひくとタタッと3速になってしまい、あわててシフトダウンすることもあったり…(単に運転下手なんやろな)

夫いわく、ノーマルモードだと、変速ショックをやわらげてなめらかにすすむことが優先されるので、シフトチェンジにタイムラグが生まれてしまうそう。それをスポーツモードやスポーツプラスモードにすると反応が良くなる。

新型パナメーラのレバー

パナメーラは、パドルシフトだけでなく、センターコンソールのレバーでもMT操作ができるようになっている。今までのPDK仕様の車は「レバーを前に押すとギアが上がる」という設定が多かったそうだ。(一般的には「前に押す=ギアをあげる」という感覚があるからではないかという推測。)

一方、レーシングカーやGT3は、レバーをひくとギアがあがる設定になっている。レーシングカーはかなりのスピードを出して運転するので、ドライバーには相当なGがかかる。その場合はレバーをひいてギアをあげるほうが運転がしやすい。今回のパナメーラは、レーシングカーと同じ「レバーをひくとギアがあがる」やり方になったので、「こんな車でレーシングカーと同じ操作ができるのは良い」と夫が言っていた。

MT車の方が楽しそう?

ただ、いくらスポーツモードの方がシフトチェンジのタイムラグが無いとはいえ、街乗り時にあえてスポーツモードで運転する必要はないし…だから自分のタイミングでギアを操作して楽しく運転したいなら、やはりPDKではなくMTを選ぶべきなんだろうな。夫も

「MTやと思い通りに運転できる。ノーマルモードのときでもスポーティな変速ショックを味わえるし、街中渋滞でも思うままにシフトチェンジができる。パナメーラのATシステムは賢いから、やっぱりちょっとタイムラグ出るよなー」

と言っていた。

レンジローバー・イヴォーク試乗!

その後、お家に呼んで頂いたご夫妻の自宅には、レンジローバー・イヴォークがあって…

ご厚意で少し運転させて頂いた。

ガラスルーフも思った以上に大きくてとても気持ちが良い。

スポーティで、SUVなので目線も高く、とても運転しやすい車だった。Sさんご夫妻、有難うございました!

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。