車好きの夫も、妻も子どもも、全員がHAPPYになれるGWの過ごし方

車好きな夫を持つ妻の考察

GWのわが家の過ごし方

4月末からはじまったGW。わが家はというと、長女の幼稚園が暦通りのため、5月1日、2日以外がお休みだ。今回の連休は、比較的お天気も良いのでお出かけ日和ではある。

…が、毎年のGWや連休中、わが家は滅多に家族で出かけない。

なぜなら、どこに行っても混んでいるから(-_-)

車が多く下道も高速道路も渋滞でとろとろ運転、レジャー施設はどこに行っても長蛇の列、おまけに宿泊施設はシーズン価格でめちゃ高い。

“混む・並ぶ・高い”の三拍子揃っている連休に家族で外出するメリットなんてありゃしない」ということで、旅行やお出かけにはほぼ行かない。行くとしても、時期を少しずらして行くようにしている。

ロマンチックのかけらもないカップル

私たち夫婦は結婚する前からこんな感じで、夫も私もお互いに人混みが嫌いなので、花火大会やお祭りには一切行ったことがない。なんなら、いつが花火大会だとか、そういうのも全然知らない。人気のレストランやラーメン屋も、並ぶのが嫌いなので行ったことが無い。

最初のデートのランチは「かっぱ寿司」に行ったほどだし(夫から「お昼はどこに食べに行きたい?」と聞かれて、私が「安くて空いてるからかっぱ寿司がいい」と答えたので「こんな女性が世の中にいるのか!」と夫は驚いたらしい)その後もご飯と言えばすき家やマクドが多く、渋滞を避けてことごとく世間と逆行動をとるので、なんともロマンチックのかけらもないカップルではあった。

夫婦別行動

そんなわが家のGWや連休の過ごし方は決まって、

夫:3泊4日くらいでツーリング
私、娘たち:私の実家家帰省

だ。こういった過ごし方をすることで、

:自分の好きに、自分のペースで、子どものトイレや機嫌は関係なく、独身時代のようにツーリングを楽しめる。
:家事や育児は両親にまかせて、家でぐーたらゴロゴロできる(こんな娘でごめんなさいw)
子どもたち:じいちゃんばあちゃんにいっぱい遊んでもらって、家ではだめって言われるのに大量のお菓子が食べられて、いっぱいお出かけできて楽しい。
祖父母:孫たちが泊まりに来てくれて、もう嬉しくて嬉しくて仕方ない

ということで、そう、みんなにとってHAPPYで、この別々の過ごし方が今のところわが家の最善策というわけだ。

家族それぞれの形があっていい

とはいえ、「夫はツーリングに行きたいけど、妻は家族で出かけたい」というご家庭の場合は、お互いのやりたいことにギャップが生じるので難しいかもしれないのかなぁ…。必ず両家に里帰りしないといけない家の場合も、そうはいかないか。あと子どもがもう少し大きくなってきたら、連休であろうと出かけないといけないかもしれない。

だから、今のわが家の状況だからこそできる過ごし方ではある。

たまに「連休中に自分の実家に子どもを連れて帰ってしまうなんて、ご主人怒らない?」とか、逆に「旦那さんが妻や子どもたちを置いて一人でツーリングを楽しんで来るなんて、そんなの許せるの?」と言われるが、私も夫も全くそんな感覚はない。

世間一般的な連休の過ごし方をせずとも、その家族や関係者が納得していれば、どんな形であってもいいと思う。

というわけで、夫は昨日から6日までSLじいさんに乗って山口、島根、鳥取、広島、岡山の広域農道を巡る旅に出かけたので、私と子どもたちは実家へ帰省。

いやはや実家は天国であるぅぅ〜( ´ー`)。

このブログが気に入ったらフォローしてね!

コメントを閉じる
  1. この記事へのコメントはありません。